1080p60 HD 医療用内視鏡

予防医学および低侵襲手術の進歩に伴い、内視鏡システムの高性能化が求められています。従来の複数チップ インプリメンテーションで最新の内視鏡に求められる高帯域幅と演算集中機能を実現するには、その犠牲としてレイテンシの問題が生じます。Zynq®-7000 SoC では、1 つのデバイスにカメラ制御装置と 1080p60 の画像処理機能を統合でき、また自動診断用の複雑なビデオ解析のハードウェア アクセラレーションも可能になります。

ソリューションのまとめと利点

  • CCD または CMOS の 1080p60 HD ビデオによって、非常にリアルな画像のキャプチャと表示が可能
  • オブジェクトの識別、比較、カウンティング、認識、位置調整、および測定などのビデオ解析用ハードウェア アクセラレーションによってシステム性能が向上
  • プロセッサと画像処理機能がシングルチップに統合されるため、BOM コストと消費電力を削減できる
  • イメージ/ビデオ処理、解析、カメラ制御機能が 1 つのデバイスに統合され、ハードウェアとソフトウェアが最適に分割されることによって、レイテンシやボトルネック問題が解消される
  • 複数のコネクティビティ規格をサポート - SDI、SATA、USB、HDMI、Ethernet などその他多数
  • ネットワーク上のビデオ伝送用に 1080p60 ビデオ エンコーダーをサポート
  • OpenCV、Vivado® 高位合成、および IP インテグレーターを使用する密接に統合された開発ツール フローにより、設計の生産性が向上
  • SmartCore™ IP、特化したエコシステム IP やソフトウェア、およびオペレーティング システムを使用して、統合時間を短縮
medical-endoscope

SmartCORE ソリューション

IP

  • フレーム グラバー - logiWIN Versatile Video Input、logiBAYER Color Camera Sensor Bayer Decoder
  • レンズ歪み補正、回転 - logiVIEW Perspective Transformation and Lens Correction Image Processor
  • Scalable Video Processor (OSVP) - Omnitek
  • オンスクリーン ディスプレイ  -  EF-DI-OSD-SITE
  • マルチレイヤー ディスプレイ コントローラ - logiCVC-ML
  • 2D/3D GPU - logiBITBLT、logiBMP、logi3D
  • H.264 エンコーディング - CoreEL

リファレンス デザイン

Smarter Vision IP および リファレンス デザインをすべて表示

medical-endoscope-benefits

プログラマブル ロジック機能

  • オブジェクト識別のハードウェア アクセラレーション
  • スケーラーおよびオンスクリーン ディスプレイ機能
  • フレーム グラバーおよびマルチレイヤー ディスプレイ機能
  • 2D/3D GPU
  • レンズ歪み補正、動画の回転
  • 高速データ受信 (SDI)
  • 1080p60 ビデオ エンコーディング

プログラマブル ロジック機能

  • OS – VxWorks、QNX、Linux、Windows Embedded Compact、Android
  • Frame buffer、DirectFB、Qt、V4L2、OpenGL ES 1.1 のサポート
  • ビデオ解析
  • ペリフェラル管理