Vitis IDE デバッグ フロー

Vitis IDEを使用すると、デバッグ機能に簡単にアクセスできます。手動で設定すると、デバッグの実行ファイルを設定するのに多くの手順が必要となります。デバッグ フローを使用すると、これらの手順が Vitis IDE で自動的に処理されます。

注記: Vitis IDE のデバッグ フローは、デバッグ中のシェル スクリプトに依存します。これには、.bashrc または .cshrc などの設定ファイルが LD_LIBRARY_PATH などの環境設定と競合しないようにする必要があります。

デバッグ用に実行ファイルを準備するには、ビルド コンフィギュレーションを変更してデバッグ フラグを適用できるようにする必要があります。これらのオプションは、Vitis IDE の [Project Editor] ビューで設定します。[Options] セクションに 2 つのチェック ボックスがあります。[Host debug] は、ホスト コンパイルのデバッグ構文を有効にします。[Kernel debug] はカーネルのデバッグを有効にします。

1: [Project Editor] ビューのデバッグ オプション

Vitis ビルド コンィギュレーション設定 に説明するように、[Assistant] ビューでビルド コンフィギュレーションを選択して Settings ボタンをクリックすると、[Build Configuration Settings] ダイアログ ボックスからもデバッグ機能を有効にできます。または、ビルド コンフィギュレーションをダブルクリックします。同じ 2 つのチェック ボックスを ボックスが表示されます。ホスト デバッグはすべてのターゲットで有効にできますが、カーネル デバッグはソフトウェア エミュレーションおよびハードウェア エミュレーション ビルド ターゲットでしかサポートされません。

Vitis IDE から GDB セッションを実行すると、必要なものがすべて設定され、ハードウェアまたはソフトウェア エミュレーションの環境設定が自動的に管理されます。xrt.ini ファイル に説明するように、アプリケーションが実行されるときにデバッグがサポートされるようにザイリンクス ランタイム (XRT) が設定され、ホスト コード、カーネル コード、およびデバッグ サーバーの実行に必要なさまざまなコンソールが管理されます。

デバッグし、ビルド ディレクトリをクリーンアップしてアプリケーションをビルドし直すビルド コンフィギュレーションを設定すると、GDB デバッグ環境でプロジェクトを実行する準備が整います。

デバッグ セッションを開始するには、[Assistant] ビューのビルド コンフィを選択して Debug () ボタンをクリックします。Vitis IDE でデバッグ セッションを開始すると、パースペクティブが [Debug] に切り替わり、さまざまなデバッグ コンソールおよびソース コード ウィンドウなどを管理するウィンドウが追加で表示されるようになります。

アプリケーションを開始すると、デフォルトではホスト コードの main 関数本体の開始部分でアプリケーションが停止します。ほかの GDB グラフィカル フロントエンドと同様、ブレークポイントを設定し、変数を検証できます。Vitis IDE では、アクセラレーションされたカーネル インプリメンテーションに対しても同じ機能を使用できます。詳細は、アプリケーションおよびカーネルのデバッグ を参照してください。

注記: ハードウェア エミュレーションでは、効率の良いインプリメンテーションのため C/C++/OpenCL™ カーネル コードが変換されるので、すべての文にブレークポイントを配置できるわけはありません。ほとんどの場合、未処理のループおよび関数には配置できます。また、保持されている変数しかアクセスできません。