SDSoC 開発環境および Zynq All Programmable SoC を使用したシステム設計

コース概要

近年、FPGA デバイスのめざましい発展(性能向上、大規模化、ローコスト化)により、従来 ASIC で行っていた複雑なシステムオンチップ (SoC) の実現をデスクトップ上で手軽に実現できるようになってきました。また、MPU 等の IP(再利用可能設計済み回路)を使用することによりハードウェア設計の深い知識がなくてもソフトウェアフレンドリーな開発手法をベースにしてオリジナル SoC をトップダウンで開発することも可能になりました。

本コースでは Zync® All Programmable SoC デバイスと SDSoC™ 開発環境でシステム開発をするために必要な環境の整備(インストール、セットアップ)からターゲットボードでの実動作確認までの知識を習得します。 またそのツールフローの基礎的な演習も行います。

レベル

FPGA 1

トレーニング期間

1 日

受講対象者
  • Zynq All Programmable SoC でのシステム設計をこれからはじめようとされる方
  • SDSoC 開発環境に興味のある方
  • ソフトウェア開発手法ベースでのハードウェア設計に興味のある方
受講要件
  • HDLでの設計経験・知識不要
  • FPGA のスキル不問・入門レベル(マイコンソフトウェア開発およびSDK使用経験推奨)
ソフトウェア ツール
  • SDSoC 開発環境
ハードウェア
  • アーキテクチャ : Zynq All Programmable SoC
  • デモ ボード : AVNET 社製 FPGA ボード Zedboad

* 演習で使用するボードやカスタマイズに関する詳細は、認定トレーナー (ATP) へお問い合わせください

このコースに参加すると、次のことができるようになります。
  • Zynq All Programmable SoC でのカスタムマイコンの作り方とその応用方法
  • SD SoC開発環境でのプロジェクト作成と基本的なインプリメンテーション・実機デバッグ
  • 開発環境の構築
コース内容
  • 1.  はじめに
    • 1.1  組込システム開発での課題
    • 1.2  プログラマブルデバイスの変遷
    • 1.3  最新 FPGA の利点

  • 2.  開発環境概要
    • 2.1  設計ツールおよび開発ボード
    • 2.2  MPU およびペリフェラル IP コア 
    • 2.3  システム構成 

  • 3.  SDSoC開発環境とは要
    • 3.1  ツールフロー
    • 3.2  ハードウェアアクセラレーション
    • 3.3  ベースハードウェアプラットフォーム

  • 4.  開発環境構築実習
    • 4.1  インストーラ入手方法とその種類
    • 4.2  ライセンス取得方法とそのセットアップ

  • 5.  システム構築実習
    • 5.1  SDSoC 開発環境でのプロジェクトの作成
    • 5.2  ソフトウェアの実装
    • 5.3  ソフトウェア処理の部分ハードウェア化
    • 5.4  ターゲットボードでの動作確認
    • 5.5  システムパワーオンブート


本コースは、ザイリンクストレーニングパートナー アドバンスド・テクノロジー・リサーチ・ジャパン合同会社製のトレーニングコースです。

 
/csi/footer.htm