ソフトウェア コンポーネント要件

アクセラレーション カーネル ベースの Vitis™ プラットフォームの主な要件は、Linux に XRT サポートを含めることです。この資料では PetaLinux を使用していますが、Yocto やその他の Linux ツールを使用して Linux イメージおよびソフトウェア オブジェクトを生成できます。ただし、次の項目と同等のものを含める必要があります
  • 次を含む XRT サポートのユーザー パッケージ:
    • xrt
    • xrt-dev
    • zocl
    • opencl-clhpp-dev opencl-headers-dev
    • packagegroup-petalinux-opencv に関連するパッケージ
  • XRT に zocl を追加するためのデバイス ツリー入力 (次を参照)。
    &amba {
     	zyxclmm_drm {
     		compatible = “xlnx,zocl”;
     		status = “okay”;
     	};
     };
    
  • 次にリストする Linux イメージおよび ELF ファイル:
    • image.ub
    • zynqmp_fsbl.elf
    • bl31.elf
    • pmufw.elf
    • u-boot.elf
  • XRT を含む sysroot