Vitis アナライザーの設定

Tools > Settings をクリックすると、次のような [Vitis Analyzer Settings] ダイアログ ボックスが開きます。

1: [Settings] ダイアログ ボックス

[General] 設定は、次のように設定できます。

[Default Directory]
Vitis アナライザーが開いたときに使用されるデフォルト ディレクトリを指定します。
[Recent]
Vitis アナライザーを開き直すと、ワークスペースが復元されるようにし、File > Open Recent コマンドで表示するエントリ数を指定します。
[Report]
コンパイル サマリ、リンク サマリ、実行サマリ、またはバイナリ コンテナー レポートを開く際に、関連するレポートすべてを開くように Vitis アナライザーを設定します。

[Display] 設定は、次のように設定できます。

[Scaling]
表示のフォント スケーリングを設定し、高解像度のモニターで見やすくします。[OS font scaling] に設定すると、ユーザーの主な OS で設定されている値が使用されます。[User-defined scaling] に設定すると、Vitis アナライザー特有の値を使用できます。
[Spacing]
Vitis IDE で使用されるスペースを設定します。[Comfortable] がデフォルト設定です。[Compact] にすると、より小さなスペースにより多くのエレメントがフィットするように間隔が狭められます。

[Reports] では、次を設定できます。

[Compile Summary]
どのレポートが [Compile Summary] の下の [Report Navigator] ビューにリストされるかを選択します。
[Link Summary]
どのレポートが [Link Summary] の下の [Report Navigator] ビューにリストされるかを選択します。
[Run Summary]
どのレポートが [Run Summary] の下の [Report Navigator] ビューにリストされるかを選択します。
[Binary Container]
どのレポートが [Binary Container] の下の [Report Navigator] ビューにリストされるかを選択します。

[Window Behavior] 設定は、次のように設定できます。

[Warnings]
Vitis アナライザーを閉じる際に警告メッセージを表示します。
[Alerts]
サポートされていない OS でツールを実行すると、アラートを表示します。

ツールを設定したら、OKApply、または Cancel をクリックします。Restore コマンドを使用すると、ツールのデフォルト設定に戻すこともできます。