無線バックホール

Artix®-7 FPGA は、効率的なモバイル バックホール ソリューションを設計するための、コスト効果の高いプラットフォーム デバイスです。これらのデバイスは、SmartCORE™ IP を採用し、最適な組み合わせのロジック、IP、および DSP リソースが備わっているため、ASIC や ASSP ソリューションよりも柔軟性があり、BOM コストや総消費電力を抑えることができる総合的なバックホール ソリューションです。

ソリューションのまとめと利点

  • 無線モデムの信号処理に最大 930GMACS (対称フィルター)
  • 最大 1,066 Mb/s DDR3 メモリ インターフェイスによって、汎用メモリを使用するデータ バッファーが可能
  • 最大 16 個の 6.6Gb/s トランシーバーは、JEDEC JESD204B 準拠のデータ コンバーターを介してイーサネット リンクおよび RF リンクの両方へ接続可能
  • パケット処理、トラフィック管理、およびマイクロ波や V-Band/E-Band ベースバンド モデム用のすぐに使える IP で迅速な開発が可能
wireless-backhaul