データ センター ストレージ

データ センターのストレージがソリッド ステートへ移行

SSD (solid-state disk) は、メモリをローテートさせるよりも、優れたパフォーマンスと消費電力を提供するため、すぐに一流データ センターのストレージとして採用されるストレージ媒体となりました。データ センターや企業向けの SSD は、厳しいパフォーマンス要件とデータの完全性要件を満たさなければなりません。これは量産コンシューマー SSD 市場向けの ASSP では対応できません。企業向け SSD コントローラーには、一般消費者向け SSD コントローラーにインプリメントされるものより複雑なウェアレベリング、ECC 機能、そしてエラー管理アルゴリズムが必要です。また、データ センターで使用する目的の企業向け SSD は販売個数が少なすぎるため、ASIC ベース SSD コントローラーの設計にかかる莫大なコストでは利益を生むことができません。その結果、企業やデータセンター向けのストレージ アプリケーションをターゲットとする大手 SSD ベンダー各社は、次第にザイリンクスの All Programmable デバイスを使用して、これらの複雑な SSD コントローラーをインプリメントするようになりました。

SSD 設計者たち、フラッシュ メモリ (高速データ センターのストレージ デバイスとして採用されるストレージ媒体) へ高速で低レイテンシのインターフェイスを必要とし、またストレージ スペースアリーナ (例:SAS、SATA、PCIe) で使用される多くの標準インターフェイスをサポートする必要があります。ザイリンクスの All Programmable や Smarter Solution では、高速デザイン用の高度なストレージ アルゴリズムをインプリメントしたり、新しい SSD の利用を可能にするために必要な IP サポートとデバイスを提供します。

データ センター IP コア

  • Serial ATA
  • Serial Attached SCSI
  • PCIe Gen2 および Gen3
  • QuickPath Interconnect (QPI)
  • Serial Rapid I/O
  • AES および DES 暗号方式
  • LZRW3 データ圧縮
  • IPSEC および MACSEC セキュリティ プロトコル
  • 低レイテンシ イーサネット MAC

デザイン サンプル