UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

このページをブックマークに追加

役員紹介

クリックして拡大

Moshe Gavrielov (モーシェ・ガブリエロフ) - 社長兼 CEO

ザイリンクスの社長兼 CEO であり、ザイリンクスの成長および拡大が今後も継続できるよう、会社全体としての戦略、展望、焦点を明確化する最高責任者です。

35 年間半導体やソフトウェア関連の企業で経営管理やエンジニアとして務め、その経験をザイリンクスの最高責任者として活かします。2008 年にザイリンクスへ入社する以前は、Cadence Design Systems 社のエクゼクティブ バイス プレジデント、そして急成長している検証部門のゼネラル マネージャーとして活躍してきました。その他 Verisity 社で CEO として 7 年間務め、400万ドルで立ち上げた企業を、2001 年の新規公開株 (IPO) によって、1 年間で 7000万ドルの株式公開企業にまで成長させました。Verisity 社は最終的に電子設計自動化ツールの大手メーカー Cadence 社によって 2005 年に買収されました。

その前には、LSI Logic 社に約 10 年間在籍し、13 億ドルの売上げを誇る製品グループを率いるエクゼクティブ バイス プレジデント、国際営業担当上級副社長、欧州担当ジェネラル マネージャ、および ASIC (特定用途向け IC) 部門のジェネラル マネージャなど、さまざまな経営管理業務を歴任してきました。 彼の技術および技術管理の経歴は、National Semiconductor 社と Digital Equipment 社でスタートしました。

イスラエルのハイファ (Haifa) にあるイスラエル工科大学 (Israel Institute of Technology: Technion) で電気工学学士とコンピュータ サイエンスの修士を取得し、5 つの特許を所有しています。


クリックして拡大

Victor Peng (ビクター・ペン) - 最高執行責任者 (COO)

ザイリンクスの最高執行責任者 (COO) です。グローバル セールス、製品/垂直マーケティング、エンジニアリング、グローバル オペレーション/品質を管理しています。半導体業界で豊富な経験を積み、2008 年にザイリンクスへ入社したペンは、FPGA、GPU、およびマイクロプロセッサ製品の開発に 30 年以上携わってきました。

以前は、ザイリンクスのエグゼクティブ バイス プレジデント & ジェネラル マネージャーとして同社の製品ポートフォリオと差別化技術の定義、開発、製品マーケティングに従事し、3 世代のコア製品で業界を牽引し、統合とプログラミングにおいて素晴らしい業績を収めました。

ザイリンクス入社前は、AMD graphics products group (GPG) シリコン エンジニアリングのコーポレート バイス プレジデントとして務め、グラフィックス、CPU チップセット、およびコンシューマー事業分野をサポートする同社の中枢的なシリコン エンジニアリング チームのリーダーとして活躍しました。そのほかに、TZero Technologies 社、MIPS Technologies 社、SGI、および Digital Equipment 社にて、さまざまなエンジニアリング ポジションを歴任しました。

レンセラー工科大学で電気工学理学士、コーネル大学で工学修士を取得しています。その他、アメリカで 4 つの特許を所有しています。


クリックして拡大

Krishna Rangasayee (クリシュナ・ランガサイ) - グローバル セールス担当エグゼクティブ バイス プレジデント

グローバル セールス担当エグゼクティブ バイス プレジデントに就任した Krishna Rangasayee は、同社のグローバル販売組織、チャネル パートナー、技術分野、および顧客サポートを担当しています。以前は、グローバル セールス&マーケットのシニア バイス プレジデント兼 GM として努めていました。

1999 年にザイリンクスへ入社して以来、営業、総括管理、企業戦略、垂直的マーケティング、エコシステム パートナーシップ、ポートフォリオ戦略、次世代プラットフォーム実現に向けたアーキテクチャ定義など、責任者として多数のポジションを歴任してきました。入社以前は、Altera 社や Cypress Semiconductor 社でさまざまなエンジニアリングおよびマーケティング業務に携わってきました。

インドの NIT Wawangal で工学学士号、ミシシッピ大学で電気電子工学修士を取得し、スタンフォード大学ビジネススクール (GSB) でエグゼクティブ マネジメント課程を修了しました。また、世界中で 70 を超える会議へ参加し、ジャーナルや業界誌などへ執筆しています。また、25 以上の国際特許を所有しています。


クリックして拡大

Vincent L. Tong - (ヴィンセント・L・トン) - グローバル オペレーションおよび品質のエグゼクティブ バイス プレジデント、アジア太平洋地域のシニア バイス プレジデント

グローバル オペレーションおよび品質のエグゼクティブ バイス プレジデントであるヴィンセント・トンは、ザイリンクス製品の開発、製造、デリバリにおいて、最高の品質レベルを達成しながら製品コストを抑えることに従事しています。彼の管轄には、新製品導入 (NPI) エンジニアリング、サプライ チェーン管理、顧客サービス、サプライヤ リレーションシップ、購入、輸入/輸出コンプライアンス、ロジスティクスが含まれます。また、彼のグローバルな品質組織は、ザイリンクスの質の高いアプローチを継続的に向上させることを目標とし、設計、製造、トレーニング、測定、およびザイリンクス製品販売後の顧客サポート、ならびにすべての製品製造技術の信頼性の高いエンジニアリングを提供します。さらに、アジア太平洋地域のエグゼクティブ リーダーとして、アジア太平洋地域でザイリンクスの知名度を高め、事業展開を加速し、急速な成長をもたらすことを目標としています。

1990 年にザイリンクスへ入社する前は、Monolithic Memories 社および Advanced Micro Devices 社にて開発、設計、製造技術、製品およびテスト エンジニアリングなど、さまざまなポジションを歴任しました。カリフォルニア大学バークレー校で工学/コンピューター サイエンスの学士を取得し、スタンフォード大学ビジネススクール (GSB) でエグゼクティブ ディベロップメント課程を修了しました。その他、アメリカで 7 つの特許を所有しています。


クリックして拡大

Ivo Bolsens (イボ・ボルセンス) - シニア バイス プレジデント兼最高技術責任者

シニア バイス プレジデントと最高技術責任者を兼任するイボ・ボルセンスは、最先端技術開発、ザイリンクス リサーチ ラボラトリ (XRL)、およびザイリンクス ユニバーシティ プログラム (XUP) の責任者です。

2001 年 6 月にザイリンクスへ入社する前、ベルギーの研究所 IMEC の情報通信システム担当副所長を務めていました。彼が研究した分野には、VLSI 回路用知識ベース検証の開発、デジタル シグナル プロセッシング製品やワイヤレス通信端末の設計などがあります。また、DSP ハードウェア、HW/SW 協調設計、SoC (System-on-Chip) 設計の高位合成設計技術に関する研究を統括していました。

ベルギーのルーヴェン カトリック大学にて、電気工学の修士、そして応用科学の博士を取得しています。


クリックして拡大

Kevin Cooney (ケビン・クーニー) - シニアバイスプレジデント兼最高情報責任者

ザイリンクスのシニアバイスプレジデントと最高情報責任者を兼任し、グローバル組織の明確化や管理、そしてすべての技術的なインフラ、ビジネス アプリケーション システム、および企業プロセスを継続的に改善する最高責任者です。アイルランドのダブリンを拠点とし、ザイリンクスの EMEA 地域担当責任者でもあります。

1995 年にザイリンクスへ入社する以前は、10 年以上 Digital Equipment 社に在籍していました。同社のハードウェアやソフトウェア部門のさまざまな IT 管理職を歴任し、最終的には欧州 Digital Equipment 社のシステム事業部の情報および通信技術マネージャーに就任しました。過去 8 年間 EMEA のマネージング ディレクターを務めた後、ザイリンクスの世界的な情報技術を 12 年間以上管理し、ザイリンクスの現職に昇格しました。


クリックして拡大

Lorenzo A. Flores (ロレンツォ A フロレス ) - シニア バイス プレジデント兼チーフ フィナンシャル オフィサー

ロレンツォ A フロレスは、資金管理、税金、財務、投資家向け広報活動、さらには合併買収に関する責任者です。また、IT の責任者でもあります。2012 年 ~ 2016 年まで、ザイリンクスの経理および財務担当者の統括責任者として勤めてきました。

ザイリンクスへ入社する以前は、コグニザント テクノロジー ソリューションズ社の FP&A (Financial Planning and Analysis) 部長補佐、ベンチャー企業の CFO、そしてインテル社では 10 年間、経理、インテル アーキテクチャの CPU/管理、テレコミュニケーションズ/エンベデッド グループなど、さまざまな役職を経験しています。

マサチューセッツ工科大学 (MIT) で土木建築と経営科学の 2 つの学士号を取得し、また UCLA で MBA も取得しています。


クリックして拡大

Steve Glaser (スティーブ・グレイザー) - シニア バイス プレジデント (企業戦略およびマーケティング グループ)

企業戦略およびマーケティング グループのシニア バイス プレジデントであり、ザイリンクスの業界リーダーシップを世界中にアピールし、宣伝、企画して顧客の価値や長期的な事業拡大を最大限に引き出すことを目指しています。彼が担当する主な分野には、戦略計画、企業マーケティング、市場リサーチ、ブランド管理、企業通信、そしてエコシステム アライアンス プログラムなどがあります。

システム、半導体、および電子設計自動化 (EDA) 業界で 25 年以上にわたり、企業戦略、合併、買収、R&D、およびマーケティングの経験を積んだ後、2011 年にザイリンクスへ入社しました。SoC プラットフォーム ベース デザイン、IP 規格、システムレベル設計、自動化システムの統合、メトリック ドリブンな検証において、主な業界や企業イニシアチブを先導してきました。

以前は、Cadence Design Systems 社で戦略開発部門のコーポレート バイス プレジデントとして務めていました。その他、Verisity 社ではマーケティング部シニア バイス プレジデントとして努め、VLSI Technology 社では ASIC 事業部、そしてHughes Aircraft 社では衛生通信事業部のさまざまなビジネスや技術的なポジションを歴任してきました。

カリフォルニア大学サンタバーバラ校で電子工学およびコンピューター サイエンスの理学士号を取得し、ブリティッシュ コロンビア大学で経営学修士号を取得しています。


クリックして拡大

Scott Hover-Smoot (スコット・フーバー・スムート) - シニア バイス プレジデント & 法務顧問

シニア バイス プレジデントと法務顧問兼秘書役を兼任するスコット・フーバー・スムートは、法的政策、企業統治、セキュリティ コンプライアンス、知的財産、商用ライセンス許諾、合併/買収に関する法律、雇用法、および訴訟などを担当しています。

2007 年にザイリンクスへ入社し、25 年以上の経験を業務に生かしています。以前は、台湾セミコンダクター マニュファクチャリング カンパニー (TSMC) でリージョナル カウンセル兼主任を務めていました。その他、California Micro Devices 社のバイス プレジデントとして務めた経験もあります。

カリフォルニア大学サンディエゴ校のレベル カレッジで理学士号を取得し、サウスウェスタン法律スクール大学で JD (法律博士号) を取得しています。


クリックして拡大

Liam Madden (リアム・マッデン) - ハードウェアおよびシステム製品開発担当シニア バイス プレジデント

Liam Madden はザイリンクスのハードウェアおよびシステム製品開発担当シニア バイス プレジデントです。約 1,000 人のエンジニアによるグローバルチームを率いて、シリコン、パッケージング、評価システム、エンベデッド ソフトウェアを含むザイリンクスのすべてのハードウェアおよびシステム ソリューションの成長を促す戦略、設計ソリューション、優先順位、実行に至るまでをすべて監督しています。彼は、28nm、20nm、16nm の All Programmable ファミリの開発をけん引してきました。28nm でスタッキング技術の導入を担当し、シリコン インターポーザーに複数のデバイスを統合したことにより、業界で高く評価され 2013 年 Semi 賞を受賞しました。5G 無線ソリューションおよび関連製品の革新を目的とし、RFSOC 製品ラインの一部としてザイリンクス製品に Gb/s データ コンバーターを統合することに貢献しています。

ザイリンクスでは 9 年、そして業界では 35 年以上のキャリアを持ち、高性能かつ低消費電力のマイクロプロセッサ (DEC の Alpha と StrongArm)、エンベデッド プロセッサと IP (MIPS) およびコンシューマー向けデバイス (Microsoft の Xbox 360) など、業界をリードするさまざまな製品に貢献してきました。

ザイリンクスに入社する前は、AMD の上級研究員として、同社の次世代チップ インテグレーション手法を推進しました。

Madden は UCD (ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン) で BE の学位を取得し、コーネル大学で工学修士 (M.Eng.) の学位を取得しています。現在、UCD の副教授、アイルランド工科大学の研究員、アイルランド科学財団理事を務めています。


クリックして拡大

Marilyn Stiborek Meyer (マリリン・スタイボレック・メイヤー) - シニア バイス プレジデント (HR)

HR のシニア バイス プレジデントであり、組織開発、従業員関係、従業員トレーニング/開発、報酬制度と福利厚生、採用と維持戦略など、ザイリンクスのグローバルな人材組織を統括および管理する最高責任者です。

彼女は、20 年以上にわたり、戦略や人材を営業実績に結び付けるエキスパートとして経験を積んでいます。ザイリンクスへ入社する前は、Cadence Design Systems 社の人事部バイス プレジデントとして務め、同社のグローバルなエンジニアリング組織をサポートしていました。それ以前は、Commtouch 社の人事部長を務め、北米および UK オフィスにおける優秀な人材の獲得、労働力計画、および組織開発を担当する責任者として従事しました。その他、銀行業界、小売業界、ハイテク業界でさまざまな人材管理のポジションを歴任してきました。

ネバダ大学ラスベガス校で管理情報システムの学士、およびゴールデンゲート大学サンフランシスコ校で人材管理の修士を取得しています。


クリックして拡大

Salil Raje (サリル・ラジェ) - ソフトウェアおよび IP 製品開発担当シニア バイス プレジデント

Salil Raje は、ソフトウェアおよび IP 製品開発担当シニア バイス プレジデントです。約 1,000 名のエンジニアによるグローバル チームを率いて、ザイリンクスのソフトウェアと IP の成長に向けた戦略、設計ソリューション、優先順位、実行を監督しています。彼は 2012 年に Vivado Design Suite の導入を率い、デザイン フローを近代化するための草の根レベルの取り組みを行った結果、ザイリンクは設計ツールと IP のリーダーの地位を獲得し、顧客の生産性を向上させることができました。また、Vivado HLx および SDx 開発環境の開発を先導し、顧客がより高いレベルの抽象化フローを採​​用できるようにし、データ センター市場、機械学習およびビジョン ベース アプリケーションにおけるザイリンクスの発展を支えています。

Raje はザイリンクスに入社して 13 年間と非常に経験豊かです。以前は、2001 年に共同設立した Hier Design 社で最高経営責任者 (CEO) を務めていました。Hier Design 社では、階層デザインとデザイン プランニング ツールの PlanAhead を FPGA 設計コミュニティに導入しました。彼が CEO であった 2004 年に、ザイリンクスが Hier Design 社を買収しました。

Hier Design 社の前は、Monterey Design Systems 社でディレクターを務め、配置およびシリコンの仮想プロトタイピング技術を担当しました。最初の仕事は、ニューヨークの Yorktown Heights にある IBM T. J. Watson Research Center で高位合成の研究をすることでした。

IIT、Madras (インディアン・インスティテュート・オブ・テクノロジー・マドラス) で電気工学技術の学士号を取得し、ノースウェスタン大学でコンピュータサイエンスの理学博士号および博士号を取得しています。電子機器デザイン ツール、ASIC、および FPGA デザインの分野で 8 個の特許を取得しており、業界で高い評価を受けている 15 以上の研究論文を発表しています。