ザイリンクス ランタイムのインストール

ザイリンクス ランタイム (XRT) は、ユーザー空間およびカーネル ドライバー コンポーネントの組み合わせとしてインプリメントされます。XRT では、Alveo PCIe ベースのカードおよび Zynq UltraScale+ MPSoC ベースのエンベデッド システム プラットフォームがサポートされ、ザイリンクス プログラマブル ロジック デバイスへのソフトウェア インターフェイスが提供されます。

プラットフォームをいくつインストールする場合でも、XRT は 1 回インストールするだけです。

重要: XRT のインストールでは、標準 Linux RPM および Linux DEB 配布ファイルが使用されます。すべてのソフトウェアおよびファームウェアのインストールにルート権限が必要です。

<rpm-dir>または <deb-dir> は、インストールするパッケージをダウンロードしたディレクトリです。

使用するオペレーティング システム用の XRT パッケージをダウンロードおよびインストールするには、次を実行します。

CentOS/RedHat

  1. RPM ファイルをダウンロードするには、このリンクをクリックします。
  2. パッケージをインストールするには、次のコマンドを入力します。
    sudo yum install <rpm-dir>/<xrt_filename>.rpm

Ubuntu

  1. DEB ファイルをダウンロードするには、次のいずれかを実行します。
  2. パッケージをインストールするには、次のコマンドを入力します。
    sudo apt install <deb-dir>/<xrt_filename_OS>.deb
    注記: <OS> は、使用している Ubuntu オペレーティング システムのバージョン (16.04 または 18.04) です。
    重要: Ubuntu に XRT をインストールする際、pyopencl の 2015 バージョンがシステムにインストールされている場合は、アンインストールする必要があります。XRT をインストールすると、2019 バージョンの pyopencl がインストールされ、2015 バージョンがインストールされているとエラーが返されます。詳細は、アンサー 73055 を参照してください。