UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 55697

2015.3 パッケージ/タイミング - Vivado でデバイスのパッケージ フライト時間を計算する方法

説明

Vivado でデバイスのパッケージ遅延またはパッケージ フライト時間を計算するにはどうしたらよいでしょうか。

ソリューション

トレース長データではなく、遅延 (時間) を使用してパッケージ遅延を見積もるのがもっとも正確です。


1) Vivado で開き、RTL、ネットリスト、またはインプリメンテーション済みのデザインを開きます。[Export] → [I/O Ports] → [CSV] をクリックします。

各ピンのパッケージ遅延の最小値および最大値をすべて確認できます。

トレース遅延の最小値/最大値も、[Package Pins] ウィンドウにパッケージ ピンごとに 2 列に分けて表示されています。

同様に、[File] → [Export I/O ports] をクリックして、遅延値が含まれた CSV タイプのスプレッドシートを開くことができます。


2) オブジェクトがない場合は、次の Tcl コマンドを使用します。

link_design -part <part_number>
write_csv <file_name>

例:

link_design -part xc7k410tffg900-2
write_csv flight_time
AR# 55697
日付 10/08/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • Vivado Design Suite
このページをブックマークに追加