ディレクトリ構造

コマンド ライン フローおよび IDE フローでで生成されるディレクトリ構造は、ファイルを簡単に見つけてアクセスできるように構成されています。compilelinklogs、および reports ディレクトリから、生成されたファイルに簡単にアクセスできます。同様に、各カーネルにもそれぞれディレクトリ構造が作成されます。

v++ コマンドからの出力ディレクトリ

コマンド ラインで v++ を使用すると、コンパイルおよびリンク中にデフォルトでディレクトリ構造が作成されます。.xo および .xclbin は、作業ディレクトリに生成されます。すべての中間ファイルは _x ディレクトリ (temp_dir のデフォルト名) に作成されます。

次に、2 つの v++ コンパイル (k1 および k2) と 1 つの v++ リンク (design.xclbin) に生成されたディレクトリ構造の例を示します。k1.xok2.xo、および design.xclbin ファイルは、作業ディレクトリに含まれます。_x ディレクトリには、関連付けられている k1 および k2 カーネルのコンパイル サブディレクトリが含まれます。linklogs、および reports ディレクトリには、ビルドのリンク、ログ、およびレポート情報が含まれます。

1: コマンド ラインのディレクトリ構造


次の v++ オプションを使用すると、このディレクトリ構造を変更できます。

--log_dir <dir_name>
-–report_dir <dir_name>
-–temp_dir <dir_name>

詳細は、Vitis コンパイラ コマンド を参照してください。

Vitis IDE からの出力ディレクトリ

Vitis IDE フローからの出力ファイルのデフォルト ディレクトリ構造は、コマンド ライン フローで作成されるディレクトリ構造と似てはいますが同一ではありません。次の例に、v++ コマンドでコンパイルおよびリンクされた 2 つのカーネル k1 および k2 用に、Vitis IDE で自動的に生成されたディレクトリ構造を示します。k1.xok2.xo、および design.xclbin ファイルは、作業ディレクトリに含まれます。_x ディレクトリには、関連付けられている k1 および k2 カーネルのコンパイル サブディレクトリが含まれます。link、logs、および reports ディレクトリには、ビルドのリンク、ログ、およびレポート情報が含まれます。

2: GUI のディレクトリ構造


Vitis IDE により、GUI で指定される次の v++ コマンド オプションを使用してディレクトリ構造が作成されます。

–-temp_dir
–-report_dir
–-log_dir

詳細は、Vitis IDE の使用 を参照してください。