UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

オートモーティブ

次世代オートモーティブ アプリケーション向けの総合ソリューション

ザイリンクスのオートモーティブ ソリューションは、非常に高いレベルの信頼性と柔軟性を兼ね備えているため、現在、車載システムの設計者が直面している最も厳しい技術およびビジネスの課題をクリアすることができます。業界をリードする All Programmable テクノロジの製品ラインおよびそれらをサポートする強力なエコシステムを持つザイリンクスは、次世代運転支援システム、ドライバー情報、およびインフォテインメント アプリケーション向けの総合的なソリューションを提供します。

  • 優れたプログラマブル システムの統合で、システム性能向上、BOM コスト削減、および総消費電力削減
  •  柔軟性と拡張性に優れた開発プラットフォームで、リスク軽減およびデザインの生産性向上
  • ソフトウェア、IP、デザイン ツール、デザイン サービスを提供する包括的なエコシステムで、デザインの生産性向上
  • 厳しい要件に対応できる完全検証済みのオートモーティブ グレード デバイス

シリコン デバイス ファミリ

ザイリンクスでは、オートモーティブ グレード デバイスに対して、現在の AEC-Q100 オートモーティブ要件より厳しい審査プロセスを使用してテストを実施しています。さらに、サードパーティの設計ツール認定プロセスも実施し、機能安全規格「ISO-26262」に準拠していることを確認しております。今後もザイリンクスは、オートモーティブ市場に最高品質かつ最高性能の All Programmable デバイスおよびツールを提供するために、あらゆるプロセスの強化に努めていきます。

All Programmable および Smarter Vision Solution の詳細は、次のリンク先を参照してください。

Smarter Vision: 高性能運転支援システム向けのインテリジェンス

今日のオートモーティブ市場では、政府が規定する安全規格による、最新で最もインテリジェントな安全システム (北米のバックアップ カメラや Euro NCAP による AEB (Automated Electronic Braking) システム) が求められています。  車両ベースのカメラ システムは、先進運転支援システム (ADAS) 技術を使用する OEM メーカーにとって、差別化を図る上での主な要因となってきました。ADAS の主要プロセッシング プラットフォームであるザイリンクス All Programmable デバイスおよびソリューションでは、次を実現できます。

  • リアルタイム解析 : オブジェクトの検出、認識、分類、および追跡などを行うリアルタイム画像解析機能で、車線逸脱警告や歩行者検出などのアプリケーションが可能になります。
  • ビデオ プロセッシングおよびディスプレイ : 2D/2.5D/3D グラフィックス機能およびオーバーレイに伴うビデオ フレーム キャプチャ、デワープ、スティッチ処理機能で、ドライバーや乗客に表示される画面表示をカスタマイズできます。
  • インテリジェント トランスポート: Ethernet AVB や CAN など、さまざまな通信規格に対応するプログラマブル I/O ブロックおよびソリューションが、 車両におけるビデオやデータの通信を柔軟かつ効率的に行う手段を提供します。
  • 差別化された製品を逸早く市場へ : ザイリンクスの最新シリコン、プログラム可能な SmartCORE™ IP、包括的ツール、優れたエコシステムを利用することで、差別化製品を逸早く市場へ投入できます。ASIC ソリューションで問題視される高 NRE や ASSP ソリューションの追随的な設計から解放され、急速に変化していく ADAS 市場のニーズに柔軟に対応できます。

また、ザイリンクスのオートモーティブ ソリューションは、シングル デバイスに搭載された複数カメラから送られる画像をリアルタイム処理するために、最新の規格、インターフェイスおよび IP をすぐに導入して、デザインに組み込むことができます。  パーシャル リコンフィギュレーションでは、デジタル ロジック シリコンのフットプリントを最小限にするために、システム/車両の状態に基づいてデバイス IP を動的に置き換えることが可能なため、最小デバイス サイズにカスタム処理機能を提供し、さまざまな ADAS 機能を実現します。ザイリンクス ソリューションを使用した高度な合成により、装置メーカーは、サイズ、消費電力、システム コストを抑えることができると同時に、逸早く新製品を市場へ投入できます。

ザイリンクスの All Programmable は、最先端のオートモーティブ電子機器を開発するメーカーへ柔軟でスケーラブルなプラットフォームを提供します。このソリューションを利用して、OEM オートメーカーは、さまざまな ADAS 機能を実現し、自社の車を競合他社から差別化できます。

ADAS システムの機能構造は今後もさらに複雑化し、次のような機能が求められています。

  • 可視システム - 画像エンハンスメントや歪み補正などの映像処理機能やドライバーへ表示するグラフィカルな情報のオーバーレイが求められる
  • 非可視システム - 画像処理解析 (車線区分線、標識、歩行者、およびその他の車両を認識するために、ビデオ画像から適切な情報を取得するピクセル レベルの処理機能) が求められる
  • 動き予測などのさらなる解析機能 - 車両周辺の環境を認識するために使用され、継続的な脅威判断や運転対応策をサポート

下図では、ADSA に求められるすべての機能をサポートするには、パラレル プロセッシングとシリアル プロセッシングの両方が必要であることを示しています。ADAS アーキテクチャをハードウェア制御とソフトウェア制御に柔軟に分割できるため、最高性能の達成とシステムの拡張の両方を実現できます。

All Programmable および Smarter Solution

ザイリンクスの All Programmable および Smarter Solution には、カスタマイズ可能な SmartCORE、LogiCORE™、およびエコシステム IP のほかに、All Programmable FPGASoC、および 3D IC プラットフォームがあり、それぞれの市場ニーズに対応でき、統合時間も短縮できます。ザイリンクスの Vivado® Design Suite および OpenCV ライブラリ、Qt framework、高位合成、IP インテグレーター機能を使用する開発ツール フローは、ASIC や ASSP ソリューションよりも低リスクで低 TCO (トータル コスト オブ オーナーシップ)、なおかつ優れた差別化製品を市場を送るための迅速で柔軟な手段を提供します。

オートモーティブの機能安全

ISO 26262 は、オートモーティブ業界の機能安全規格として 2012 年に策定され、その後、オートモーティブ アプリケーションのメーカーやサプライヤで幅広く採用されています。ザイリンクスは、品質と信頼性のほかに、IEC 61508 や ISO 26262 への準拠を必要とする産業およびオートモーティブ アプリケーション向けに機能安全認証 にも取り組んでいます。   ザイリンクスは、Tuv-Sud から ISE Design Suite v 14.2 の機能安全認証を取得しました。

ISO 26262 「Road vehicles – Functional Safety」は、シリーズ生産されている乗用車にインストールされる電気/電子 (E/E) システム アプリケーション部分に IEC 61508 を取り入れた規格であり、これらのシステムの相互作用など、E/E 安全関連システムの不具合動作によって生じる危険性に対応します。

オートモーティブ製品ライフサイクルの各段階で安全性が見直され、ISO 26262 では、安全なライフサイクルに対応するために V モデルを推奨しています。

詳細は、機能安全が保証されたデザイン フロー ソリューション製品の概要を参照してください。

xilinx-2016-award-logo

主なアライアンス メンバー