ブロードキャスト テクノロジ

broadcast-bnr

ザイリンクスは、4K/フルハイビジョンおよび 8K/スーパー ハイビジョン対応のブロードキャスト業界をリードするソリューション (「any to any」ビデオ コネクティビティ、プログラマブル ビデオ プロセッサ、開発ボード) を提供しています。ザイリンクスの顧客ユーザーの多くは、ブロードキャスト装置業界のリーダーであり、賞を獲得した技術を生み出しています。

カード / コンバーター

システム インテグレーターは、異なるプロトコル間をブリッジしたり、ブロードキャスト システム用ソリューションを構築するとき、あるいはイベント用に多様な A/V 製品をつなぎ合わせるときに、装置間のビデオ フォーマットを変更する必要があります。異なるメディア転送プラットフォームに対応するには、頻繁にビデオ フォーマットを変換する必要があります。ザイリンクスは、広範な IP 製品ポートフォリオ、リファレンス デザイン、およびハードウェアを提供し、アップ/ダウン/クロス コンバーター、ビデオ コンバーター、およびビデオ プロセッシング カードを使用する迅速な市場化をサポートしています。

アップ/ダウン/クロス コンバーターは、主にビデオ データの処理およびスケーリングを行い、異なる色空間とアスペクト比において SD/HD/4K からフォーマットを変更するため、SDI、12G-SDI、HDMI および DisplayPort などの多様なコネクティビティ インターフェイスを統合しています。コンバーター ボックスは、異なるコネクティビティ規格をブリッジングしてデバイス間をつなげる役割を果たし、プロセッシング機能は強化しません。ビデオ プロセッシング カードには、さまざまなアルゴリズムが含まれていますが、一般的にはコネクティビティ インターフェイスで統合されたマルチチャンネルのビデオ プロセッシング パイプラインが含まれています。また、多くの場合にはプロダクション環境でホスト プロセッシングへアクセスするための PCIe ストリーミング DMA が含まれています。

ザイリンクスおよびそのパートナー企業は、Kintex®-7 FPGA、Zynq®-7000 SoC、および UltraScale+™ MPSoC で可能な 4K 対応のマルチチャンネルを備えた、これらのすべての機能用に多数の構築ブロックを提供しています。

ザイリンクス ソリューションで開発を始める

カテゴリ

機能

ザイリンクス ソリューション

コネクティビティ

SMPTE UHD-SDI
HDMI
DisplayPort
SMPTE 2022

SMPTE UHD-SDI
HDMI 1.4/2.0
DisplayPort 1.2
SMPTE 2022-5,6

ビデオ アルゴリズムとエフェクト

複数のビデオ パイプライン
独自の DVE (デジタル ビデオ エフェクト)
スケーリングおよびデインターレーシング
ビデオ オーバーレイ/オンスクリーン ディスプレイ
PCIe ストリーミング DMA コントローラー

Omnitek OZ745 ビデオ開発キット
Inrevium ビデオ開発キット
リアルタイム ビデオ エンジン
Omnitek スケーラブル ビデオ プロセッサ
Omnitek PCIe ストリーミング DMA コントローラー
ザイリンクス ビデオ処理サブシステム

ルーター / スイッチャー
switcher-and-router

ルーターおよびスイッチャー向けのザイリンクス Solution は、複数チャンネルのオーディオおよびビデオをサポートします。システム開発者は、これを利用することによって、非常に高密度なソリューションを構築して、従来装置よりもラックやフロア スペースを節約できます。ライブ イベントなどのアプリケーションでは、最小限のレイテンシで最高画質のリアルタイム ビデオ処理が不可欠となります。また、特に熱管理が重要な要因となる大規模のマルチラック システムでは、消費電力も考慮すべき問題となります。

ザイリンクスの Zynq®-7000 SoC および Kintex® UltraScale™ FPGA では、高密度で多チャンネル スイッチ マトリクス備えた最高画質リアルタイム ビデオ プロセッシング システムを作成でき、エネルギー効率要件を満たすことができます。ザイリンクス ソリューションでは、多様なビデオ アルゴリズムおよび UHD-SDI や HDMI などのコネクティビティ要件に対応できる柔軟で拡張性に優れたシステムを実現できるため、ブロードキャスト市場に革新性をもたらすことができます。

ザイリンクス ソリューションを用いて設計したブロードキャスト ルーター/スイッチャーは、1 つの 1M/E を使用する小規模な地方支局向けのシンプルな 8x8 ルーターから、複数の 1M/E ~ 4M/E スイッチャー デッキを使用する大規模放送設備の最大1152 x 1152 ルーターまで、放送業界のニーズに応えるように設計および拡張できます。

ザイリンクス ソリューションで開発を始める

カテゴリ

機能

ザイリンクス ソリューション

コネクティビティ

SMPTE UHD-SDI
HDMI
DisplayPort
SMPTE 2022

SMPTE UHD-SDI
HDMI 1.4/2.0
DisplayPort 1.2
VCXO の削除
SMPTE 2022-5,6

ビデオ アルゴリズムとエフェクト

複数のビデオ パイプライン
独自の DVE (デジタル ビデオ エフェクト)
スケーリングおよびデインターレーシング
ビデオ オーバーレイ/オンスクリーン ディスプレイ
PCIe ストリーミング DMA コントローラー

Omnitek OZ745 ビデオ開発キット
Inrevium Video Development Kits
RTVE (リアルタイム ビデオ エンジン )

Omnitek スケーラブル ビデオ プロセッサ
Omnitek PCIe ストリーミング DMA コントローラー
ザイリンクス ビデオ処理サブシステム

4K / 8K カメラ

画像解像度やフレーム レートが HD や 60fps よりさらに進化すると共に、カメラやカムコーダーなどは、限られたスペース内でリアルタイム イメージやビデオ プロセッシングを実行しなければなりません。さらに、ワークフローの効率化やコンテンツの収益化のために、ビデオ解析/メタデータ アクイジションなどの新機能を搭載する必要があります。ASIC と FPGA にプロセッサを組み合わせる従来のソリューションでは、システムが複雑化し、消費電力や熱放射も増加してしまいます。

Kintex®-7 FPGA、Zynq®-7000 SoC、および UltraScale+™ MPSoC は、4K2K および 8K4K センサー (MIPI 経由) からの高速コネクティビティを統合し、All Programmable な画像/ビデオ プロセッシング パイプライン、さらには必要な場所 (一般的には ENG カメラのワイヤレス伝送や SD カード/SATA のローカル ストレージ) にロスレス エンコーダを使用して、差別化を図ることができます。これらはすべて少ないデバイス数で実現可能なため、ボード スペース、コスト、消費電力が大幅に削減されます。

ザイリンクス ソリューションで開発を始める

カテゴリ

製品

ザイリンクス ソリューション

コネクティビティ

SMPTE UHD-SDI
HDMI
DisplayPort
SMPTE 2022

SMPTE UHD-SDI
HDMI 1.4/2.0
DisplayPort 1.2
SMPTE 2022-5,6

ビデオ処理

複数のビデオ パイプライン
スケーリングおよびデインターレーシング
ビデオ オーバーレイ/オンスクリーン ディスプレイ

Omnitek OZ745 ビデオ開発キット
Inrevium ビデオ開発キット
リアルタイム ビデオ エンジン
Omnitek スケーラブル ビデオ プロセッサ
ザイリンクス ビデオ処理サブシステム

画像処理

画像パイプライン
画像解析
MIPI

NorthWest Logic MIPI DSI Controller

コーデック

AVC/H.264
HEVC/H.265
メザニン圧縮
Barco Silex VC-2 LD

IBEX AVC/H.264 Encoder
intoPIX TICO
VC-2
すべてのコーデック