Vitis 環境の設定

Vitis 統合ソフトウェア プラットフォームでは、Vitis コア開発キット、ザイリンクス ランタイム (XRT)、および Alveo データセンター アクセラレータ カードのようなアクセラレータ カードをインストールおよび設定する必要があります。インストール要件および設定については、インストール を参照してください。

Vitis ソフトウェア プラットフォームのこれらの構成要素をインストールしたら、次のスクリプト (.csh スクリプトも提供) を実行して、特定のコマンド シェルで実行できるよう環境設定する必要があります。
 #setup XILINX_VITIS and XILINX_VIVADO variables
 source <Vitis_install_path>/settings64.sh
 #setup XILINX_XRT
 source /opt/xilinx/xrt/setup.sh
次の環境変数を設定して、Vitis IDE で使用可能なプラットフォームの場所を指定することもできます。
export PLATFORM_REPO_PATHS=<path to platforms>
ヒント: PLATFORM_REPO_PATHS 環境変数には、プラットフォーム ファイル (.xpfm) を含むディレクトリを指定します。