航空宇宙および防衛向け 2D/3D 状況認識

リアルタイム状況認識は、今日の最新の機動性ミリタリ システムに不可欠です。Zynq®-7000 SoCs (AP SoC) では、30+ fps で解像度 2048 x 2048 の複数センサーやカメラから情報ストリームを収集し、データ キャプチャと画像処理を実行して周辺環境の 360° ビューを構築および表示できるため、このような要件が厳しいアプリケーションに対応できます。

2D/3D の画像化や 360° のサラウンド ビューは、 Zynq-7000 Programmable SoC 用のザイリンクス SmartCORE™ IP を利用して実現でき、リアルタイム画像/ビデオのインターフェイス接続、キャプチャ、プロプロセッシング、解析、表示、およびネットワーキングなどの機能をすべてシングル デバイスでサポートします。つまり、設計者は複数チップ/ボードで実現していた既存アーキテクチャをシングル デバイス/ボードに集約できるようになり、このシングル ボード ソリューションは優れた性能と SWAP-C 効果をもたらします。

ソリューションのまとめと利点

  • シングルチップで状況認識用に 360° 2D/3D サラウンド ビューを実現
  • 動的リコンフィギュレーションが可能で高度に統合された多機能 SoC は最も低いコスト ソリューションを実現 - ASSP よりもチップ数が少ない、そして ASIC コプロセッシング ソリューションよりも TCO (Total Cost of Ownership) が低い
  • 最適な HW/SW 分割による最高のシステム性能– デュアルコア ARM® Cortex™-A9 プロセッサが主要アプリケーション ソフトウェアを実行し、プログラマブル ロジックが 高性能機能に含まれる、オブジェクト検出、認識、トラッキング、分類の演算集約のハードウェア アクセラレーションを実行します。
  • 密接に統合された開発ツール フロー、SmartCore IP、ライブラリ、特化されたエコシステムの IP とソフトウェア、オペレーティング システムにより、設計の生産性が向上
  • 柔軟性に優れたプログラマブル ファブリックと IP を利用することによって、差別化が実現
situational-awareness

SmartCORE ソリューション

IP

  • 透視変換およびレンズ補正 - logiVIEW
  • Versatile ビデオ入力制御 – logiWIN
  • Scalable Video Processor (OSVP) - Omnitek
  • 3D グラフィック アクセラレーション – logi3D
  • LCD ディスプレイ コントローラー –  logiCVC-ML

リファレンス デザイン

Smarter Vision IP および リファレンス デザインをすべて表示

ハードウェア プラットフォーム

situational-awareness-benefits

プログラマブル ロジック機能

  • ピクセル単位でカメラ データをプリプロセッシング
  • 画像のキャプチャと変換
  • 画像のデワープ処理とスティッチ処理
  • モーション サーチ
  • オブジェクトの検出と分類

プロセッサ サブシステム機能

  • OS サポート : VxWorks / Integrity / Linux
  • システムの監視および管理
  • アプリケーション ソフトウェア