携帯型超音波装置

Kintex™-7 70T FPGA は、チップスケール パッケージングで、高い I/O バンド幅の 114 GMACS DSP プロセッシングを実現できるため、フロントエンドおよびバックエンドの超音波プロセッシングに効果的です。設計者は、高性能カート ソリューション向けに 196 または 256 チャネルへ拡張、あるいは小型フォームファクタ向けに 64 または 32 チャネルへ縮小できる完全プログラム可能な 128 チャネルの超音波装置を開発できます。

  • Kintex-7 70T FPGA を 5 つ使用して構築する 128 チャネル インプリメンテーションは、前世代 FPGA と比較して 44% の電力削減と 57% 小規模なフォームファクタが可能
  • Kintex-7 70T FPGA は、240 個の DSP スライスを使用して 144GMACS を実現 (対称フィルタの場合は 288GMACS)
  • PCIe® Gen1/Gen2 x8 のビルトイン サポート機能によって、ホスト システムとのインターフェイスに高バンド幅が可能
  • 小型フォーム ファクタのチップスケール パッケージング

Kintex-7 70T FPGA を 5 つ使用した 128 チャネル携帯用超音波装置

クリックして拡大