環境、保健衛生、安全性

ザイリンクスは、資源および規制の傾向を観察し、主な資源と排出物の目標を設定して取り組んでいます。世界規模の環境保護に関するプログラムおよび活動は、環境に悪影響を与える行為を発見、管理、指導することを目的として実施されてきました。 長年にわたり、ザイリンクスは自社施設の EHS 改善に向けた投資を続けてきました。製造工程での材料の無駄を省き、二酸化炭素排出量を削減し、建物には可能な限り地元の持続可能な材料を選ぶようにしています。

CO2 排出量
水の使用量
非有害廃棄物の再利用

2016 年の後半から再生可能エネルギーの使用を加速し、2020 年末までにカリフォルニア州サンノゼの本社では、全エネルギー需要の 53% を炭素を含まないエネルギー源に置き換えています。地球温暖化の 1.5℃ 制限に対応するため、各分野における再生可能エネルギーの使用を見直しています。これにより、CY2025 年末までに 25% の CO2 削減目標を達成し、2030 年までには 50% の削減を目指します。