プラットフォームおよびリポジトリの管理

SDx™ 環境には、ビルトイン プラットフォームが含まれます。プロジェクトにカスタム プラットフォームを使用する必要がある場合は、アプリケーションのインプリメンテーションでそのプラットフォームを使用できるようにしておく必要があります。

開いているプロジェクトからプラットフォームおよびリポジトリを管理するには、[Project Settings] ウィンドウのプラットフォームの [General] パネルで [Platform] リンクの横にある参照ボタン () をクリックします。ビルド スクリプトを使用する場合は、該当するプラットフォームを参照するようコマンド ラインを変更します。

図: SDSoC プラットフォームの参照

[Hardware Platforms] ダイアログ ボックスが開き、使用可能なプラットフォームおよびプラットフォーム リポジトリを管理できます。

図: プラットフォームの選択

[Add Custom Platform]
ユーザーのプラットフォームを使用可能なプラットフォームのリストに追加します。カスタム プラットフォームの最上位ディレクトリを選択して、[OK] をクリックすると、新しいプラットフォームが追加されます。カスタム プラットフォームは、すぐに使用可能なプラットフォームのリストから選択できるようになります。[Xilinx] > [Add Custom Platform] をクリックし、ツールにカスタム プラットフォームを直接追加します。
[Manage Repositories]
標準プラットフォームとカスタム プラットフォームを追加または削除します。カスタム プラットフォームを追加すると、その新しいプラットフォームへのパスがリポジトリに自動的に追加されます。リポジトリのリストからプラットフォームを削除すると、使用可能なプラットフォームのリストからプラットフォームが削除されます。
[Add Devices/Platforms]
インストールするザイリンクス デバイスおよびプラットフォームを管理します。インストール時にデバイスまたはプラットフォームを選択しなかった場合、このコマンドを使用して後から追加できます。このコマンドをクリックすると、SDx インストーラーが起動し、追加するデバイスまたはプラットフォームを選択できます。[Help] > [Add Devices/Platforms] をクリックし、ツールにカスタム プラットフォームを直接追加します。