Vitis 統合ソフトウェア プラットフォームの概要

Vitis™ 統合開発環境 (IDE) は、Vitis 統合ソフトウェア プラットフォームの一部です。Vitis IDE は、ザイリンクス エンベデッド プロセッサ用のエンベデッド ソフトウェア アプリケーションを開発するために設計されています。Vitis IDE では、Vivado® Design Suite で作成されたハードウェア デザインを使用できます。Vitis IDE は、Eclipse オープンソース規格に基づいています。次のようなソフトウェア開発機能があります。

  • 多機能 C/C++ コード エディターおよびコンパイル環境
  • プロジェクト管理
  • アプリケーション ビルド コンフィギュレーションおよび makefile の自動生成
  • エラー ナビゲーション
  • エンベデッド ターゲットをデバッグおよびプロファイルするための統合環境
  • ソース コードのバージョン管理
  • システム レベルのパフォーマンス解析
  • FPGA をコンフィギュレーションするための特化ツール
  • ブータブル イメージの作成
  • フラッシュ メモリのプログラム
  • スクリプト ベースのコマンド ライン ツール

主要な概念

次に、Vitis エンベデッド ソフトウェア開発フローを理解するのに重要な概念をリストします。

ワークスペース
Vitis ソフトウェア プラットフォームを開いたとき、ワークスペースを作成します。ワークスペースは、Vitis ソフトウェア プラットフォームがプロジェクト データおよびメタデータを保存するディレクトリです。Vitis ソフトウェア プラットフォームを起動したら、初期ワークスペースのディレクトリを指定する必要があります。
プラットフォーム
ターゲット プラットフォームまたはプラットフォームは、ハードウェア コンポーネント (XSA) とソフトウェア コンポーネント (ドメイン/BSP、FSBL などのブート コンポーネントなど) を組み合わせたものです。
プラットフォーム プロジェクト
プラットフォーム プロジェクトは、ドメインを追加したり、ドメイン設定を変更したりしてカスタマイズできます。プラットフォーム プロジェクトは、XSA をインポートするか、既存のプラットフォームをインポートして作成できます。
ドメイン
ドメインは、ボード サポート パッケージ (BSP) またはオペレーティング システム (OS) と、アプリケーションをビルドするためのソフトウェア ドライバーのコレクションです。作成するソフトウェア イメージには、ザイリンクス ライブラリのうちエンベデッド デザインで使用するもののみが含まれます。1 つのドメインで実行するアプリケーションを複数作成できます。ドメインは、プラットフォームの 1 つのプロセッサまたは同型プロセッサのクラスター (A53_0 または A53 など) に関連付けられます。
システム プロジェクト
システム プロジェクトは、デバイスで同時に実行されるアプリケーションをグループ化します。同じプロセッサ用の 2 つのスタンドアロン アプリケーションを 1 つのシステム プロジェクトに含めることはできません。2 つの Linux アプリケーションは、1 つのシステム プロジェクトに含めることができます。ワークスペースには、複数のシステム プロジェクトを含めることができます。
アプリケーション (ソフトウェア プロジェクト)
ソフトウェア プロジェクトには、1 つまたは複数のソース ファイルと、必要なヘッダー ファイルが含まれ、コンパイルしてバイナリ出力 (ELF) ファイルを生成できるようにします。システム プロジェクトには、複数のアプリケーション プロジェクトを含めることができます。各ソフトウェア プロジェクトには、対応するドメインを 1 つ含める必要があります。

内容および対象者

この資料は、ソフトウェア アプリケーション開発者およびシステム ソフトウェア開発者を対象に、Vitis ソフトウェア プラットフォームおよびその使用方法に関する次の情報を提供します。ここでは、Vitis ソフトウェア プラットフォームの概要と、次の機能について説明します。

  • プラットフォーム プロジェクトの作成
  • アプリケーション プロジェクトの作成
  • Vitis 統合開発環境 (IDE) の拡張機能