package_xo コマンド

構文

package_xo  -kernel_name <arg> [-force] [-kernel_xml <arg>] [-design_xml <arg>]
            [-ip_directory <arg>] [-parent_ip_directory <arg>]
            [-kernel_files <args>] [-kernel_xml_args <args>]
            [-kernel_xml_pipes <args>] [-kernel_xml_connections <args>]
            -xo_path <arg> [-quiet] [-verbose]

説明

package_xo コマンドは、Vivado Design Suite 内の Tcl コマンドです。RTL で記述されたカーネルは、Vivado ツールで package_xo コマンド ライン ユーティリティを使用してコンパイルされ、ザイリンクス オブジェクト ファイル (.xo) が生成されます。このオブジェクト ファイルは、v++ コマンドでのリンク段階で使用されます。

表 1. 引数
引数 説明
-kernel_name <arg> これは必須です。RTL カーネルの名前を指定します。
-force (オプション) 同じ名前の .xo ファイルが存在する場合にそれを上書きします。
-kernel_xml <arg>

(オプション) 既存のカーネル XML ファイルへのパスを指定します。

-design_xml <arg> (オプション) 既存のデザイン XML ファイルへのパスを指定します。
-ip_directory <arg> (オプション) カーネル IP ディレクトリへのパスを指定します。
-parent_ip_directory (オプション) 指定したカーネル IP ディレクトリに複数の IP が含まれる場合、その component.xml がすぐ下に含まれる親 IP へのディレクトリ パスを指定します。
-kernel_files (オプション) カーネル ファイル名。
-kernel_xml_args <args> (オプション) 指定した関数引数で kernel.xml を生成します。各引数値には、次のフォーマットを使用する必要があります。
{name:addressQualifier:id:port:size:offset:type:memSize} 
注記: memSize はオプションです。
-kernel_xml_pipes <args> (オプション) 指定したパイプで kernel.xml を生成します。各パイプ値には、次のフォーマットを使用する必要があります。
{name:width:depth}
-kernel_xml_connections <args> (オプション) 指定した接続で kernel.xml を生成します。各接続値には、次のフォーマットを使用する必要があります。
{srcInst:srcPort:dstInst:dstPort}
-xo_path <arg> (必須) コンパイル オブジェクト (.xo) ファイルのパスおよびファイル名を指定します。
-quiet (オプション) コマンドをメッセージを表示せずに実行します。実行中にエラーが発生してもしなくても、TCL_OK が返されます。
注記: コマンドの実行中にコマンド ラインで発生したエラーは返されます。コマンド内で発生したエラーのみが非表示になります。
-verbose (オプション) メッセージの非表示設定を一時的に解除し、コマンドからのすべてのメッセージを返します。
注記: メッセージの非表示設定は、set_msg_config コマンドで定義できます。

次の例では、指定した名前の RTL カーネルを含む指定した .xo ファイルが作成されます。
package_xo -xo_path Vadd_A_B.xo -kernel_name Vadd_A_B -kernel_xml kernel.xml -ip_directory ./ip