プラットフォーム DSA の編集

ベース プラットフォームのコピー

まず、SDSoC ベース プラットフォームの 1 つのプラットフォーム特有のファイルを見つけます。このファイルは SDSoC ソフトウェアをインストールすると含まれ、通常は <SDx_Install_Dir>/platforms に含まれます。たとえば、ZCU102 プラットフォームのファイルは、<SDx_Install_Dir>/platforms/zcu102 に含まれます。

ヒント: platforms フォルダーをコピーしておいて、ソフトウェア インストールからの元のプラットフォームではなく、コピーの方を編集するようにしてください。ただし、ファイルのパーミッションのために、インストール ファイルを直接変更できないことがあります。

プラットフォーム DSA を開く

プラットフォームの DSA ファイルは、プラットフォームの ./hw フォルダーに含まれます。たとえば、ZCU102 プラットフォームの DSA ファイルは、zcu102/hw/zcu102.dsa に含まれます。

次のプロセスを使用して Vivado Design Suite で DSA を開きます。
  1. Vivado Design Suite を起動します。
    source <SDx_Install_Dir>/settings64.csh
    vivado & 
  2. Vivado IDE の [Tcl Console] ウィンドウに次のように入力し、DSA を開きます。
    open_dsa <path_to_dsa>/zcu102.dsa

新しいプロジェクトが現在の作業ディレクトリに作成され、ブロック デザインが Vivado IP インテグレーターで開きます。DSA ファイル内のブロック デザインには、編集している元のプラットフォームからの名前が付いています。この段階では、作成している新しいプラットフォームの名前に合うようにブロック デザインの名前を変更する必要があります。

メイン メニューから [File] > [Save Block Design As] をクリックし、ブロック デザインの名前を変更します。

ヒント: [Save Block Design As] コマンドを使用すると、新しいブロック デザインが現在のプロジェクトに追加されます。

元のブロック デザインの削除

元のブロック デザインおよびラッパーをプロジェクトから削除するには、[Sources] ウィンドウを開いて、ラッパーを展開して、元のブロック デザインの中を表示します。ラッパーおよびブロック デザインの両方を選択します。右クリックし、[Remove File from Project] を選択します。

図: プロジェクトからのファイルの削除

これでプロジェクトから HDL ラッパーと元のブロック デザインが削除されます。[Remove Sources] ダイアログ ボックスで [Also delete the project local file/directory from disk] チェック ボックスをオンにしてファイルを完全に削除します。新しいブロック デザインはプロジェクト内に残ったままになるので、次の段階に進んで、プロジェクトのターゲット パーツを変更します。

ヒント: HDL ラッパーを削除すると、プロジェクトの最上位デザイン モジュールがないので、[Invalid Top Module] ダイアログ ボックスが開きます。[Ignore and continue with invalid top module] をオンにして [OK] をクリックします。

プロジェクト パーツの変更

この段階で、プロジェクト設定を編集して、プロジェクトのターゲット パーツを変更できます。Flow Navigator の [Project Manager] メニューの下の [Settings] をクリックします。[Settings] ダイアログ ボックスが開き、現在のプロジェクト デバイスが次に示すように表示されます。

図: [Settings] ダイアログ ボックスの [General] ページ

[Project device] フィールドの [Browse] ボタンをクリックして、[Select Device] ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスから、プロジェクトのボードまたはパーツを選択できます。[Select Device] ダイアログ ボックスの一番上で [Parts] タブをクリックすると、次の図のように使用可能なパーツがリストされます。表示されるパーツは、[Category]、[Family]、[Package] などでフィルターできます。[Search] フィールドを使用しても、表示されたパーツを検索文字列でフィルターできます。

たとえば、xczu9eg-ffvb1156-2-i デバイスのように、デザインに新しいプロジェクト パーツを選択します。

図: デバイスの選択

プロジェクト設定をボード フローからパーツ ベース フローに変更すると、デザイン内のすべての IP が停止され、ロックされ、アップグレードを必要とします。これは、ブロック デザインの一番上の黄色のバナーで示されます。プロジェクトのターゲット パーツを変更すると、現在の IP のカスタマイズが期限切れになります。このため、IP がロックされるので、アップデートしてデザインの新しいパーツにターゲットを変更する必要があります。

ヒント: また、メジャー リビジョンやマイナー リビジョンなどのようなその他の理由で、IP がロックされ、アップデートする必要があることもあります。

図: ロックされた IP を示すバナー

バナーの [Report IP Status] リンクをクリックします。IP ステータス レポートが開きます。レポートのすべての IP を選択し、[Upgrade Selected] をクリックします。

デザイン内の IP がアップでグレードされると、[Generate Output Products] ダイアログ ボックスが表示されます。[Generate] をクリックします。これで、ブロック デザイン内に含まれる IP に必要な HDL ファイルの生成が始まります。出力ファイルが生成されるまで待ちます。[Design Runs] ウィンドウには、アウト オブ コンテキスト モジュール run のステータスが表示されます。

プラットフォーム プロパティの編集

ブロック デザインでは、プラットフォーム (PFM) インターフェイスおよびプロパティの定義で説明するように、プラットフォーム プロパティを定義する必要があります。このトピックを確認し、何をする必要があるのかの詳細を参照してください。

プラットフォーム プロパティは、Vivado メニュー バーから [Window] > [Platform Interfaces] をクリックし、[Enable platform interfaces] リンクをクリックすると表示できます。これで、アップデートする必要がある可能性のある既存のプラットフォーム プロパティが表示されます。

ヒント: 元のブロック デザインで定義されるプラットフォーム プロパティは、[Save Block Design As] コマンドを使用して作成した新しいブロック デザインに引き継がれます。プラットフォーム プロパティは、プラットフォームが正しく定義されるように設定し直す必要があります。

次の図に示すように、[Platform Interface] ウィンドウで最上位プラットフォームを選択します。[Platform Interface] ウィンドウで最上位プラットフォームを選択すると、次の図に示すように [Platform Properties] ウィンドウが開きます。

図: 最上位プラットフォームの選択

[Platform Properties] ウィンドウには、名前、ベンダー、ボード、およびバージョンなどのプロパティが表示されます。これらは、カスタム プラットフォームを定義するため、必要に応じて変更できます。[Vendor] フィールドで会社名またはこのプラットフォームのベンダーに該当する名前を指定します。

重要: プロパティが現在のプロジェクトに書き込まれるようにするには、[Platform Properties] ウィンドウで少なくとも 1 つのフィールドを変更する必要があります。これは、DSA で必ず実行する必要があります。
[Platform Properties] を変更したら、次のようなコマンドが [Tcl Console] ウィンドウに書き込まれます。
set_property pfm.name my_platform [get_files ...]
set_property dsa.name "my_platform" [current_project]
set_property dsa.vendor "xilinx.com" [current_project]
set_property dsa.board_id "lib" [current_project]

[Platform Interfaces] ウィンドウで、クロッキング プロパティ、インターフェイス プロパティ、および割り込みプロパティがプラットフォーム インターフェイス プロパティのコンフィギュレーションで定義したようになっているかを確認します。

プラットフォーム プロパティを定義したら、ブロック デザインを検証します。これには、[Tcl Console] ウィンドウに次のように入力します。

validate_bd_design -include_pfm -force

プラットフォーム DSA の記述

この段階では、ブロック デザインの HDL ラッパーを作成し、デザインのビットストリームを生成し (合成およびインプリメンテーション後)、ハードウェア記述ファイルをエクスポートし、DSA ファイルを記述して、SDSoC で使用できるようにします。

[Sources] ウィンドウでブロック デザインを右クリックし、[Create HDL Wrapper] を選択し、新しい HDL ラッパーを作成します。[Create HDL Wrapper] ダイアログ ボックスで [Let Vivado manage wrapper and auto-update] をオンにし、[OK] をクリックします。

ラッパーが作成されたら、[Sources] ウィンドウでそのラッパーを右クリックし、[Set as Top] コマンドを選択し、これをプラットフォーム デザインの最上位として指定します。

Flow Navigator で [Generate Bitstream] をクリックします。Vivado ツールで、インプリメンテーション結果がないことが示され、合成およびインプリメンテーションを実行するかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。[Yes] をクリックします。[OK] をクリックして、run を開始します。

プラットフォームのビットストリームが生成されたら、[File] > [Export] > [Export Hardware] をクリックし、プロジェクトのハードウェア記述ファイルを記述します。[Export Hardware] ダイアログ ボックスで [Include bitstream] を選択します。

これで新しいプラットフォーム DSA が作成でき、このプロセスの最初に開いた元の DSA ファイルと置き換えられるようになりました。[Tcl Console] ウィンドウで次のコマンドを使用して、DSA を記述して検証します。
write_dsa -force -include_bit <path_to_platform>/my_platform.dsa
validate_dsa my_platform.dsa

プラットフォーム DSA ファイルをエクスポートしたら、DSA を新しいプラットフォーム プロジェクトをインポートして、ソフトウェア プラットフォーム エレメントを定義 (次のセクションで説明) できるようになりました。

プラットフォーム DSA の編集

ベース プラットフォームのコピー

まず、SDSoC ベース プラットフォームの 1 つのプラットフォーム特有のファイルを見つけます。このファイルは SDSoC ソフトウェアをインストールすると含まれ、通常は <SDx_Install_Dir>/platforms に含まれます。たとえば、ZCU102 プラットフォームのファイルは、<SDx_Install_Dir>/platforms/zcu102 に含まれます。

ヒント: platforms フォルダーをコピーしておいて、ソフトウェア インストールからの元のプラットフォームではなく、コピーの方を編集するようにしてください。ただし、ファイルのパーミッションのために、インストール ファイルを直接変更できないことがあります。

プラットフォーム DSA を開く

プラットフォームの DSA ファイルは、プラットフォームの ./hw フォルダーに含まれます。たとえば、ZCU102 プラットフォームの DSA ファイルは、zcu102/hw/zcu102.dsa に含まれます。

次のプロセスを使用して Vivado Design Suite で DSA を開きます。
  1. Vivado Design Suite を起動します。
    source <SDx_Install_Dir>/settings64.csh
    vivado & 
  2. Vivado IDE の [Tcl Console] ウィンドウに次のように入力し、DSA を開きます。
    open_dsa <path_to_dsa>/zcu102.dsa

新しいプロジェクトが現在の作業ディレクトリに作成され、ブロック デザインが Vivado IP インテグレーターで開きます。DSA ファイル内のブロック デザインには、編集している元のプラットフォームからの名前が付いています。この段階では、作成している新しいプラットフォームの名前に合うようにブロック デザインの名前を変更する必要があります。

メイン メニューから [File] > [Save Block Design As] をクリックし、ブロック デザインの名前を変更します。

ヒント: [Save Block Design As] コマンドを使用すると、新しいブロック デザインが現在のプロジェクトに追加されます。

元のブロック デザインの削除

元のブロック デザインおよびラッパーをプロジェクトから削除するには、[Sources] ウィンドウを開いて、ラッパーを展開して、元のブロック デザインの中を表示します。ラッパーおよびブロック デザインの両方を選択します。右クリックし、[Remove File from Project] を選択します。

図: プロジェクトからのファイルの削除

これでプロジェクトから HDL ラッパーと元のブロック デザインが削除されます。[Remove Sources] ダイアログ ボックスで [Also delete the project local file/directory from disk] チェック ボックスをオンにしてファイルを完全に削除します。新しいブロック デザインはプロジェクト内に残ったままになるので、次の段階に進んで、プロジェクトのターゲット パーツを変更します。

ヒント: HDL ラッパーを削除すると、プロジェクトの最上位デザイン モジュールがないので、[Invalid Top Module] ダイアログ ボックスが開きます。[Ignore and continue with invalid top module] をオンにして [OK] をクリックします。

プロジェクト パーツの変更

この段階で、プロジェクト設定を編集して、プロジェクトのターゲット パーツを変更できます。Flow Navigator の [Project Manager] メニューの下の [Settings] をクリックします。[Settings] ダイアログ ボックスが開き、現在のプロジェクト デバイスが次に示すように表示されます。

図: [Settings] ダイアログ ボックスの [General] ページ

[Project device] フィールドの [Browse] ボタンをクリックして、[Select Device] ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスから、プロジェクトのボードまたはパーツを選択できます。[Select Device] ダイアログ ボックスの一番上で [Parts] タブをクリックすると、次の図のように使用可能なパーツがリストされます。表示されるパーツは、[Category]、[Family]、[Package] などでフィルターできます。[Search] フィールドを使用しても、表示されたパーツを検索文字列でフィルターできます。

たとえば、xczu9eg-ffvb1156-2-i デバイスのように、デザインに新しいプロジェクト パーツを選択します。

図: デバイスの選択

プロジェクト設定をボード フローからパーツ ベース フローに変更すると、デザイン内のすべての IP が停止され、ロックされ、アップグレードを必要とします。これは、ブロック デザインの一番上の黄色のバナーで示されます。プロジェクトのターゲット パーツを変更すると、現在の IP のカスタマイズが期限切れになります。このため、IP がロックされるので、アップデートしてデザインの新しいパーツにターゲットを変更する必要があります。

ヒント: また、メジャー リビジョンやマイナー リビジョンなどのようなその他の理由で、IP がロックされ、アップデートする必要があることもあります。

図: ロックされた IP を示すバナー

バナーの [Report IP Status] リンクをクリックします。IP ステータス レポートが開きます。レポートのすべての IP を選択し、[Upgrade Selected] をクリックします。

デザイン内の IP がアップでグレードされると、[Generate Output Products] ダイアログ ボックスが表示されます。[Generate] をクリックします。これで、ブロック デザイン内に含まれる IP に必要な HDL ファイルの生成が始まります。出力ファイルが生成されるまで待ちます。[Design Runs] ウィンドウには、アウト オブ コンテキスト モジュール run のステータスが表示されます。

プラットフォーム プロパティの編集

ブロック デザインでは、プラットフォーム (PFM) インターフェイスおよびプロパティの定義で説明するように、プラットフォーム プロパティを定義する必要があります。このトピックを確認し、何をする必要があるのかの詳細を参照してください。

プラットフォーム プロパティは、Vivado メニュー バーから [Window] > [Platform Interfaces] をクリックし、[Enable platform interfaces] リンクをクリックすると表示できます。これで、アップデートする必要がある可能性のある既存のプラットフォーム プロパティが表示されます。

ヒント: 元のブロック デザインで定義されるプラットフォーム プロパティは、[Save Block Design As] コマンドを使用して作成した新しいブロック デザインに引き継がれます。プラットフォーム プロパティは、プラットフォームが正しく定義されるように設定し直す必要があります。

次の図に示すように、[Platform Interface] ウィンドウで最上位プラットフォームを選択します。[Platform Interface] ウィンドウで最上位プラットフォームを選択すると、次の図に示すように [Platform Properties] ウィンドウが開きます。

図: 最上位プラットフォームの選択

[Platform Properties] ウィンドウには、名前、ベンダー、ボード、およびバージョンなどのプロパティが表示されます。これらは、カスタム プラットフォームを定義するため、必要に応じて変更できます。[Vendor] フィールドで会社名またはこのプラットフォームのベンダーに該当する名前を指定します。

重要: プロパティが現在のプロジェクトに書き込まれるようにするには、[Platform Properties] ウィンドウで少なくとも 1 つのフィールドを変更する必要があります。これは、DSA で必ず実行する必要があります。
[Platform Properties] を変更したら、次のようなコマンドが [Tcl Console] ウィンドウに書き込まれます。
set_property pfm.name my_platform [get_files ...]
set_property dsa.name "my_platform" [current_project]
set_property dsa.vendor "xilinx.com" [current_project]
set_property dsa.board_id "lib" [current_project]

[Platform Interfaces] ウィンドウで、クロッキング プロパティ、インターフェイス プロパティ、および割り込みプロパティがプラットフォーム インターフェイス プロパティのコンフィギュレーションで定義したようになっているかを確認します。

プラットフォーム プロパティを定義したら、ブロック デザインを検証します。これには、[Tcl Console] ウィンドウに次のように入力します。

validate_bd_design -include_pfm -force

プラットフォーム DSA の記述

この段階では、ブロック デザインの HDL ラッパーを作成し、デザインのビットストリームを生成し (合成およびインプリメンテーション後)、ハードウェア記述ファイルをエクスポートし、DSA ファイルを記述して、SDSoC で使用できるようにします。

[Sources] ウィンドウでブロック デザインを右クリックし、[Create HDL Wrapper] を選択し、新しい HDL ラッパーを作成します。[Create HDL Wrapper] ダイアログ ボックスで [Let Vivado manage wrapper and auto-update] をオンにし、[OK] をクリックします。

ラッパーが作成されたら、[Sources] ウィンドウでそのラッパーを右クリックし、[Set as Top] コマンドを選択し、これをプラットフォーム デザインの最上位として指定します。

Flow Navigator で [Generate Bitstream] をクリックします。Vivado ツールで、インプリメンテーション結果がないことが示され、合成およびインプリメンテーションを実行するかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。[Yes] をクリックします。[OK] をクリックして、run を開始します。

プラットフォームのビットストリームが生成されたら、[File] > [Export] > [Export Hardware] をクリックし、プロジェクトのハードウェア記述ファイルを記述します。[Export Hardware] ダイアログ ボックスで [Include bitstream] を選択します。

これで新しいプラットフォーム DSA が作成でき、このプロセスの最初に開いた元の DSA ファイルと置き換えられるようになりました。[Tcl Console] ウィンドウで次のコマンドを使用して、DSA を記述して検証します。
write_dsa -force -include_bit <path_to_platform>/my_platform.dsa
validate_dsa my_platform.dsa

プラットフォーム DSA ファイルをエクスポートしたら、DSA を新しいプラットフォーム プロジェクトをインポートして、ソフトウェア プラットフォーム エレメントを定義 (次のセクションで説明) できるようになりました。

プラットフォーム DSA の編集

ベース プラットフォームのコピー

まず、SDSoC ベース プラットフォームの 1 つのプラットフォーム特有のファイルを見つけます。このファイルは SDSoC ソフトウェアをインストールすると含まれ、通常は <SDx_Install_Dir>/platforms に含まれます。たとえば、ZCU102 プラットフォームのファイルは、<SDx_Install_Dir>/platforms/zcu102 に含まれます。

ヒント: platforms フォルダーをコピーしておいて、ソフトウェア インストールからの元のプラットフォームではなく、コピーの方を編集するようにしてください。ただし、ファイルのパーミッションのために、インストール ファイルを直接変更できないことがあります。

プラットフォーム DSA を開く

プラットフォームの DSA ファイルは、プラットフォームの ./hw フォルダーに含まれます。たとえば、ZCU102 プラットフォームの DSA ファイルは、zcu102/hw/zcu102.dsa に含まれます。

次のプロセスを使用して Vivado Design Suite で DSA を開きます。
  1. Vivado Design Suite を起動します。
    source <SDx_Install_Dir>/settings64.csh
    vivado & 
  2. Vivado IDE の [Tcl Console] ウィンドウに次のように入力し、DSA を開きます。
    open_dsa <path_to_dsa>/zcu102.dsa

新しいプロジェクトが現在の作業ディレクトリに作成され、ブロック デザインが Vivado IP インテグレーターで開きます。DSA ファイル内のブロック デザインには、編集している元のプラットフォームからの名前が付いています。この段階では、作成している新しいプラットフォームの名前に合うようにブロック デザインの名前を変更する必要があります。

メイン メニューから [File] > [Save Block Design As] をクリックし、ブロック デザインの名前を変更します。

ヒント: [Save Block Design As] コマンドを使用すると、新しいブロック デザインが現在のプロジェクトに追加されます。

元のブロック デザインの削除

元のブロック デザインおよびラッパーをプロジェクトから削除するには、[Sources] ウィンドウを開いて、ラッパーを展開して、元のブロック デザインの中を表示します。ラッパーおよびブロック デザインの両方を選択します。右クリックし、[Remove File from Project] を選択します。

図: プロジェクトからのファイルの削除

これでプロジェクトから HDL ラッパーと元のブロック デザインが削除されます。[Remove Sources] ダイアログ ボックスで [Also delete the project local file/directory from disk] チェック ボックスをオンにしてファイルを完全に削除します。新しいブロック デザインはプロジェクト内に残ったままになるので、次の段階に進んで、プロジェクトのターゲット パーツを変更します。

ヒント: HDL ラッパーを削除すると、プロジェクトの最上位デザイン モジュールがないので、[Invalid Top Module] ダイアログ ボックスが開きます。[Ignore and continue with invalid top module] をオンにして [OK] をクリックします。

プロジェクト パーツの変更

この段階で、プロジェクト設定を編集して、プロジェクトのターゲット パーツを変更できます。Flow Navigator の [Project Manager] メニューの下の [Settings] をクリックします。[Settings] ダイアログ ボックスが開き、現在のプロジェクト デバイスが次に示すように表示されます。

図: [Settings] ダイアログ ボックスの [General] ページ

[Project device] フィールドの [Browse] ボタンをクリックして、[Select Device] ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスから、プロジェクトのボードまたはパーツを選択できます。[Select Device] ダイアログ ボックスの一番上で [Parts] タブをクリックすると、次の図のように使用可能なパーツがリストされます。表示されるパーツは、[Category]、[Family]、[Package] などでフィルターできます。[Search] フィールドを使用しても、表示されたパーツを検索文字列でフィルターできます。

たとえば、xczu9eg-ffvb1156-2-i デバイスのように、デザインに新しいプロジェクト パーツを選択します。

図: デバイスの選択

プロジェクト設定をボード フローからパーツ ベース フローに変更すると、デザイン内のすべての IP が停止され、ロックされ、アップグレードを必要とします。これは、ブロック デザインの一番上の黄色のバナーで示されます。プロジェクトのターゲット パーツを変更すると、現在の IP のカスタマイズが期限切れになります。このため、IP がロックされるので、アップデートしてデザインの新しいパーツにターゲットを変更する必要があります。

ヒント: また、メジャー リビジョンやマイナー リビジョンなどのようなその他の理由で、IP がロックされ、アップデートする必要があることもあります。

図: ロックされた IP を示すバナー

バナーの [Report IP Status] リンクをクリックします。IP ステータス レポートが開きます。レポートのすべての IP を選択し、[Upgrade Selected] をクリックします。

デザイン内の IP がアップでグレードされると、[Generate Output Products] ダイアログ ボックスが表示されます。[Generate] をクリックします。これで、ブロック デザイン内に含まれる IP に必要な HDL ファイルの生成が始まります。出力ファイルが生成されるまで待ちます。[Design Runs] ウィンドウには、アウト オブ コンテキスト モジュール run のステータスが表示されます。

プラットフォーム プロパティの編集

ブロック デザインでは、プラットフォーム (PFM) インターフェイスおよびプロパティの定義で説明するように、プラットフォーム プロパティを定義する必要があります。このトピックを確認し、何をする必要があるのかの詳細を参照してください。

プラットフォーム プロパティは、Vivado メニュー バーから [Window] > [Platform Interfaces] をクリックし、[Enable platform interfaces] リンクをクリックすると表示できます。これで、アップデートする必要がある可能性のある既存のプラットフォーム プロパティが表示されます。

ヒント: 元のブロック デザインで定義されるプラットフォーム プロパティは、[Save Block Design As] コマンドを使用して作成した新しいブロック デザインに引き継がれます。プラットフォーム プロパティは、プラットフォームが正しく定義されるように設定し直す必要があります。

次の図に示すように、[Platform Interface] ウィンドウで最上位プラットフォームを選択します。[Platform Interface] ウィンドウで最上位プラットフォームを選択すると、次の図に示すように [Platform Properties] ウィンドウが開きます。

図: 最上位プラットフォームの選択

[Platform Properties] ウィンドウには、名前、ベンダー、ボード、およびバージョンなどのプロパティが表示されます。これらは、カスタム プラットフォームを定義するため、必要に応じて変更できます。[Vendor] フィールドで会社名またはこのプラットフォームのベンダーに該当する名前を指定します。

重要: プロパティが現在のプロジェクトに書き込まれるようにするには、[Platform Properties] ウィンドウで少なくとも 1 つのフィールドを変更する必要があります。これは、DSA で必ず実行する必要があります。
[Platform Properties] を変更したら、次のようなコマンドが [Tcl Console] ウィンドウに書き込まれます。
set_property pfm.name my_platform [get_files ...]
set_property dsa.name "my_platform" [current_project]
set_property dsa.vendor "xilinx.com" [current_project]
set_property dsa.board_id "lib" [current_project]

[Platform Interfaces] ウィンドウで、クロッキング プロパティ、インターフェイス プロパティ、および割り込みプロパティがプラットフォーム インターフェイス プロパティのコンフィギュレーションで定義したようになっているかを確認します。

プラットフォーム プロパティを定義したら、ブロック デザインを検証します。これには、[Tcl Console] ウィンドウに次のように入力します。

validate_bd_design -include_pfm -force

プラットフォーム DSA の記述

この段階では、ブロック デザインの HDL ラッパーを作成し、デザインのビットストリームを生成し (合成およびインプリメンテーション後)、ハードウェア記述ファイルをエクスポートし、DSA ファイルを記述して、SDSoC で使用できるようにします。

[Sources] ウィンドウでブロック デザインを右クリックし、[Create HDL Wrapper] を選択し、新しい HDL ラッパーを作成します。[Create HDL Wrapper] ダイアログ ボックスで [Let Vivado manage wrapper and auto-update] をオンにし、[OK] をクリックします。

ラッパーが作成されたら、[Sources] ウィンドウでそのラッパーを右クリックし、[Set as Top] コマンドを選択し、これをプラットフォーム デザインの最上位として指定します。

Flow Navigator で [Generate Bitstream] をクリックします。Vivado ツールで、インプリメンテーション結果がないことが示され、合成およびインプリメンテーションを実行するかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。[Yes] をクリックします。[OK] をクリックして、run を開始します。

プラットフォームのビットストリームが生成されたら、[File] > [Export] > [Export Hardware] をクリックし、プロジェクトのハードウェア記述ファイルを記述します。[Export Hardware] ダイアログ ボックスで [Include bitstream] を選択します。

これで新しいプラットフォーム DSA が作成でき、このプロセスの最初に開いた元の DSA ファイルと置き換えられるようになりました。[Tcl Console] ウィンドウで次のコマンドを使用して、DSA を記述して検証します。
write_dsa -force -include_bit <path_to_platform>/my_platform.dsa
validate_dsa my_platform.dsa

プラットフォーム DSA ファイルをエクスポートしたら、DSA を新しいプラットフォーム プロジェクトをインポートして、ソフトウェア プラットフォーム エレメントを定義 (次のセクションで説明) できるようになりました。