UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 43338

Virtex-4/Virtex-5/Virtex-6 FPGA Embedded Tri-mode Ethernet MAC Wrapper - 10 Mbps で動作する MII、GMII、または RGMII 用にコンフィギュレーションすると、MDIO トランザクション エラーが発生することがある

説明

Virtex-4、Virtex-5、または Virtex-6 FPGA Embedded Tri-mode Ethernet MAC を 10 Mbps で動作する MII、GMII、または RGMII 用にコンフィギュレーションすると、MDIO トランザクション エラーが発生することがあります。この問題は、10Mbps 以外のスピードでは発生しません。

ソリューション


MDIO トランザクション エラーを回避するには、MDC クロックの周波数を MII_TX_CLK の周波数の 1/2 未満にします。MDC クロックの周波数を下げると、サンプリングの精度が向上するので、クロック誤差を考慮してこの場合は周波数を 1.2MHz 未満にすることをお勧めします。

各デバイスの Embedded Tri-Mode Ethernet MAC ユーザー ガイドに記述されているように、MDC クロックの周波数は次の式で算出されます。

fMDC = fHOSTCLK/((1 + CLOCK_DIVIDE[5:0]) * 2)

たとえば、HOSTCLK が 100MHz の場合、6'b101001 (41d) 以上の分周器を使用することが推奨されます。これにより、MDC クロックの周波数は 1.19MHz 以下になります。CLOCK_DIVIDE に 6'b101000 (40d) を設定するのも適切であるように見えますが、これより大きい値を使用することをお勧めします。大きい値にすると、MDC 周波数を下げ、サンプリング精度を向上できます。
AR# 43338
日付 07/27/2011
ステータス アクティブ
種類 一般
IP
  • Virtex-6 FPGA Embedded Tri-Mode Ethernet MAC Wrapper
  • Virtex-5 Embedded Tri-Mode Ethernet MAC
  • Virtex-4 Embedded Tri-Mode Ethernet MAC
このページをブックマークに追加