UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 58616

Vivado - opt_design のトリムのデバッグ

説明

opt_design のスイープおよび propconst 段階で発生する最適化のトレース方法を教えてください。

ソリューション

手順 1
 
メッセージ機能をすべてイネーブルにした状態で、合成されたデザインから opt_design を実行します。

  1. verbose オプションを使用します。

  2. opt_design を実行する前に次のパラメーターを設定します。
    set_param messaging.defaultLimit 100000
手順 2

最適化されたデザインを閉じて、合成されたデザインをもう 1 度開きます。

手順 3

最適化されているセル (またはネットに接続されているセル) を検索します。

手順 4

最適化が実行された理由を確認するため、メッセージを確認します。

次のメッセージが表示されている場合は、次のセルに進み、メッセージを確認します。

INFO: [Opt 31-54] Cell has no loads and is removed:


次のメッセージが表示されている場合は、どの入力でこれが定数になっているかを検索します。
フリップフロップのデータ入力に問題がない場合は、制御セット値が、R <= 1、CE <= 0、または C <= 0/1 などの定数ではないことを確認します。

INFO: [Opt 31-54] Cell has no loads and is removed:



これらの 2 つの手順で、最適化の原因を探ることができるはずです。



制御セットに定数値が使用されているかどうかを検索するのに、Tcl コマンドを使用することもできます。

以下は、Vcc に接続されているフリップフロップ リセット ポートを検索するコマンド例です。

get_cells -filter {REF_NAME =~ FD*} -of_objects [get_pins -filter {REF_PIN_NAME == R} -of_objects [get_nets -hierarchical -filter {NAME =~ *const1*}]]
AR# 58616
日付 03/11/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • Vivado Design Suite
このページをブックマークに追加