画像処理/認識

ザイリンクスのオートモーティブ プラットフォームは、革新的な SoC を使用する包括的なドライバー アシスタント ソリューションを提供します。高いレベルのプログラマブル システム統合により、1 つの SoC に複数の DA (ドライバー アシスタント ) 機能を統合することができ、またプロセッサ アクセラレーションを活用して、画像処理および認識アプリケーション (駐車アシスタントやバックアップ モニタリング、歩行者の検出、車線逸脱警報など) のシステム性能を向上させることができます。

  • 最少 30 フレーム/秒のスループットが必要なカメラ システムをサポートする高帯域幅
  • SoC 上のプロセッサと FPGA ファブリックにおけるハードウェアとソフトウェアの最適分割
  • 単一プラットフォームに複数機能をバンドルおよびカスタマイズできる拡張性がある
  • 規格が進化するにしたがって、その分野の機能をアップグレードおよび変更できる柔軟性がある
  • ハードウェア プラットフォーム、ライセンス ベース IP、アプリケーション ソフトウェア、およびデザイン サービスを利用できるため、開発期間を短縮できる.

画像処理/認識

クリックして拡大

 

 

従来型のコプロセッシング システムの場合、標準的な DA システムの必要なハードウェアとソフトウェア機能をすべて実行するには、複数チップを使用する必要がありますが、ザイリンクス オートモーティブの SoC は、複数の DA 機能を含むすべての機能を 1 つのデバイスで実現します。

 

 

画像認識

クリックして拡大

1 つのチップで 4 つのカメラをサポートするザイリンクスのオートモーティブ プラットフォーム SoC は、シングル デバイスに複数の DA 機能をバンドルし、複数カメラのサポートと画像認識機能を提供します。