UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AV over IP

IP ネットワークへの移行をサポートする
Media over IP フレームワーク

放送業界および業務用 A/V は、IP ネットワーク伝送へと移行しています。放送界は、高価な放送業界専用の配線/ケーブリングの代わりに、コモディティ ネットワークの Ethernet や IP ベースのインフラを使用することで大幅にコストを削減できることに魅力を感じています。また放送業界専門のエンジニアの数に比べて、IT エンジニアの数がはるかに大きいことや、ソフトウェア無線ネットワークやクラウド サービスへのコネクティビティの仮想化が可能になり、設備投資 (CAPEX) から運用コスト (OPEX) へのシフトが実現します。

しかしながら、IP ネットワークを介してメディアを転送する標準手法があまり多くありません。複数チャネルの非圧縮 SDI と圧縮 MPEG-TS をアグリゲートするために ST 2022 が定義されていますが、同期化や帯域幅管理などの機能がありません。ローカル エリア ネットワーク向けに定義された IEEE AVB は、同期化、低レイテンシ、QoS を提供できますが、一般的な標準をサポートするには ubiquitous 10GbE スイッチの不足が問題となります。これらの規格にはメリットとデメリットがあるため、開発者の多くは IP ネットワーク内の転送に独自技術を開発していますが、これによって相互運用性の問題が生じます。新たな ST 2110 規格の勢いが増している一方で、ST 2022 が使用され、ネットワーク上のメディアを個々のエッセンスとしてカプセル化するためには ST 2022、RFC4175、RFC3190、およびドラフト RFC (ANC データ用) が使用され、タイミングと同期には IEEE 1588 ベースの ST 2059 やネットワークを介する AMWA/NMOS ソフトウェア ベースの制御とフロー管理が使用されています。

ザイリンクスの FPGA と SoC は、新/旧テクノロジー間に最適なブリッジを提供するだけでなく、プログラム可能なプラットフォームを提供するため、今後新たに出現するテクノロジーや規格に迅速に対応し、メディア転送用 IP ネットワークの導入を加速することが可能です。

デザイン サンプル 説明

クリックして拡大表示

AV over IP 

  • ST 2110、ST 2022、および ST2059 対応のパートナー ソリューション、および Dante/AES67 対応の Audio over IP
  • マルチチャネル Any-to-Any コネクティビティ (最大 8K UHD) に対応する、ベースバンド ビデオおよびイーサネット向け IP コア
  • 10Gb/1Gb イーサネット上での圧縮されたストリーム向けのメザニン、イントラフレーム、および Long GOP コーデック
  • システム レベル制御とソフトウェアの差別化を可能にする ARM® プロセッサ

資料

デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付

オンライン ビデオ


すべてのビデオ

Adaptable Advantage Blog

このページをブックマークに追加