SDSoC 環境でのトラブルシューティング

SDSoC™ 環境を使用する際に発生する一般的な問題は、次のとおりです。

  • コンパイル/リンク時のエラーは、ソフトウェア コンパイラで検出される典型的なソフトウェア構文エラー、またはデザインがターゲット プラットフォームには大きすぎるなどの SDSoC 環境フロー特有のエラーが原因で発生します。
  • ランタイム エラーは、ヌル ポインター アクセスなどの一般的なソフトウェアの問題、またはアクセラレータとの誤データ転送などの SDSoC 環境特有の問題が原因で発生します。
  • アクセラレーションに使用したアルゴリズムの選択、アクセラレータとのデータの送受信にかかる時間、およびアクセラレータとデータ モーション ネットワークの実動作速度などが原因で、パフォーマンスの問題が発生する可能性があります。
  • プログラムの動作の問題の原因は、アルゴリズムの目的をインプリメントできないコードの論理的なエラーである可能性があります。