emconfigutil ユーティリティ

コマンド ライン フローでソフトウェアまたはハードウェア エミュレーションを実行する場合、エミュレーション中にランタイム ライブラリで使用されるエミュレーション コンフィギュレーション ファイル emconfig.json を作成する必要があります。エミュレーション コンフィギュレーション ファイルでは、指定したプラットフォーム用にエミュレーションするデバイスのタイプと数が定義されます。1 つの emconfig.json ファイルをソフトウェアおよびハードウェア エミュレーションの両方に使用できます。

注記: 実際のハードウェアで実行すると、ランタイムおよびドライバーでインストールされているハードウェアがクエリされ、デバイス タイプ、インストールされたデバイス数、デバイスの特性が検出されます。

emconfigutil ユーティリティを使用してエミュレーション ファイルが自動的に作成されるようにするには、emconfigutil コマンド ラインにターゲット プラットフォームと追加オプションを指定します。

emconfigutil --platform <platform_name> [options]

最低でも -f または -–platform オプションを使用してターゲット プラットフォームを指定して、必要な emconfig.json ファイルを生成する必要があります。指定したプラットフォームは、ホストおよびハードウェア ビルド中に指定したのと同じ名前にする必要があります。

次の表は、emconfigutil のオプションを示しています。

表 1. emconfigutil オプション
オプション 有効値 説明
-f または --platform ターゲット デバイス 必須。指定したプラットフォームからターゲット デバイスを定義します。

サポートされるデバイスのリストは、サポートされるプラットフォーム を参照してください。

--nd 正の整数 オプション。デバイスの数を指定します。デフォルトは 1 です。
--od 有効なディレクトリ オプション。出力ディレクトリを指定します。エミュレーションを実行する際は、emconfig.json ファイルをホスト実行ファイルと同じディレクトリに含める必要があります。デフォルトでは出力はディレクトリに保存されます。
-s または --save-temps なし オプション。中間ファイルを削除せず、コマンド実行後も保持するように設定します。デフォルトでは、一時ファイルが削除されます。
--xp 有効なザイリンクス パラメーターおよびプロパティ。 オプション。追加のパラメーターおよびプロパティを指定します。次に例を示します。
--xp prop:solution.platform_repo_paths=<xsa_path>
この例では、ターゲット プラットフォームの検索パスを設定します。
-h または --help なし コマンド ヘルプを表示します。
emconfigutil コマンドを実行すると、出力ディレクトリまたは現在の作業ディレクトリに emconfig.json コンフィギュレーション ファイルが生成されます。
ヒント: エミュレーションを実行する際は、emconfig.json ファイルをホスト実行ファイルと同じディレクトリに含める必要があります。

次の例では、2 つの xilinx_u200_qdma_201910_1 デバイスをターゲットにしたコンフィギュレーション ファイルが作成されます。

$emconfigutil --xilinx_u200_qdma_201910_1 --nd 2