Vitis ソフトウェア プラットフォームを実行するための環境の設定

Vitis ソフトウェア プラットフォームを実行する環境を設定するには、次のスクリプトを実行して、特定のコマンド シェルで実行する環境を設定します。

 #setup XILINX_VITIS and XILINX_VIVADO variables
 source <Vitis_install_path>/Vitis/2019.2/settings64.sh
 #setup XILINX_XRT
 source /opt/xilinx/xrt/setup.sh
ヒント: .csh スクリプトも提供されています。
データセンター プラットフォームのインストール の手順に従ってインストールしたプラットフォームの場所を指定するには、次の環境変数を設定します。
export PLATFORM_REPO_PATHS=<path to platforms>
エンベデッド プラットフォームのインストール の手順に従ってインストールしたプラットフォームの場所を指定するには、次の環境変数を設定します。
export PLATFORM_REPO_PATHS=<path to platforms>

Windows

Windows で Vitis ソフトウェア プラットフォームを起動するには、次のいずれかを実行します。

  • デスクトップ アイコンまたは [Start] メニュー コマンドから起動。
  • Windows コマンド シェルから settings64.bat を使用。
    C:> <VITIS_INSTALL_DIR>\VITIS\2019.2\settings64.bat

    そして vitis を起動します。