プロジェクトのエクスポートとインポート

Vitis IDEでは、ワークスペース内の 1 つまたは複数の Vitis IDEプロジェクトを簡単にエクスポートまたはインポートできます。関連するプロジェクト ビルド フォルダーを含めることもできます。

Vitis プロジェクトのエクスポート

プロジェクトをエクスポートすると、プロジェクトが関連するすべてのファイルを含めて ZIP ファイルにアーカイブされて、別のワークスペースにインポートできるようになります。
  1. プロジェクトをエクスポートするには、File > Export をクリックします。

    [Export Vitis Projects] ダイアログ ボックスが開き、エクスポートする現在のワークスペース内のプロジェクトを選択できるようになります。



  2. アーカイブの名前は、[Archive Field] で変更できます。
  3. 現在のビルド コンフィギュレーションを含めるには、このウィンドウ下部の Include build folders をオンにします。
    ヒント: これをオンにすると、アーカイブの容量は増えることに注意してください。
  4. OK をクリックして選択したファイルを含むアーカイブを作成します。

選択した Vitis IDE プロジェクトが指定したファイルおよびディレクトリでアーカイブされるので、別のワークスペースや別のコンピューターや、別のユーザーによって Vitis IDE にインポートできます。

Vitis プロジェクトのインポート

  1. プロジェクトをインポートするには、File > Import をクリックします。

    インポートするファイル タイプを選択する [Import Project] ダイアログ ボックスが開きます。次の 2 つのファイル タイプから、インポートするファイルを選択します。

    Vitis プロジェクトのエクスポートされた ZIP ファイル
    Vitis プロジェクトのエクスポート に説明するように、Vitis IDE から前にエクスポートしたプロジェクトをインポートできます。
    Eclipse ワークスペースまたは ZIP ファイル
    別の Vitis IDE からプロジェクトをインポートできます。
  2. 次は、Eclipse workspace or zip file を選択して Next をクリックすると開くダイアログ ボックスです。

  3. [Select root directory] には Vitis IDE のワークスペースを指定し、必要に応じて次のオプションを指定します。
    Search for nested projects
    ワークスペースのほかのプロジェクト内のプロジェクトを検索します。
    Copy projects into workspace
    現在開いているワークスペースのプロジェクトの物理的なコピーを作成します。
    Close newly created imported projects upon completion
    開いているワークスペースでプロジェクトが作成されたら閉じます。
  4. Finish をクリックしてプロジェクトを Vitis IDE の開いているワークスペースにインポートします。