プラットフォーム プロジェクトの作成

プラットフォーム プロジェクトは、Vitis™ ソフトウェア プラットフォームでカスタマイズできます。Vivado® Design Suite からエクスポートしたハードウェア設定 XSA ファイルをインポートしてプラットフォーム プロジェクトを作成できます。

プラットフォーム プロジェクトの作成には、New Platform Project ウィザードを使用できます。プラットフォーム プロジェクトを作成するするには、次の手順に従います。

  1. 次のいずれかを実行して New Platform Project ウィザードを開きます。
    1. File > New > Platform Project をクリックします。
    2. File > New > Other をクリックして New Project ウィザードを開き、Xilinx > Platform Project を選択して Next をクリックします。New Platform Project ウィザードが表示されます。
  2. [Project name] にプロジェクト名を入力します。
  3. Next をクリックします。
  4. Vivado® からエクスポートした XSA ファイルがある場合は、Create from hardware specification (XSA) を選択します。ハードウェアをビルドしていない場合は、Create from existing platform を選択し、リストから定義済みプラットフォームのいずれかを選択します。
    1. Create from hardware specification (XSA) を選択した場合は、次の手順を使用します。
      1. XSA ファイルを指定します。
      2. プラットフォームを作成するオペレーティング システムとプロセッサを選択します。
      3. Finish をクリックし、プラットフォーム プロジェクトを作成します。
    2. Create from existing platform を選択した場合は、次の手順を使用します。
      1. [Load Platform] ページで使用可能なプラットフォームのリストからプラットフォームを選択し、Finish をクリックします。

        プラットフォーム プロジェクト エディターが開きます。

  5. をクリックし、プラットフォームを生成します。[Console] タブには、プラットフォーム生成のステータスが表示されます。
  6. オプション: プラットフォームの詳細を示すウィンドウの左下にある [Main] タブから [Hardware Specificatio] タブに切り替え、ハードウェア仕様を表示します。

  7. オプション: プラットフォームの詳細ウィンドウで Board Support Package > Modify BSP Settings をクリックし、ソースおよび設定を変更します。

  8. platform.spr をクリックし、プラットフォーム プロジェクトを再度開きます。