Victor Peng、社長 兼 CEO

Victor Peng

社長兼 CEO

Victor Peng は、ザイリンクスの社長兼 CEO で、 取締役も兼任しています。テクノロジー業界で豊富な経験を積み、FPGA、 SoC、GPU、高性能マイクロプロセッサ、チップセット、およびマイクロプロセッサ IP 製品の開発に 30 年以上携わってきました。

今年の初旬にザイリンクスの CEO に就任したことを機に、ACAP (Adaptive Compute Acceleration Platform) をベースとする新技術で新たな市場に参入する転換計画を発表しました。前職は、COO としてグローバルセールス、製品および垂直マーケティング、製品開発、グローバルオペレーション&クオリティを管理しました。それ以前は、ザイリンクスのエグゼクティブ バイス プレジデント & ジェネラル マネージャーとして同社の製品ポートフォリオと差別化技術の定義、開発、製品マーケティングに従事し、3 世代のコア製品で業界を牽引し、統合とプログラミングにおいて素晴らしい業績を収めました。

AMD graphics products group (GPG) シリコン エンジニアリングのコーポレート バイス プレジデントとして務め、グラフィックス、コンソールゲーム製品、CPUチップセット、およびコンシューマー事業分野をサポートする同社の中枢的なシリコン エンジニアリング チームのリーダーとして活躍しました。また、これまで、TZero Technologies 社、MIPS Technologies 社、SGI、および Digital Equipment 社にて、さまざまなエンジニアリング ポジションを歴任してきました。

現在まで 4 つの米国特許を取得しており、SIA (Semiconductor Industry Association) および KLA (エレクトロニクス業界向けの業界大手機器/サービスを提供する開発企業) の取締役を兼任しています。レンセラー工科大学で電気工学理学士、コーネル大学で工学修士を取得しています。

ザイリンクスは、エンドポイントからエッジ、クラウドに至るまで、さまざまなテクノロジ分野で迅速なイノベーションを可能にする高い柔軟性と適応性を誇るプロセッシング プラットフォームを開発しています。ザイリンクスが発明したテクノロジには、FPGA、ハードウェア プログラマブル SoC、ACAP などがあり、アダプティブでインテリジェント、かつコネクテッドな世界を実現するため、業界で最もダイナミックなプロセッサ テクノロジを提供しています。ザイリンクスは、2019 年 4 月に終了した会計年度の売上高を 30 億 6,000 万ドルと発表しました。

役員紹介に戻る