計算用ストレージ

高速ストレージが普及し、データ通信量の多いアプリケーションの性能要件が高まるにつれて、従来のアーキテクチャでは CPU、メモリ、ストレージなどさまざまな面で課題が生じています。

Computational Storage

次世代データセンターで未来のイノベーションを実現

データの格納場所近くで情報を処理させることで、TCO の削減とシステム レベルの計算高速化を可能にします。

飛躍的な性能向上

さらなる低消費電力化

予測可能で低いレイテンシ

ザイリンクス ソリューションの利点

データ近くで計算処理することでシステム レベルのデータ処理問題を解消し、並列処理を増加してシステム全体の消費電力を削減します。

計算用ストレージ ドライブ

  • 処理動作を SSD に移動することで、システム レベルのボトルネックを解消
  • ストレージで性能向上
  • パートナーの評価によると、レイテンシは最大 1/5 に短縮、性能は 10 倍向上

計算用ストレージ アレイ

  • ストレージの統合 - 最大 50% のコスト削減
  • 共有ストレージにより、必要なデータ コピーが削減
  • ストレージの仮想化
  • インフラ密度が高まり、消費電力が削減

分離ストレージ

  • NVMe over fabric 用のオフロード機能、ターゲット RNIC を統合 (RoCE v2 プロトコル)
  • アクセラレータ: 消失訂正符号、RAID、圧縮、ハッシュ/重複排除
  • カスタマー ロジック

サムスン社の SmartSSD

サムスン電子は、ザイリンクス (FPGA) ベースの SSD「SmartSSD」を発表しました。フラッシュ ストレージの近くで高性能な高速演算を可能にすることで、CPU を使用せずにメモリによる制限も回避できます。ザイリンクス FPGA を搭載したサムスンの SmartSSD® Computational Storage Drive (CSD) は、インテリジェンス機能をデータの近くに配置することで高速化、効率化、運用コストの削減を実現しています。

詳細

Pliops 社の Extreme Data Processor (XDP)

AMD ザイリンクスのアダプティブ コンピューティング技術で構築した Pliops 社の Extreme Data Processor (XDP) は、超高性能 DFP (Drive Failure Protection) とインライン圧縮機能を提供するため、NVMe SSD を利用するアプリケーションに最適です。これらの機能により、CPU が計算負荷の高いストレージ タスクから解放され、インフラの信頼性、アプリケーションの性能、ストレージ容量、演算効率が向上します。

Redis デプロイメント    DFP (Drive Failure Protection)

ザイリンクスの展望

計算用ストレージにより計算処理をデータへ近づけることで、アプリケーションの性能向上やインフラ全体の効率化を図ります。

視聴

アプリケーションおよびライブラリ

ザイリンクス FPGA でビッグデータ、データベース、および HPC アクセラレータ向けの最先端のアプリケーションを構築

すべてのアプリケーション & ライブラリを表示

今すぐ始めよう

ザイリンクスのエコシステム パートナーを活用、または独自のアプリケーションを開発

リファレンス アプリケーション & ライブラリ カタログ

> エコシステム パートナーのアプリケーションを検討する。

View リファレンス アプリを表示>

ザイリンクス アプリ ストア

> コンテナー化されたアプリの評価とデプロイを開始

今すぐ評価>

独自のアプリケーションを開発

> Vitis™ 統合ソフトウェア プラットフォームについての情報。

Vitis 統合ソフトウェア プラットフォーム>

クラウドのテスト ドライブを利用

> クラウドでアクセラレータ カードを利用してワークフローを高速化する。

VMAccel クラウドで実行>

最新情報を入手

計算用ストレージ デバイスの最新情報を入手するには登録が必要です。

登録