携帯型超音波装置

超音波装置が病院内から患者のもとへと持ち運ばれるようになり、メーカーにとってはその性能を維持しながら小型化を実現することが今後の課題となっています。TX/RX のビーム フォーミング性能を達成することだけではなく、リアルタイム画像処理および解析をできる限り低電力で実行してバッテリー寿命を延長させることも重要です。複数の ASSP、ASIC、および FPGA を使用する従来ソリューションでは、必然的に消費電力が高い複雑で大規模なデザイン レイアウトとなり、リチウム イオン電池を使用します。ザイリンクスの Smarter Solution では、ビーム フォーミングやビデオ エンコーディング用のファブリック アクセラレーションと省電力のデュアル コア ARM プロセッサによる解析機能を統合できます。

Zynq®-7000 SoC を利用することによって、統合性の高いソリューションが実現し、その結果、BOM コストおよび消費電力を抑えることができます。Zynq は、RX/TX ビームフォーミング、HMI タッチ スクリーン制御、ビデオ解析、およびグラフィカル ユーザー インターフェイス (高精細画像処理、高速コネクティビティ、高性能ビデオ インターフェイスとストレージ コネクティビティ、ビデオ コーデック) を統合して、携帯型超音波機器のニーズに対応します。

ザイリンクスの Smarter Solution には、FPGA および SoC のほかに、それぞれの市場ニーズに対応するためにカスタマイズ可能な SmartCORE および LogiCORE™ IP コアが多数含まれます。Vivado HLS (高位合成) や IP インテグレーターを使用する高度な統合開発ツール フローを提供するザイリンクスの Vivado® Design Suite は、従来の ASIC や ASSP ソリューションよりも低リスク低 TCO (総保有コスト) で優れた差別化製品を市場へ投入するための迅速かつ柔軟な手段を提供します。

このアーキテクチャでは、ザイリンクスの SmartCORE™ IP、LogiCORE IP、およびアライアンス プログラム メンバーの IP をパラメーター指定して、携帯型超音波装置のニーズに対応できることを示しています。

zynq-single-chip-ultrasound

主な機能:

  • 解像度
    • HD
    • フル HD
  • フレーム レート
    • 最大 30fps
  • エンコーディング
    • H.264 AVC Intra
    • H.264 IPB Long GOP
    • H.265 / HEVC
  • ストレージ
    • HDD 用 SATA
    • USB3.0
    • SD カード
  • ビデオ インターフェイス
    • Triple-rate SDI
    • HDMI
    • DisplayPort
    • SMPTE 2022
    • 10GbEthAVB
portable-ultrasound-benefits

カメラ向けザイリンクス Smarter Solution の内容は、次のとおりです。

  • Video Scaler SmartCORE IP
  • Pixel Correction SmartCORE IP
  • Optical Compensation SmartCORE IP
  • SMPTE 2022 -5/-6 SmartCORE IP
  • DisplayPort LogiCORE IP
  • Color Filter Array LogiCORE IP
  • Color Space Converter LogiCORE IP
  • IEEE AVB (Audio Video Bridging) LogiCORE IP
  • Gamma Correction LogiCORE IP
  • Image Statistics LogiCORE IP
  • HDMI に関するアプリケーション ノート
  • 1080p60 リアルタイム カメラのリファレンス デザイン
  • リアルタイム ビデオ エンジン 2.1 リファレンス デザイン
  • Video over IP のリファレンス デザイン (Barco-Silex 社)
  • Omnitek OZ745 ビデオ開発キット