ザイリンクス ソフトウェア コマンド ライン ツール

Vitis™ などのグラフィカル開発環境は、新規プロセッサの開発を高速化するのに有益です。初心者でも使用できるように、よく使用される関数のほとんどが抽象化され、論理的なウィザードにまとめられています。スクリプトを記述して実行できる機能も、ツールでの処理を拡張する柔軟性を提供するために重要です。スクリプトは、毎晩実行する回帰テストを開発する際や、開発者がよく使用するコマンド セットを実行する際に特に便利です。

ザイリンクス ソフトウェア コマンドライン ツール (XSCT) は、Vitis IDE のインタラクティブでスクリプト記述可能なコマンド ライン インターフェイスです。XSCT のスクリプト言語は、その他のザイリンクス ツールと同様、Tcl (ツール コマンド言語) に基づきます。XSCT コマンドはインタラクティブに実行でき、またコマンドをスクリプトに記述して自動化することもできます。XSCT では、次の操作を実行できます。
  • ハードウェア、ドメイン、プラットフォーム プロジェクト、システム プロジェクト、およびアプリケーション プロジェクトを作成
  • リポジトリを管理
  • ツールチェーン プリファレンスを設定
  • ドメイン/BSP およびアプリケーションをコンフィギュレーションおよびビルド
  • ハードウェア ターゲットにアプリケーションをダウンロードして実行
  • Bootgen および program_flash ツールを実行してブート イメージを作成およびフラッシュ メモリに書き込み。

この資料の情報は、ザイリンクス プロセッサをターゲットとしたソフトウェア開発およびデバッグ用のスクリプトを作成するのに必要な情報を提供します。

この資料には、ザイリンクスのさまざまな製品の略語が使用されています。次に例を示します。
  • ソース コードに ps7 が使用されている場合、Zynq®-7000 SoC ファミリの製品、厳密には SoC のデュアル コア Cortex™ Arm® A9 プロセッサがターゲットであることを示します。
  • ソース コードに psu が使用されている場合、Cortex クワッド コア Arm A53、デュアル コア、Arm® R5、Arm、Mali 400 GPU、および MicroBlaze™ プロセッサ ベースのプラットフォーム管理ユニット (PMU) を含む Zynq® UltraScale+™ MPSoC デバイスがターゲットであることを示します。
  • プロセッサを含むハードウェア システムに関する情報を Vitis IDE およびザイリンクス ソフトウェア コマンド ライン ツール (XSCT) などのエンベデッド ソフトウェア開発ツールに転送するのには、ハードウェア定義ファイル (XSA) が使用されます。このファイルには、インスタンシエートされるペリフェラル、クロック、メモリ インターフェイス、およびメモリ マップの情報が含まれます。
  • ドメイン/BSP に関する情報の保存には、マイクロプロセッサ ソフトウェア仕様 (MSS) ファイルが使用されます。このファイルには、ドメイン/BSP の OS 情報、ハードウェア デザインの各ペリフェラルに関連付けらているソフトウェア ドライバー、STDIO 設定、および最適化やデバッグ情報レベルなどのコンパイラ フラグに関する情報が含まれます。

システム要件

Vitis IDE またはザイリンクス ソフトウェア コマンド ライン ツール (XSCT) の機能を使用するには、その機能特定のハードウェア要件およびソフトウェア要件を満たしている必要があります。

ハードウェア要件

次の表に、ハードウェア要件を示します。

表 1. ハードウェア要件
要件 説明
CPU スピード 2.2 GHz 以上、ハイパー スレッディング (HHT) またはマルチコアを推奨。
プロセッサ Intel Pentium 4、Intel Core Duo、または Xeon プロセッサ、SSE2 以上
メモリ/RAM 2 GB 以上
ディスプレイの解像度 通常のサイズ (96 dpi) で 1024×768 以上
ディスク容量 インストール時に選択したコンポーネントに基づく

ソフトウェア要件

次の表に、サポートされるオペレーティング システムを示します。

注記: 32 ビット マシンは、Lab Edition およびハードウェア サーバーのスタンドアロン製品インストーラーでのみサポートされます。
表 2. ソフトウェア要件
オペレーティング システム サポートされるバージョン
Windows
  • Windows 7 SP1 (64 ビット)
  • Windows 8.1 (64 ビット)
  • Windows 10 Pro (64 ビット)
Linux
  • Red Hat Enterprise Linux:
    • 6.6-6.9 (64 ビット)
    • 7.0-7.1 (64 ビット)
  • CentOS:
    • 6.7-6.8 (64 ビット)
    • 7.2-7.3 (64 ビット)
  • SUSE Linux Enterprise:
    • 11.4 (64 ビット)
    • 12.2 (64 ビット)
  • Ubuntu Linux 16.04.2 LTS (64 ビット)
    注記: 追加のライブラリインストールが必要。