レポートの使用

通常、コンパイル サマリ、リンク サマリ、実行サマリなどのレポートには、アプリケーションをビルドしてプロファイリングする際の特定の手順の概要が含まれ、アプリケーションのパフォーマンスおよび最適化に関する情報が示されます。個別のカーネルは、コンパイル サマリから開始します。FPGA バイナリ (xclbin) は、リンク サマリから開始すると、含まれるカーネルのコンパイル サマリも読み込まれます。アプリケーションの実行に関するプロファイリング データに関しては、実行サマリから開始します。

また、File メニューには、個別のレポートおよびレポートのディレクトリを開くコマンドもあります。

1: [Open Directory]
[Open Directory]
開くディレクトリを指定します。ディレクトリの内容が繰り返し検証されて、どのタイプのファイルを開くか、どの個別ファイルを開くかを選択できるダイアログ ボックスが表示されます。
[Open Binary Container]
アプリケーションのビルドおよび実行 で説明されるように、コンパイルおよびリンク プロセスで作成された FPGA バイナリ (<name>.xclbin)。
[Open Report File]
Vitis コア開発キットでアプリケーションのコンパイル、リンク、実行中に生成されたレポート ファイルの 1 つを開きます。開くことのできるレポートは、次のとおりです。
[Application Timeline]
アプリケーション タイムライン を参照してください。
[Profile Summary]
プロファイル サマリ レポート を参照してください。
[Waveform]
[Waveform] ビューおよびライブ波形ビューアー で説明する波形データベースまたは波形コンフィギュレーション ファイル。
[Utilization]
システム ハードウェア (HW) ターゲットをビルドする際に Vivado® ツールで生成されるリソース使用率レポート。

Vitis アナライザーからは、カーネル見積、演算トレース、システム見積、ログ、およびタイミング サマリなどのレポートを開くこともできます。ビルドおよび実行プロセスで生成される個別のレポートに関する情報は、アプリケーションのプロファイリング を参照してください。

Vitis アナライザーの機能は、表示するレポートによって異なります。レポートがスプレッドシートのような構造の場合は、データの行またはセルを選択したり、列ヘッダーをクリックして列を並べ替えたり、スプレッドシートを扱うように扱います。レポートがグラフィックの場合は、レポートを拡大縮小して表示できます。Vitis アナライザーでは、次のようなマウス操作でグラフィック レポートを拡大および縮小できます。

拡大
マウスを左上から右下にドラッグすると、そのエリアが拡大表示されます。
縮小
マウスを左下から右上にドラッグして斜線を描くと、表示が縮小されます。この方法を使用すると、ウィンドウをさまざまな大きさに縮小できます。描いた線の長さによって、縮小率が変わります。または、Ctrl キーを押しながらホイール マウス ボタンを下にスクロールしても縮小表示できます。
全体表示
マウスを右下から左上にドラッグすると、全体が表示されます。表示が縮小されて、デバイス全体が表示されます。
水平方向のスクロール
[Application Timeline] などのレポートでは、Shift ボタンを押しながらマウス中央のローラーでタイムラインをスクロールできます。
表示の移動
ホイール マウス ボタンを押しながらドラッグすると、表示を移動できます。