UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

Smarter Network: 低コストで高帯域幅を実現

ブロードバンド トラフィックがネットワーク容量をはるかに超えて膨大化する中、帯域幅に対する飽くなき要求が通信およびネットワーキング市場の大きな推進力となっています。

file

しかしながら、価格を無視した帯域幅への要求ということではありません。 最小限の CAPEX と OpEx でより広い帯域幅を求めているのです。高帯域幅の実現に際してコストを削減するには、次の性能を備えた Smarter Network を構築するしか方法はありません。

  • 同じスペクトルまたは光ファイバーからより多くのデータを取得でき、また QoS 要件を満たして高いユーザー エクスペリエンスを維持または向上させることができること。

  • 最小限の TCO で優れたカバレージを提供し、シンプルなネットワーク管理で OpEx (運営コスト) を抑えることが可能な HetNets (ヘテロジニアス ワイヤレス ネットワーク)、広範囲のワイヤード ネットワーク、およびデータ センターをシームレスな帯域幅デリバリ システムへ移行させることができること。

  • ネットワーク トラフィック要求、コンフィギュレーション、ネットワークの利用状態、および市場要求の変化に着実に素早く対応でき、オペレーターは、新しいサービスを経済的に提供し、利用者には価値相応の料金を請求できるようにし、加入者がより多くのより良いサービスに対して満足して料金を支払うような高いユーザー エクスペリエンスを提供できること (これが全体的な ARPU 増加をもたらす)。
file

利益性の問題

これらすべての能力を備えるには、さまざまな形態のプログラマビリティが求められます。たとえば、携帯サービス プロバイダーは、最新の無線アルゴリズムをサポートするために基地局を定期的にアップグレードしなければなりません。しかしながら、プロバイダー側は、このようなアップグレードにトラックを使用する大規模作業を行う出費を避けたいところです。データ センターの管理者は、作業員を狭い通路へ送りこんで、パッチコードを交換したり、新しいアプリケーションをインストールしなくても、新しいアプリケーションや使用パターンに素早く適用できる手段を必要としています。また、彼らは、フットプリント、消費電力、熱負荷を増加させずに、サーバーやネットワーク容量を定期的にアップグレードすることも望んでいます。

Smarter Network の 3 つの大きな特長

Smarter Network とは…

  1. データ トラフィック、要求、QoS、状態に対応して適合させることが可能です。
    - このネットワークは、コンテンツ (データ) およびコンテキスト (その背景状況) に対応します。

  2. 通信サービス プロバイダーおよびキャリアは、最も低い 1 ビット当たりの価格て、一貫性のある予測可能なサービスを数多く提供することができます。
    - このネットワークは、帯域幅およびコスト効率に優れています。コンパクトで電力効率が良いため、据え付け面積やデータ センター内の熱負荷を最小化できます。

  3. 要求、パフォーマンス、状態、可用性、消費電力などの複数の動作パラメーターに対して自己管理またはリモート管理できます。
    - このネットワークの特長は、高性能、拡張可能、適応可能、再利用可能です。

高性能な判断能力を持つネットワークは、次の状況を判断できます。

  • このアプリケーションは高スループットか、あるいは低レイテンシ アプリケーションか?
  • このデータは、医療業務に使用する重要なデータか?
  • 誰かが YouTube 動画を見ようとしているのか?

Smarter Network は、このようなタイプの質問に答えるために、ネットワーク ドメイン全体に対してインテリジェンス機能と分析機能を一体化させています。これらの質問の答えを利用して、ネットワークは最低コストで利用条件を満たす効率的な動作を行うようにコンフィギュレートできます。

予測分析を行うことによって、セルサイトやデータ センターなど全範囲に渡ってワイヤード/ワイヤレス ネットワークを最適化できますが、今日のようにキャリア ネットワークが高精細ビデオ、マルチチャネル オーディオ、音声、シンプル センサー トラフィックを同じパイプをとおして処理しなければならない状況では、徐々に難しくなってきています。キャリアが自己最適化や software-defined network (SON/SDN) へ移行することで、より優れた最適化が可能となります。この移行には、ザイリンクスの All Programmable および Smarter Solution が非常に有効です。

ASICS や ASSPS が抱えるギャップに対応

同時に、通信、ネットワーキング、データ センター装置市場をターゲットとする ASIC および ASSP は驚異的なスピードで撤退しています。その理由としては、IC 設計コストの増加、そして求められるインテリジェンスや適応性レベルが必要に高いことが挙げられています。これらはすべて、アプリケーションやデバイス要件が多様化していることが原因となっています。さらに、今日の装置市場は、追随的な装置設計を受け入れません。つまり、ASSP ベースの装置デザインは柔軟性に限界があり、ほとんど消滅してしまいました。このような市場要求とソリューション間のギャップがすべての市場に蔓延している状態です。

企業内の ASIC デザインチームや商用 ASSP ベンダーたちは、次の状況に置かれています。

  1. 次世代システムで求められるインテリジェンス、柔軟性、および適応性をすべて満たすには、非常に厳しい状況
  2. 衰退または急速に変化していくネットワーキングやデータ センターの規格およびアプリケーション要求に困惑
  3. カスタマーの「secret sauce (シークレット ソース)」を使って効果的に差別化を図ることができない

これらの課題のほかに、ASIC や ASSP では、急増する設計コスト、長期化する設計サイクルなどの問題が加わり、装置デザイン チームにとって大きなソリューション ギャップができてしまいました。ASSP および ASIC は、OEM やオペレーター要求を満たすには市場スピードに対応できず、多種多様なカスタマーの上位集合要求を満たすには設計が複雑すぎます。また特定のターゲット アプリケーションには向いておらず、最終製品に差別化を与えるにはかなり制限されます。装置ベンダーは、ASIC および ASSP ベンダーが提供するソリューションを使用する場合には、多くの問題 (つまりこれらすべての問題) に直面します。

コミュニケーション インフラストラクチャ全体の SmartCORE IP

file

{ザイリンクスは、独自開発技術と戦略的な企業買収によって、弊社顧客が All Programmable、Generation Ahead シリコン (FPGA3D IC、All Programmable SoC) 独自の検証済み分野指定 IP、そして分野別の専門家をとおして、Smarter Network および Data Center 装置の開発およびデリバリをサポートするよう尽力してきました。これらの分野別専門家は、パケット プロセッシングやトラフィック管理 (モバイル、マイクロ波、E-バンド バックホール) などのテクノロジー、OTN、 そしてさまざまな通信ベースのコネクティビティ規格に関する専門知識を有します。これらの 3 つの分野の優れた組み合わせによって、次世代 Smarter Network および Data Center のニーズを満たす装置の開発および展開が実現します。

ザイリンクスのネットワークおよびデータ センター向け Smarter Solution は、次の 3 つの市場区分に対応します。

  • Smarter Wireless HetNet
  • Smarter Wired Network (エッジおよびキャリア イーサネット)
  • Smarter Data Center

3 つの分野の詳細は、各リンクを参照してください。

Smarter Networkワイヤレスワイヤードデータ センター

Xcell Daily Blog

ビデオ

このページをブックマークに追加