2x100G マックスポンダ

次世代 100G マックスポンダに対応する CFP2 光モジュールのサポートは、業界で求められるコストと性能ニーズを満たす上で不可欠です。Virtex® UltraScale™ デバイスは、豊富な 28G トランシーバー、高度なクロッキングと配線技術、オンチップ VCXO、および SmartCORE™ IP を利用できるため、シングルチップで 2x100G データ パスを構築できます。

ソリューションのまとめと利点

  • CFP4 モジュールに対応するために多数の 28G トランシーバーを搭載することで、次世代光モジュールの統合と高いポート密度が実現
  • 多数の VCXO オシレーターを統合し、25 個以上のクロッキング デバイスに対応
  • 強化されたクロッキングと配線技術、およびデータ処理の最適化機能によって、シングル デバイスで 2x100G スループットが可能
  • SmartCORE IP (ITU G.709 GFEC、OTU4 Framer、および 100G Single Stage Mux) で迅速なインプリメンテーションが可能
07_Virtex_CS1423_100G_Muxponder-COMBO_063014

UltraScale アーキテクチャの利点

  • 非常に高い I/O 帯域幅
    • 200G イングレスおよびエグレス
    • 28G で 8 チャネル、10G で 20 チャネル
  • 大容量データ フローおよび配線
    • 200G シングル チップ データパス
  • ASIC のようなクロッキング
    • ローカライズされたクロッキング アーキテクチャ - IP インターフェイス (20 以上の個別クロック ドメイン) をサポートするために必要
    • 必要なトランシーバーの基準クロックは 1 つのみ - fPLL を使用
  • シングルチップに統合
    • 高集積であるため、シングルチップへの移行が可能