UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

Video Processing Subsystem

重要なお知らせ:

LogiCORE、Video Processing Subsystem は、無償ライセンスの IP で Vivado 2018.3 に含まれます。

製品説明

ザイリンクスの Video Processing Subsystem コアは、最大 4K 解像度まで対応できる設定変更可能なビデオ プロセッシング パイプラインを提供します。このサブシステムは、映像/画像処理機能 (VIPP) を提供するザイリンクスの次世代ビデオ プロセッシング ソリューションです。 4K またはそれ以下の解像度向けに最適化されたハードウェア インプリメンテーションを提供し、動き適応型デインターレーサー、スケーラー、カラー スペース変換、クロマ リサンプラー、およびビデオ バッファーなどの機能が含まれているため、簡単にフォーマット変換を行うことができます。


主な機能と利点

次世代ビデオ プロセッシング 4K およびその先へ

  • AXI Stream 入力および出力インターフェイス
  • 最大ビデオ解像度: 60fps の UHD (入力および出力インターフェイス)
  • 高品質のマルチタップ ポリフェーズ スケーラー、動き適応型デインターレーサー、カラー スペース変換、クロマ リサンプラー、レター ボックス機能を含む
    • 特定機能だけを実行するように設定可能
  • ビデオ エンコード: RGB 4:4:4、YUV4:4:4、YUV 4:2:2、YUV 4:2:0)
  • 色深度: 24、30、36、48 ビット
  • フレーム レート変換
  • 2 または 4 ピクセル ワイドのビデオ インターフェイス
  • AXI4-lite で制御するように定義された API 機能を備えたソフトウェア ドライバー
  • 入力および出力ストリームのプロパティに基づいてプロセッシング パイプを自動設定

サポート

デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付
このページをブックマークに追加