ハードウェア仕様の変更およびアップデート

Vitis™ ソフトウェア プラットフォームでは、ソフトウェア コンポーネントをアップデートすることにより、プラットフォーム プロジェクトを新しいハードウェアでアップデートできます。Vivado® プロジェクトおよびそのエクスポートされた XSA がアップデートされた場合、このワークフローを手動で実行し、Vitis ソフトウェア プラットフォームにアップデートされたハードウェア仕様が含まれるようにする必要があります。ソフトウェア プラットフォームで新しいハードウェアに応じてソフトウェア コンポーネントがアップデートされたら、設定を変更できます。

プラットフォーム プロジェクトのハードウェア仕様ファイルを変更するには、次の手順に従います。

  1. [Explorer] ビューでプラットフォーム プロジェクトを右クリックし、Update Hardware Specification をクリックします。
  2. [Update hardware specification for test] ダイアログ ボックスでソース ハードウェア仕様ファイルを指定します。
  3. OK をクリックします。ハードウェアのステータスが表示されます。