UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 33516

11.2 ISE - 「ERROR: launching PlanAhead failed: can't execute "C:\WINDOWS\system32\cmd.exe": The directory name is invalid.」とういエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : Project Navigator, I/O, Constraints, Pin Planning, Floorplan, working directory, 制約, ピン, 配置, プラン, フロアプラン, 作業ディレクトリ

[File] -> [Copy Project] をクリックし、プロジェクトの新しいバージョンを作成しました。[Copy Project] ダイアログ ボックスで、[Working directory] にデフォルトのプロジェクト ディレクトリとは別のディレクトリを指定しました。新しく作成したプロジェクトを開いてピンの配置または制約の設定を実行する PlanAhead プロセスを実行すると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

"ERROR: launching PlanAhead failed: can't execute "C:\WINDOWS\system32\cmd.exe": The directory name is invalid."

ソリューション

このエラーは、[Copy Project] 機能で作業ディレクトリのパスがバックスラッシュを使用して指定されていることが原因で発生します。パスにバックスラッシュがあると、作業ディレクトリが標準化されていることが必要なダウンストリームのコードで問題が発生します。

この問題を回避するには、[File] -> [Copy Project] をもう一度クリックし、作業ディレクトリを選択した後でパスのバックスラッシュをスラッシュ (/) に変更します。

この問題は、ISE Design Suite 11.3 アップデートで修正されています。

メモ : ISE Design Suite 11.3 の修正では、既存のプロジェクトの不正な作業ディレクトリの指定は修正されませんが、新しくプロジェクトを作成する際は問題が回避されます。
AR# 33516
日付 12/15/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加