アダプティブ コンピューティング & インテリジェント AV

業務用 AV 機器および放送機器市場では、UHD HDR 映像や IP 伝送プロトコルの採用が急速に進んでいます。これにより帯域幅、ストレージ、低遅延リアルタイム処理、圧縮機能への要求が高まると同時に、映像の高品質化や高機能化で差別化することが不可欠になりました。AMD-ザイリンクスのアダプティブ コンピューティング プラットフォームで構築することで、ソフトウェアとマルチチャネル AV 処理パイプラインを密結合した、高度に統合されたコスト最適化製品を実現できます。またスマートホーム市場では、マルチユーザー型ゲーム ストリーミング、顔認識のスマート ドアロック、エッジ デバイスでの音声認識、超短焦点プロジェクターなど、より洗練された技術が採用されています。

ISE 2022 では、AMD-ザイリンクスの業務用 AV/放送/コンシューマー担当者とアライアンス プログラム メンバーが同社の最先端プラットフォームで実現した 4K、8K、AV-over-IP、機械学習ソリューションを紹介し、製品のイノベーション、差別化、迅速な市場投入に対応できることを実証します。

是非、ブース #5Q650 にお立ち寄りください。個別ミーティングについては、御社の AMD-ザイリンクス営業担当者にお問合せください。

デモ タイトル 説明
マルチチャネル 8K ザイリンクスの Versal® ACAP に統合されたトランシーバー、適応型エンジン、オンチップ ネットワークを活用して、HDMI® 2.1DisplayPort™ 1.4 インターフェイス経由でマルチチャネル 8K/4K UHD 処理に対応できることを実証します。
Video Warp Processor コア 入力ビデオ フレームをさまざまな方法 (台形、ピンクッション、たる型、任意、拡大縮小、回転、平行移動) で補正できるザイリンクスの新しい LogiCORE™ IP Video Warp Processor のデモをご覧いただけます。このコアは、プロジェクション システムや店舗向けデジタル サイネージなど、レンズ歪み補正が必要な場所に適用できます (広角 FOV コラボレーション カメラなど)。
HDR ストリーミング このデモでは、Zynq® UltraScale+™ MPSoC H.264/H.265 Video Codec Unit (VCU) の拡張された機能とマルチメディア フレームワークに焦点を当てながら、キャプチャから、エンコード/デコード、そして表示までのパイプライン全体を通じて HDR メタデータがいかに正しく処理されているかを実証します。
ザイリンクスのフル クロマ モード Zynq UltraScale+ MPSoC VCU と H.264/H.265 を使用することで、フル クロマ 4:4:4 ビデオ コンテンツのストリーミングが可能になることを実証します。このモードを使用するとフル クロマ品質が保持されます。特に、IP ネットワークを使用してデスクトップ/PC コンテンツをストリーミングする場合に有効です (リモート KVM アプリケーションなど)。
IPMX AV-over-IP コア Adeas 社と Nextera Video 社が、IPMX を使用して 1Gb イーサネット ネットワーク上で 4K HDMI を伝送するためのハードウェアとソフトウェア IP コアの完全統合ソリューションを展示します。オープンでスケーラブルかつ相互運用性の高い IMPX 規格に基づいて構築されたこのシステムは、intoPIX 社の JPEG-XS 圧縮コーデック、NMOS (プラグアンドプレイのシステム レベル制御に使用)、新しい IPMX の非同期タイミング仕様 VSF TR-10-1 を統合しています。
NDI® AV-over-IP NDI (ネットワーク デバイス インターフェイス) は、既存の IP ビデオ ネットワーク上で誰もが超低レイテンシでリアルタイムに映像へアクセスできるようにする高性能規格です。ザイリンクスのアダプティブ コンピューティング プラットフォームを使用して構築したさまざまな NDI 製品を紹介します。シンプルなエンドツーエンドの AV ネットワーク内で IP を使用してすべて接続されます: BirdDog P4K PTZ CameraMagewell Pro Convert NDI EncoderKiloview N40 4K HDMI/NDI ConverterSWIT BM-215-NDI 21.5 インチ Professional NDI MonitorXilinx ZCU104 Zynq UltraScale+ MPSoC 評価キット
キーワード検出 ザイリンクスの Kria™ SOM で実行する自然言語処理 (NLP) SmartVision アプリを紹介し、音声で AV 機器や室内照明などを簡単に操作できることをご覧いただけます。この最先端のアプリケーションは、ユーザーが話す特定のキーワードを検出し、キーワードに基づいてビジョン タスクを動的に切り替えたり、表示プロパティを変更します。
サイネージ、コラボレーション、スマート アクセス向けの機械学習 Makarena Labs 社による業務用 AV やスマート ホーム向けの機械学習アプリケーションをいくつか紹介します。同社の MuseBox ML システムは、Kria SOM を使用して顔や人物の分析、オブジェクト検出などを実現し、あらゆる AV 機器への適用を可能にします。アニマトロニクス フィギュアを使用して、顔認識による安全なアクセスや、A/V 機器向けロボット アプリケーションのモーター制御をデモでご覧いただけます。また、 ML を使用して広告効果を分析したり、収集したメタデータ (性別、年齢など) を利用してターゲットを絞り込むことで、収益を最大化することを目的とした小売店デジタル サイネージ向けに構築した製品を紹介します。