ザイリンクス、CTC を新たな Alveo VAR に認定

金融業界に高い性能とワークロードを高速化する包括的なインテグレーション サービスを提供

Jul 16, 2020


アダプティブ/インテリジェント コンピューティングのリーダーであるザイリンクス社 (本社: 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ: XLNX) は、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 (以下、略称:CTC) を、ザイリンクスの Alveo Value Added Reseller (VAR) に認定したことを発表した。今後、CTC は、Alveo™ アクセラレータ カードの販売と導入支援、自営保守を含む包括的なインテグレーション サービスを展開し、金融業界を中心に年間 20 社の受注を目指す。

超並列演算が可能で柔軟性に優れたザイリンクスの 16nm UltraScale+™ FPGA を搭載した Alveo アクセラレータ カードは、高性能計算 (HPC)、金融取引、機械学習、データベース検索、分析、ビデオ処理などの高い性能が要求されるワークロードを高速化することができる。業界標準の PCIe® インターフェイス経由でサーバに簡単に接続できる Alveo カードは劇的な性能向上をもたらす。

約 6,400 名の技術者を抱えている CTC では、顧客のカスタム開発要求に対応することが可能である。また、280 を超えるパートナーとの提携関係があり、サーバ、ストレージ、ネットワーク機器、データベース、アプリケーション ソフトウェアなど、さまざまな製品を組み合わせて顧客のニーズに対し Best-of-Breed で応えることができる。

CTC、金融事業グループ担当役員代行 執行役員 吉田良徳氏は、次のように述べている。「当社は、創業時の 80 年代から米国シリコンバレーで生まれたベンチャー企業や新しい技術をいち早く日本市場に紹介することで成長してきた企業です。データ センターへの FPGA 活用を広めるうえで最適な企業文化を持っていると自負しています」


ザイリンクス、データセンターグループ、ビジネス デベロップメント マネージャーである住川直久は、次のように述べている。「このたび、日本有数のシステム インテグレーターであり、通信や金融、データ センター市場で長い歴史と経験を持つ CTC が、VAR に加わったことを大変光栄に思います。CTC の深い業界知識とザイリンクスの高性能な Alveo アクセラレータ カードにより、新たな低遅延で高性能な金融取引システムを顧客に提供していけることを楽しみにしています」

TwitterLinkedIn、および Facebook をフォローすると、最新情報をチェックできる。

 

ザイリンクスについて

ザイリンクスは、エンドポイントから、エッジ、クラウドに至るまで、多種多様なテクノロジで迅速なイノベーションを可能にする、極めて柔軟なアダプティブ プロセッサおよびプラットフォームを開発している。ザイリンクスが発明したテクノロジには、FPGA、ハードウェア プログラマブル SoC、ACAP などがある。ザイリンクスは、アダプティブ、インテリジェント、かつコネクテッドな世界を実現するため、業界で最もダイナミックなプロセッサ テクノロジを提供する。詳しい情報は、ウェブサイト japan.xilinx.com で公開している。

© Copyright 2020 Xilinx, Inc. Xilinx、Xilinx のロゴ、Alveo、UltraScale、およびこの文書に含まれるその他の指定されたブランドは、米国およびその他各国のザイリンクス社の商標です。PCIe および PCI Express は PCI-SIG の商標であり、ライセンスに基づいて使用されています。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。

このプレスリリースに関するお問い合わせは下記へ

ザイリンクス株式会社 マーケティング部 周藤 media@xilinx.com
株式会社井之上パブリックリレーションズ ザイリンクス広報担当 関口、中村
TEL: 03-5269-2301/FAX: 03-5269-2305 xilinx-pr@inoue-pr.com