最新ウェビナー

ザイリンクスの完全統合ソリューション: 次世代の電車と鉄道に貢献

ザイリンクスの SoC が、高速で安全性と信頼性を備えた快適な列車移動を実現するために、いかに有効で理想的なプラットフォームであるかを説明します。ドア、照明、カメラ、エアコン、ブレーキ、洗面所、ディスプレイなどの制御には、演算性能、リアルタイム性、信頼性の最適なバランスが必要です。客室内および客室周辺のプロセスに人工知能とセンサーを組み合わせたシステムは柔軟に改善できるため、乗客にさらに快適な環境を与えることができます。ロジックに実装された最適化済みモーター制御アルゴリズムで実行する高度なトラクション コントロールで効率性、耐久性、安全性を最適化できます。

InAccel Manager を使用して Alveo クラスター上で Vitis ライブラリを迅速にスケーリングおよび運用する方法

このウェビナーでは、オンプレミスまたはクラウドで複数の Alveo カードを使用するアプリケーションを最小限の作業で簡単に拡張する方法を学習します。また、有効な FPGA リソースを複数ユーザーまたはアプリケーションで簡単に共有できるようになったことについても言及します。まず、Alveo クラスターのスケーラブルな運用手順を示し、ML、DNN、コンピューター ビジョン、VItis ライブラリなどのアプリケーションに適用する方法を説明します。その後、コードを変更しない Spark、Scikit-learn、Keras などの高レベル フレームワークを使用して FPGA を活用する方法を示します。

Message Intelligence – Alveo カードを使用したセマンティック スーパーコンピューティング ソリューション

ザイリンクス製品を使用した Cortical.io 社の Message Intelligence を紹介します。このソリューションは、企業が大量の受信メールやメッセージの送受信およびソーシャル メディアを効率的に管理するためのソリューションです。 このウェビナーでは、業界初セマンティック スーパーコンピューティン グソリューションについて説明し、Alveo U50 データセンター アクセラレータ カードをベースに、Cortical.io 社が特許を取得している自然言語理解へのアプローチを採用した、大量メッセージ ストリームをリアルタイムにフィルタリング、分類、ルーティングする専用システムを紹介します。セマンティック スーパーコンピューティン グの利点を理解し、Alveo U50 カードが Cortical.io’s 社のセマンティック アルゴリズムの実装に最適である理由を説明します。

業界唯一の適応型シングルチップ無線プラットフォームを使用する設計

このウェビナーでは、3 世代目 Zynq UltraScale+ RFSoC を搭載した最新 ZCU216 評価キットを紹介します。サブ 6GHz までのダイレクト RF と広範なミリ波インターフェイスをサポートする A/D データ コンバーターを統合した業界唯一のハードウェア プログラマブル SoC です。3 世代目 Zynq UltraScale+ RFSoC の概要と、さまざまなアプリケーションを紹介いたします。また、有効なツール フローとユースケースを活用して、ZCU216 評価キットで設計する方法をご覧いただき、Monolithic Power Systems (MPS) 社による、超低ノイズ RF 性能を可能にする最新の電源管理ソリューションについても説明もあります。最後に、RF 性能の結果とポートフォリオのロードマップについて言及します。

最高の組み合わせ: FPGA がオープンソースのデータベースを最適化

FPGA は、オープンソースのデータベースで最高の性能を実現できます。ネットワーキングやストレージ動作など、配置配線プロセスを簡素化できると同時に、顧客アプリケーションの収益につながるタスクを高性能で実行できます。FPGA を利用するデータベースは、単独で使用する場合より 10.5 倍の性能向上 (TPS)、さらに 15 倍のレイテンシ改善が可能です。このように性能とレイテンシが大幅に向上することで、既存のクラウドやオンプレミスのデータ基盤を効率よく活用できるようになり、カスタマー エクスペリエンス、パーソナライゼーション、デジタル トランスフォーメーションへの取り組みを可能にします。

石油/ガスの探査に FPGA が有効

このウェビナーでは、FPGA を使用して C、C++、Python、または Tensorflow で石油/ガス探査に有効な RTM (リバース タイム マイグレーション) などのワークロードを高速化する方法を紹介します。ハードウェア固有のプログラミングは不要です!

可搬性 X 線装置: エッジ デバイスに搭載する医療向け適応型 AI

このウェビナー シリーズ (2 部構成) は、医療向けソリューションの実現には、in situ (その場) かつ in silico (コンピューター上) で処理される推論機能の重要性についてお話しします。現場で AI 機能が使えるようになると、画像診断のために場所を移動する必要がなくなり、迅速な診断、迅速なトリアージが可能になります。その結果、臨床検査の効率化や患者の転帰を改善させることにつながります。このウェビナーでは、分析のための CAD および画像最構成から、NLP およびAI に至る、この分野のさまざまな AI アプリケーションについて詳しく解説します。また、医療向け AI で臨床医をサポートするため、十分なセキュリティ、性能、柔軟性、信頼性を備えた医療機器およびオンプレミス アクセラレータを設計する方法についても言及します。

Vitis AI の詳細

RTL コードを記述せずに、FPGA ベースの深層学習アプリケーションを高速化したいと思いませんか。このウェビナーでは、ザイリンクスのエンベデッド SoC と Alveo アクセラレーション プラットフォーム上で Vitis AI を使用してトレーニング済みの DNN モデルを運用/実行する方法を解説します。ザイリンクスが提供しているツールとライブラリについて説明しVitis AI を使用してボード上でサンプル デザインを実行するウォークスルー デモを実施します。

Vitis アクセラレーション ライブラリを使用する開発

ザイリンクス プラットフォームの高い演算能力を採用したいけれども、FPGA の設計経験がないという方は、是非このウェビナーを視聴しください。Vitis アクセラレーション ライブラリ (400 以上の最適化済みのオープンソース ライブラリ) を利用することで、数理ファイナンス、AI 推論、データ圧縮などさまざまなアプリケーションを簡単に高速化できます。このウェビナーでは、ザイリンクスが提供する抽象化レベルについて説明し、Vitis ライブラリを使用する開発のウォークスルー デモを通じて実際の性能メリットをご覧いただきます。

アクセラレーション アプリケーション開発の設計手法

アルゴリズムやアプリケーションのベースとなるザイリンクス プラットフォームに最大の適応性を持たせるには、アクセラレーション機能の設計手法を理解する必要があります。このウェビナーでは、まずアクセラレーション アプリケーションの設計手法について説明し、C/C++ を使用して高性能カーネルを開発するためのベスト プラクティスを紹介します。デモでは性能目標の確立、アクセラレーションに適した機能の特定、性能最適化手法、および性能のプロファイリングや分析に使用できる Vitis 開発ツールについて説明します。

アプリケーション全体の高速化: AI 対応システムの設計

プロダクション デバイス (エッジ/クラウド) で AI 対応のアプリケーションを運用する場合、AI コンポーネントの演算要件 (TOPS) のみを考慮するのではなく、総合的に考えます。全体的なシステム レベルの機能と性能要件を満たすには、AI とその他の性能重視機能の両方を含むアプリケーション全体を考慮する必要があります。このウェビナーでは、Vitis と Vitis AI を利用することで、ザイリンクス プラットフォーム上でアプリケーション全体を高速化できることを説明します。

COVID-19 の予防と治療の加速: Genetalks 社とザイリンクスによるゲノム解析

COVID-19 のようにウイルスの深刻な流行に直面した際、迅速かつ正確なウイルスのスクリーニングと検出は維持管理に特に重要になります。そして、新薬やワクチンの開発には大量のデータ分析と科学計算が必要です。このウェビナーでは、ザイリンクス FPGA を採用し、高速化された Genetalks 社の高性能ゲノム計算システムの詳細やゲノムワイドの計算タスクを従来のサーバーよりも 70 倍以上高速化する方法について解説します。

オンプレミス コンピューティングでデジタル ファクトリを駆動: Alveo で高速化 (日本語版)

このウェビナーでは、ザイリンクスの Alveo PCIe アクセラレータ カードを利用して、安全なオンプレミス環境でデータの収集、アグリゲーション、処理、モデル化、さらに AI による意思決定を行う方法を学習します。Alveo を使用することで、ファクトリ データを直接収集し、ネットワークの負荷を軽減してシステムの高速化を図ることで、ファクトリ フロアとクラウドをまたぐシステム全体に大きなメリットをもたらすことを説明しています。
*このウェビナーは、ジュリオ・コラディ博士 (Dr. Giulio Corradi) が英語で行った内容の翻訳版です。日本語で配信しています。

スマート シティ向けのリアルタイム AI ビデオ解析

IoT 時代に入り、都市部、小売店、乗換地点、工場などに 10 億台以上のカメラが配置され、より効率的に管理されるようになりました。 一方、この規模でビデオ データからリアルタイムの情報を抽出することは非常に困難です。ビデオ解析システムのイノベーターである Aupera 社は、ザイリンクスの FPGA を搭載したリアルタイムの効率的なビデオ解析ソリューションを提供しています。ハードウェアを意識した機械学習アクセラレーションを提供する Aupera 社のエッジ AI ソリューションは、多様化する IoT シナリオの中で高チャネル密度、低消費電力、低レイテンシを達成し、すぐに運用を開始できます。このビデオでは、ザイリンクス コンピューティング プラットフォームをベースとする Aupera 社のエッジ AI ソリューションについて説明します。また顧客のケース スタディも紹介します。

ザイリンクス SoC で実現する産業用機能安全

インダストリアル IoT (IIoT) 市場向け製品は、適応性に優れている必要があります。最先端製品の開発には、プラットフォームを作成するアーキテクチャ機能と状況を把握できる認識機能の両方が不可欠です。ザイリンクスの SoC を利用することで、十分な処理性能を備え、生産性が向上し、「ロットサイズ = 1」といった条件にも柔軟に対応できます。SICK AG 社のウェビナーでは、ザイリンクスの SoC が適応可能で安全な IIoT ソリューションの実現にどのように役立っているのかを解説します。

Mipsology 社の Zebra とザイリンクスの Alveo を使用して低レイテンシ AI 推論を高速化

このウェビナーでは、 Mipsology 社の Zebra とザイリンクスの Alveo U50 搭載サーバーを使用することで、データセンターの機械学習アプリケーションや新しい産業向け機械学習アプリケーションで最速かつ低レイテンシの適切な CNN 推論アクセラレータを簡単に実現できることを説明しています。FPGA ベースの Mipsology Zebra は、GPU 推論に代わるシームレスなプラグアンドプレイ製品であると言える理由をご自身で確認してください。

Vitis AI を使用する適応可能な AI 推論

AI の革新に遅れることなく、エッジからクラウドまでの AI アプリケーション開発を統合したいと思いませんか?エッジ デバイスと Alveo カードの両方を含むザイリンクス ハードウェア プラットフォーム上での AI 推論開発には、ザイリンクスの Vitis AI 開発環境を活用してください。この Vitis AI には、最適化された IP、ツール、ライブラリ、モデル、サンプル デザインが含まれます。このウェビナーでは、Vitis AI の主なコンポーネントについて詳しく説明し、ザイリンクスのハードウェア プラットフォーム上で適応性のある効率的な AI 推論を実現する方法を説明します。

Vitis を利用してアプリケーションを実現

Vitis について理解し、その包括的なコア開発キット、豊富なハードウェア アクセラレーション、オープンソース ライブラリ、およびドメイン固有の開発環境について詳しく学ぶことができます。Vitis を利用してイノベーションを先取り!

Alveo を使用する開発

このウェビナーでは、加速に適したソフトウェアを特定する方法、メモリの割り当てと移動方法、さらに C、C++、OpenCL プログラミングによるザイリンクス Alveo アーキテクチャの活用方法など、必要な情報をすべて提供しています。また、OpenCV などのザイリンクス向けに最適化されたライブラリについても言及しています。

産業、科学、医療

オンプレミス コンピューティングでデジタル ファクトリを駆動: Alveo で高速化 (日本語版)

このウェビナーでは、ザイリンクスの Alveo PCIe アクセラレータ カードを利用して、安全なオンプレミス環境でデータの収集、アグリゲーション、処理、モデル化、さらに AI による意思決定を行う方法を学習します。Alveo を使用することで、ファクトリ データを直接収集し、ネットワークの負荷を軽減してシステムの高速化を図ることで、ファクトリ フロアとクラウドをまたぐシステム全体に大きなメリットをもたらすことを説明しています。
*このウェビナーは、ジュリオ・コラディ博士 (Dr. Giulio Corradi) が英語で行った内容の翻訳版です。日本語で配信しています。

標準 ISP の限界を超える: ザイリンクスのカスタム ISP

このウェビナーでは、次の作業を簡単に実行できることを説明しています。 人気のある ASSP と同等の Zynq SoC 製品ポートフォリオを使用したビジョン ソリューションの作成。 ASSP で対応できない高度に差別化された独自のビジョン アプリケーションの作成。ザイリンクスやエコシステムが提供するカスタマイズ可能な IP を活用してさまざまなユースケースに対応できる柔軟性を維持しながら市場投入までの時間を短縮。ザイリンクス ツール、OpenCV や OpenVx ライブラリ、ツールキットの利用。カメラに人工知能を組み込むこと。上記の代替デバイスと比較した場合のビデオの性能指標、追加機能、および消費電力とコストのトレードオフを確認します。

Python およびニューラル ネットワーク ベースのエッジ AI で予知保全を高速化

工場、病院、およびその他の環境における重要なアセットの性能またはビヘイビアーのわずかな変化を、機械は人間よりもはるかに早い段階で識別できます。ザイリンクス製品を搭載したシステムはインテリジェンス機能を組み込むことができるため、予知保全機能を使用して生産性を最大化し、システムのダウンタイムを短縮できます。ザイリンクスが提供する Python およびニューラル ネットワーク ベースのエッジ AI ソリューションでは、ハードウェアで高速化する予知保全機能の実装が簡潔になり、アセットを継続的に監視し、データ分析して、これらのシステムをインテリジェントに管理できます。このウェビナーでは、産業用モーターを例に説明しています。

ザイリンクス Vitis を使用して、AI カメラ開発を加速 (日本語版)

ネットワーク トレーニング、ビッグデータ、および MLリサーチの急速な進歩により、「深層学習」技術の活躍が顕著になってきました。特に機械に「見る」能力を備えるエンベデッド ビジョン アプリケーションでは、非常に重要な技術です。ただし、たたみ込みニューラル ネットワーク (CNN) の推論は計算コストが高く、各推論に対して数十億回もの計算が必要です。さらに、多くのクリティカル アプリケーションでは超低レイテンシが求められ、高いフレームレートをサポートする必要があります。これらの制約のほかに、10W 未満の消費電力、高い信頼性とセキュリティ レベル、製品寿命を考慮する場合、ML 推論の性能要件に対応できる統合カメラの設計方法を紹介します。

AWS IoT でインダストリアル IoT ソリューションを加速

このウェビナーでは、ザイリンクスおよび AWS IoT の各テクノロジ スタックの概要と、インダストリアル IoT (IIoT) ソリューション開発を今すぐ開始できるように統合リファレンス デザインを提供するまでの取り組みについて説明します。 AWS IoT で実現する分散制御アプリケーションの例を用いて、有効なザイリンクス ソリューションを紹介します。これらは、ザイリンクスの Zynq UltraScale+ および Zynq 7000 SoC ハードウェア プラットフォームを利用し、さらに AWS クラウド アプリケーションのプロビジョニング、システム ダッシュボード、セキュアなクラウド通信、FPGA ベースの機械学習を活用しています。

Zynq® UltraScale+™ で産業、オートモーティブ、航空電子機器市場のクリティカリティ混在アプリケーション向けの確定的処理を実現

このウェビナーでは、Zynq® UltraScale+™ の Arm Cortex® A53 アプリケーション プロセッサ クラスターを使用してリアルタイムの非対称型マルチプロセッシング (RTAMP) を実装する方法を説明します。この方法は、シングル コア用に開発されたソフトウェアを再利用できるように、クラスターを分離/分割することによって最悪実行時間 (WCET) を改善しレイテンシを短縮します。ソフトウェア設計者は、リアルタイム コードを実行する際にシングル コアの集合体のようなアプリケーション プロセッシング クラスターを使用することを望んでいるため、産業、オートモーティブ、および航空電子機器アプリケーションではこのソリューションへのニーズが急増しています。

TSN is here! 今すぐ使える SoC ソリューションで OPEX を低減かつ生産性を向上 (日本語版)

このウェブセミナーでは、将来的なニーズに対応できるスケーラブルな TSN エンドポイントを構築するにあたり、できるだけリスクを抑えたコスト効率の高い方法を紹介します。ザイリンクス ベースの TSN エンドポイントは、モーションコントロール、機能安全、サイバーセキュリティ、機械学習などの従来の産業用イーサネットと非通信関連の両方の機能を、単一の電力効率の高い SoC で独自にサポートできます。このウェビナーでは、カスタマイズ オプション、検証/相互運用性データ、および業界で最も完全で利用可能な TSN ソリューションのアプリケーション例についても説明します。

医療機器向けエンベデッド システム開発のための確かなリスク管理手法

このウェビナーは、医療機器の設計者を対象とし、産業オートメーションやその他の高い信頼性が求められる市場で使用される機能安全手法およびサイバーセキュリティ手法について説明しています。また医療機器設計フローのリスク管理に基づく側面にザイリンクスの技術を適用し、より堅牢なデザインをできるだけ短期間に完成させる方法を紹介しています。

xfOpenCV でエンベデッド ビジョンを高速化 (日本語版)

このウェブセミナーでは、ザイリンクスが提供する xfOpenCV ライブラリとサンプル デザインについて説明し、これらの xfOpenCV ライブラリや SDSoC™ 開発環境で高速化されたカスタム CV 関数を活用する色ベースの物体検出および追跡のユース ケースを紹介します。

パワーエレクトロニクスおよび電気駆動装置向けの SiC 3 レベル インバーターおよび Finite-Set MPC

パワーエレクトロニクスの研究における主な課題の 1 つは、モジュラー マルチレベル変換器 (MMC) などの新しいトポロジをすばやく開発することです。ここでは、進歩するこれらの複雑な計算処理に対応する方法を説明しています。

Vision シリーズ

Vision with Precision シリーズ: マシン ビジョン アプリケーション (日本語版)

このウェビナーでは、ザイリンクスとそのパートナー企業が提供する豊富な IP、開発ツール、およびリファレンス デザインなどを含む充実したエコシステムを利用することで、ユーザーはマシン ビジョン市場で迅速かつ容易にビジネスの機会を掴むことができることを説明しています。

Vision with Precision シリーズ: ビジョン誘導ロボット (VGR) およびドローン アプリケーション

このウェビナーでは、VGR やドローン向けのさまざまなソリューションを紹介します。ザイリンクスのプレミア アライアンス プログラム メンバー、Xylon 社が、次世代ロボットまたはドローンの開発を促進させる有効なソリューションをいくつか紹介します。

Vision with Precision シリーズ: ビデオ監視システム (日本語版)

このウェビナーでは、エッジまたはクラウドでのリアルタイム画像処理をローカライズするタイミングに重点を置いた高度な監視システムの開発において直面する課題について説明します。ザイリンクスとそのアライアンス プログラム メンバーの Mathworks 社が提供する IP、開発ツール、およびリファレンス デザインなどを含む充実したエコシステムを利用することで、監視システム市場で新しいデザインを迅速かつ容易に構築できることを説明します。

Vision with Precision シリーズ: 医療用画像処理ソリューション (日本語版)

このウェビナーでは、ザイリンクスが高度医療画像診断システムを開発するにあたって直面する課題について説明します。ザイリンクスおよびそのアライアンス プログラム メンバーの Topic Embedded 社は、独自の開発環境 DYPLO と SOM を利用し、さらに医療向けキャリア ボードや IP などのエコシステムを利用することで、医用画像システム市場の新しいデザインをすばやく簡単に構築できることを説明します。

Vision with Precision シリーズ: 拡張現実 (AR)

このウェビナーでは、ザイリンクスとそのパートナー企業の Tractica 社が拡張現実 (AR) という新しい分野について説明し、一般的に知られているコンシューマーの例以外のユース ケースをいくつか紹介します。AR は、リアルタイムのオブジェクト認識とビジョン処理で構成される複雑なシステムです。機械学習のような新しい技術について言及しています。ソフトウェア開発者が SDSoC 開発環境とソース ライブラリを使用して、完全な AR システムをすばやくプロトタイプ化して運用る方法について説明します。

Precise, Predictive and Connected シリーズ

Precise, Predictive, and Connected シリーズ: OPC UA および TSN – スマート ファクトリ オートメーションとコネクティビティ

このウェビナーでは、スマート ファクトリ オートメーションとコネクティビティにおける Programmable SoC の役割について解説します。IIoT アプリケーションについて簡単に説明し、情報可視化技術のリーダー、Matrikon 社が発表したインダストリー 4.0 向けのデータ交換標準「OPC UA」の技術的な概要を紹介します。

Precise, Predictive, and Connected シリーズ: DDS および OPC UA – インダストリアル IoT におけるリアルタイム コネクティビティ

このウェビナーでは、IIoT エッジやそれらをつなぐコネクティビティなど、革新的なアプリケーション開発における Programmable SoC の役割について解説します。IIoT のトレンドについて簡単に説明した後、RTI 社 (IIoT Connectivity Company) のデータ配信サービス (DDS) IIoT データバス規格の概要を示し、最後に DDS および OPC-UA が IIoT システムのさまざまな接続課題に対してどのようにアプローチするのかを説明します。

Precise, Predictive, and Connected シリーズ: スマート ファクトリとコネクティビティ

このウェビナーでは、IIoT の概要を紹介し、リアルタイム コマンドと制御、センサー フュージョンと解析、セキュア コネクティビティ向けのエッジ コンピューティング分野でプログラム可能な技術を活用したスマート ファクトリ アプリケーションに焦点を当てながら解説します。主な内容は、閉鎖された独自環境からよりオープンなデータ アクセス可能なネット環境への工場の進化と、ザイリンクスのプログラマブル ロジックを活用することによる差別化の促進について簡単に説明します。

Watch Now シリーズ

今すぐ視聴 | Sony の新 SLVS-EC Standard を使用したインテリジェントで適応性のあるビジョン ソリューション

この無償ウェビナーでは、第 3 世代目以降の Pregius イメージ センサーをターゲットとするソニーの新しいインターフェイス規格「SLVS-EC」を使用する場合に知っておくべき情報をすべて提供します。SLVS-EC は、ザイリンクスの Any-to-Any コネクティビティ ポートフォリオを拡大し、機械学習、画像処理、センサー フュージョンのザイリンクス技術を使用するイノベーションを助長する規格です。

今すぐ視聴 | インダストリアル IoT 時代の近代化するオペレーター パネル

IoT の原理によって、ファクトリ オートメーションのオペレーター パネルから健康管理の患者モニターまで、あらゆるタイプのヒューマン マシン インターフェイス (HMI) の展望が変化しています。可視化された情報を持つハブには必然的にサイバーセキュリティと機能安全が備わり、クラウド データとローカル データが混在します。この無償ウェビナーでは、ザイリンクスの Zynq SoC が産業用エンベデッド プラットフォームとして業界で最も優れた選択肢であること、またセーフティ クリティカル/ノンセーフティ クリティカルな HMI で信頼性、インタラクティブ性、性能を向上させる方法を学ぶことができます。

今すぐ視聴 | 時刻ベースのセキュアなイーサネット スイッチ IP が Arm SoC を拡張し、スケーラブルなインダストリアル IoT を実現

この無償ウェビナーでは、Zynq-7000、Zynq UltraScale+ MPSoC、およびザイリンクス FPGA 向けの SoC-e 社製 Managed Ethernet Switch (MES) IP の完全イーサネット スイッチング ソリューションについて説明します。SoC のシームレスな統合により、製品のサイズ、消費電力、システム コストが削減されます。ザイリンクス Vivado ソフトウェアのグラフィカル インターフェイスを使用してこの IP を簡単に統合する方法、スイッチ コンフィギュレーション ソフトウェアの使用方法、さらには SoC-e 社の産業用グレード開発キットでデザインを検証およびテストする方法を学ぶことができます (SMARTzynq、SMARTmpsoc)。

今すぐ視聴 | 徹底したキュリティ: インダストリアル IoT 向けのエッジ デバイスからクラウドまでをカバーする業界初の統合型サイバー セキュリティ ソリューション

ザイリンクスは、業界大手の Infineon Technologies 社、Avnet 社、Mocana 社と連携して、Industrial Internet Consortium のセキュリティ フレームワークおよび Trusted Computing Group のガイドラインに従った IEC 62443 規格準拠のハードウェアおよびソフトウェアの既製ソリューションを提供しています。このウェビナーでは、IoT のセキュリティ規格の概要、エンベデッド プラットフォームの設計上の考慮事項、柔軟でクラス最高のテクノロジを提供する統合型セキュア プラットフォーム ソリューションについて説明します。

今すぐ視聴 | ザイリンクス製品と H-ROS によるロボットのモジュール化

先日、Acutronic Robotics 社は、モジュール式のロボット ハードウェアを作成するための標準化されたソフトウェア/ハードウェア エンベデッド プラットフォーム H-ROS (Hardware Robot Operating System) を発表しました。ロボット工学にモジュール方式をもたらす画期的なハードウェア デバイス「H-ROS SoM」について焦点を当てて説明します。Zynq®-7000 SoC ファミリとザイリンクスの TSN (Time Sensitive Networking) Subsystem IP コアを搭載した業界初モジュラー式ロボットと、メーカー間でのロボットのモジュラー化を可能にする技術を紹介します。

今すぐ視聴 | 電気駆動装置向けの Python を使用したエッジ解析と機械学習

このウェビナーでは、電気駆動装置アプリケーションにザイリンクスの Zynq SoC を使用する場合のメリットについて説明します。PYNQ を利用することで、ソフトウェア エンジニアやデータ サイエンティストはクラウド接続の有無にかかわらずモーターで生成されたデータから重要なオンチップのリアルタイム情報を簡単に取得できることを例をあげて説明します。PYNQ を利用した場合の主な差別化要素は、センサー データの設定可能なハードウェア プリプロセッシングであり、これによりアプリケーション ソフトウェアを最も効率的に使用できます。

AI/機械学習

Mipsology 社の Zebra とザイリンクスの Alveo を使用して低レイテンシ AI 推論を高速化

このウェビナーでは、 Mipsology 社の Zebra とザイリンクスの Alveo U50 搭載サーバーを使用することで、データセンターの機械学習アプリケーションや新しい産業向け機械学習アプリケーションで最速かつ低レイテンシの適切な CNN 推論アクセラレータを簡単に実現できることを説明しています。FPGA ベースの Mipsology Zebra は、GPU 推論に代わるシームレスなプラグアンドプレイ製品であると言える理由をご自身で確認してください。

Vitis AI を使用する適応可能な AI 推論

AI の革新に遅れることなく、エッジからクラウドまでの AI アプリケーション開発を統合したいと思いませんか?エッジ デバイスと Alveo カードの両方を含むザイリンクス ハードウェア プラットフォーム上での AI 推論開発には、ザイリンクスの Vitis AI 開発環境を活用してください。この Vitis AI には、最適化された IP、ツール、ライブラリ、モデル、サンプル デザインが含まれます。このウェビナーでは、Vitis AI の主なコンポーネントについて詳しく説明し、ザイリンクスのハードウェア プラットフォーム上で適応性のある効率的な AI 推論を実現する方法を説明します。

スケールアウト前に内部処理を最適化 - Swarm64 社とザイリンクスの新しいデータベース スケーリング オプション

ザイリンクスと Swarm64 社は、新しいデータベース スケーリング オプションについてのウェビナーを提供しています。FPGA ベースの並列処理でデータセンターの内部処理を最適化し、その後スケール アウトします。このウェビナーでは、CPU 以外の要素に焦点を当て、分析データベースの性能を 50 倍向上させる最も簡単な方法を紹介します。

ザイリンクス Vitis を使用して、AI カメラ開発を加速

ネットワーク トレーニング、ビッグデータ、および MLリサーチの急速な進歩により、「深層学習」技術の活躍が顕著になってきました。特に機械に「見る」能力を備えるエンベデッド ビジョン アプリケーションでは、非常に重要な技術です。ただし、たたみ込みニューラル ネットワーク (CNN) の推論は計算コストが高く、各推論に対して数十億回もの計算が必要です。さらに、多くのクリティカル アプリケーションでは超低レイテンシが求められ、高いフレームレートをサポートする必要があります。これらの制約のほかに、10W 未満の消費電力、高い信頼性とセキュリティ レベル、製品寿命を考慮する場合、ML 推論の性能要件に対応できる統合カメラの設計方法を紹介します。

SumUp を使用して非構造データを抽出および分析して重要な情報を瞬時に得る

公開コンテンツ、研究論文、電子メール、ソーシャル メディアのフィードなど、データの 80% は非構造化テキストです。 これらの情報を分析するには、膨大な時間がかかる上にすべての情報を収集できない懸念がありますが、SumUp Analytics プラットフォームを利用することですべて解決できます。

Python およびニューラル ネットワーク ベースのエッジ AI で予知保全を高速化

工場、病院、およびその他の環境における重要なアセットの性能またはビヘイビアーのわずかな変化を、機械は人間よりもはるかに早い段階で識別できます。ザイリンクス製品を搭載したシステムはインテリジェンス機能を組み込むことができるため、予知保全機能を使用して生産性を最大化し、システムのダウンタイムを短縮できます。ザイリンクスが提供する Python およびニューラル ネットワーク ベースのエッジ AI ソリューションでは、ハードウェアで高速化する予知保全機能の実装が簡潔になり、アセットを継続的に監視し、データ分析して、これらのシステムをインテリジェントに管理できます。このウェビナーでは、産業用モーターを例に説明しています。

今すぐ視聴 | 電気駆動装置向けの Python を使用したエッジ解析と機械学習

このウェビナーでは、電気駆動装置アプリケーションにザイリンクスの Zynq SoC を使用する場合のメリットについて説明します。PYNQ を利用することで、ソフトウェア エンジニアやデータ サイエンティストはクラウド接続の有無にかかわらずモーターで生成されたデータから重要なオンチップのリアルタイム情報を簡単に取得できることを例をあげて説明します。PYNQ を利用した場合の主な差別化要素は、センサー データの設定可能なハードウェア プリプロセッシングであり、これによりアプリケーション ソフトウェアを最も効率的に使用できます。

今すぐ視聴 | 開発者ウェビナー: 高速化したクラウド アプリケーションに AI を統合

Amazon EC2 クラウド環境で運用できる最近リリースされたザイリンクス ML スイートの CNN アクセラレーションについて詳しく説明します。今すぐ登録すると、このクラウド ベースのソフトウェア スタックを利用して、AWS クラウド環境で高速化されたアプリケーションの機械学習機能を開発し、検証、運用する方法を学ぶことができます。

コスト重視製品ポートフォリオ

Spartan-7 を使用するエッジ センサー フュージョン: FPGA 設計経験が不要

コストに最適化された Spartan®-7 デバイスと構築済みのイメージ シグナル プロセッサ (ISP) IP を使用して、一般的なアプリケーションから最も複雑なアプリケーションまで、あらゆる環境でセンサー フュージョンを実現させる方法について説明しています。ザイリンクスが提供する SP701 評価キットと無償のデザイン ツールを使用することで、ハードウェアで高速化された ISP とエッジ センサーを簡単に統合できます。ザイリンクスの無償デザイン ツールは、RTL を使用するハードウェアの設計経験がなくても、誰でも簡単に設計を始められます。

MiniZed 12,000 円 (税別): エンベデッド デザインのスキルをアップ

このウェビナーでは、これらの問題を解決するためにザイリンクスの Zynq®-7000S SoC を搭載した使いやすい Avnet MiniZed™ 開発キット (12,000 円: 税別) を紹介します。MiniZed キットの内容と、Wi-Fi、Bluetooth、BLE などの多数のビルトイン接続機能について学びます。ハードウェアで BSP アルゴリズムの加速、MiniZed とモバイル デバイスとのインタフェースなど、Zynq-7000S で利用できます。開発をスピードアップし、将来の設計を証明するためのツールとリソースは利用可能です。

Arty エンベデッド キットで何かすごいものを作ろう (日本語版)

このウェブセミナーでは、12,900 円 (税別) という手ごろな価格で簡単に使えるエンベデッド開発キット Arty を紹介します。Arty キットの内容、一般的なエンベデッド開発キットに対する Arty の位置づけ、迅速な開発に使用できるツール、利用可能な設計リソースを学ぶことができます。

ザイリンクス FPGA/SoC ベースの Arm Cortex-M プロセッサを使用する方法

世界で最も高く評価されているマイクロプロセッサに最大のエコシステムと世界で最も強力なプログラマブル ロジック デバイスを組み合わせると、前代未聞の柔軟性、性能、拡張性、リアルタイム性が実現します。 この組み合わせを利用することで、プロトコル サポート、I/O の拡張、ハードウェア アクセラレーションが強化され、将来的な変更にも対応できるデザインが可能になります。

今すぐ視聴 | No hardware experience? No problem! 誰でも利用できるザイリンクスの MicroBlaze プロセッサ

ザイリンクス デバイスで高性能なカスタム プロセッシング システムを簡単に構築できることを説明します。新規デザインをすばやく簡単に完成させることができるザイリンクスの MicroBlaze プロセッサ プリセットについて学びます。Vivado の IP インテグレーター ツールとサードパーティの IP ライブラリを利用することで、RTL の設計経験は必要ありません。実際、外部ペリフェラルを使用してあらゆるエンベデッド デザインのプロトタイプ作成をわずか数分で完成させることができます。さらに、リアルタイムの確定的処理や機能安全など、ザイリンクスのエンベデッド プロセッサを構築することのメリットをすべて説明します。

ソフトウェア ツール

Vitis AI を使用する適応可能な AI 推論

AI の革新に遅れることなく、エッジからクラウドまでの AI アプリケーション開発を統合したいと思いませんか?エッジ デバイスと Alveo カードの両方を含むザイリンクス ハードウェア プラットフォーム上での AI 推論開発には、ザイリンクスの Vitis AI 開発環境を活用してください。この Vitis AI には、最適化された IP、ツール、ライブラリ、モデル、サンプル デザインが含まれます。このウェビナーでは、Vitis AI の主なコンポーネントについて詳しく説明し、ザイリンクスのハードウェア プラットフォーム上で適応性のある効率的な AI 推論を実現する方法を説明します。

Vitis を利用してアプリケーションを実現

Vitis について理解し、その包括的なコア開発キット、豊富なハードウェア アクセラレーション、オープンソース ライブラリ、およびドメイン固有の開発環境について詳しく学ぶことができます。Vitis を利用してイノベーションを先取り!

Vivado: 高速デザインにおけるタイミング クロージャ テクニック

このウェブセミナーでは、Vivado 高速タイミング クロージャ テクニックでについて解説します。高速設計上の課題の要約と、複雑さと輻輳解析に加えて、設計解析手法、設計ガイドラインを紹介します。

その他

Any Media Over Any Network: ストリーミングおよびレコーディング ソリューション

このウェブセミナーでは、ザイリンクスの Zynq UltraScale+ MPSoC で、KVM アプリケーションでどのように使用されるのかを紹介します。このウェビナーでは、Zynq UltraScale+ MPSoC ファミリに焦点を当て、デバイスの内蔵 H.265/HEVC コーデックとビデオ コネクティビティおよびビデオ処理向けのザイリンクスおよびそのパートナーの IP コアが KVM 市場におけるビジネスの機会にどのように迅速かつ容易に対処できるかを紹介します。

Any Media Over Any Network: ストリーミングおよびレコーディング ソリューション

このウェブセミナーでは、ザイリンクスの Zynq® UltraScale+™ MPSoC EV で、KVM アプリケーションでどのように使用されるのかを紹介します。Zynq UltraScale+ MPSoC EV ファミリには、UHD-4Kp60 をサポートする強化マルチストリーム AVC / HEVC 同時エンコード/デコード ブロックの VCU - ビデオ コーデック ユニットが含まれています。MPSoC EV ファミリは、ファブリック内のザイリンクス、顧客、パートナー IP と組み合わせて、ストリーミングおよびレコーディング市場におけるビジネスの機会に迅速かつ容易に対応できるソリューションを提供します。

Any Media Over Any Network: ストリーミングおよびレコーディング ソリューション

このウェブセミナーでは、ザイリンクスの Zynq® UltraScale+™ MPSoC EV デバイスが、マルチ ストリーム トランスコードにどのように使用できるかを紹介します。Zynq UltraScale+ MPSoC EV ファミリには、UHD-4Kp60 をサポートする強化マルチストリーム AVC/HEVC 同時エンコード/デコード ブロックの VCU (ビデオ コーデック ユニット) が含まれています。これらのデバイスは、ファブリック内のザイリンクス、顧客、パートナー IP と組み合わせて、トランスコード市場におけるビジネスの機会に迅速かつ容易に対応できるソリューションを提供します。

Zynq UltraScale+™ MPSoC で安全で重要な共通コンピューティング プラットフォームを実現

このウェビナーでは、ザイリンクスのアライアンス プログラム メンバー、DDC-I 社と Logicircuit 社が、フレキシブルで再利用可能なソフトウェアおよびハードウェア モジュールを搭載したリコンフュギャラブルな共通コンピューティングプラットフォームとして、ザイリンクスの Zynq UltraScale + MPSoC の利点と機能を紹介します。ご覧いただいたコンセプトとソリューションは、安全性、ミッションクリティカル、および高信頼性の幅広いシステムを満たすために拡張できます。

Powered By Xilinx