ザイリンクス、Xilinx Adapt 2021 でソフトウェア/ハードウェア開発者向けの新しいソリューションとテクノロジを紹介

イベント第 1 週目は、インテリジェント ビデオ解析アプリケーション向けのソフトウェア開発 キット、ビデオ/画像処理 IP ポートフォリオの拡充、開発者コンテストについて発表

Sep 08, 2021

カリフォルニア州サンノゼ (Xilinx Adapt) 2021 年 9 月 7 日 (米国時間) – アダプティブ コンピューティングのリーダーであるザイリンクス社 (NASDAQ: XLNX) は、バーチャル テクノロジ カンファレンス Xilinx Adapt 2021 の第 1 週目において、急成長中のソフトウェア、AI、ハードウェア開発者コミュニティ向けのパワフルな新ソリューションおよび IP を発表した。1 週目はソフトウェアおよびハードウェア開発者に焦点を当て、インテリジェント ビデオ解析アプリケーション向けの完全なソフトウェア スタック、UltraScale+™ および Versal™ デバイス向けビデオ/画像処理 IP ポートフォリオの拡充について発表する。

さらに、ザイリンクスは Hackster.io と共同でデザイン コンテスト、アダプティブ コンピューティング チャレンジを今年も実施することを発表した。昨年の同コンテストをさらに拡充し、今年は 15 組の受賞者に総額 70,000 米ドルの賞金が授与されるほか、計 350 以上のボードが賞品として提供される。アダプティブ コンピューティング チャレンジ 2021 では、大学生や女性技術者のチームによるイノベーションを表彰するカテゴリが新たに加わった。コンテストの登録は、今週から Xilinx Adapt で開始される。

9 月 7 日 ~ 16 日 (米国時間) に開催される Xilinx Adapt 2021 では、パートナーおよび顧客を招いた基調講演のほか、100 以上のプレゼンテーション、フォーラム、製品トレーニング、ラボを実施し、アダプティブ コンピューティングの価値を知る絶好の機会となる。6 日間にわたるこの無償イベントの第 1 週目の 3 日間は、ソフトウェアおよびハードウェア開発者向けである。第 2 週目の 3 日間は、ザイリンクスの幅広いエンド マーケット セグメントに焦点を当て、航空宇宙/防衛、オートモーティブ、データセンター、産業、ヘルスケア、有線/無線などの各ビジネスに特化したセッションを実施する。

ザイリンクスの AI およびソフトウェア マーケティング担当バイス プレジデントであるラミーン・ローアン (Ramine Roane) は、次のように述べている。「Xilinx Adapt の第 1 週目は、初心者からベテランまでの開発者を対象に、最新の開発環境と利用可能なリソースについて情報を提供し、ザイリンクス プラットフォーム上でより簡単にアプリケーションを開発できるようになっていただくことを目的としています。ザイリンクスは開発者コミュニティが適応型ハードウェアでアプリケーションを高速化するのを支援し、業界の発展に貢献し、人々の生活にプラスの効果を与えることができるよう全力を注いでいます。一般に使用されているドメイン特化型開発フレームワークや汎用的なオープンソース開発フレームワークと接続することで、適応型プラットフォームのプログラミングの間口をあらゆる開発者に広げます」

開発者コミュニティをターゲットにした第 1 週目の Xilinx Adapt 2021 で紹介される最新情報の概要を以下に示す。

インテリジェント ビデオ解析アプリケーション

新しい Vitis™ ビデオ解析 SDK は、ザイリンクス プラットフォーム上でエッジ/クラウドをまたいで運用されるインテリジェントなビデオ解析アプリケーション向けの完全なソフトウェア スタックを提供するビデオ解析ソフトウェア開発キットである。このエンドツーエンドのビデオ解析ソリューションは、動画のデコード処理、前処理、AI 推論、トラッキング、後処理を可能にし、アプリケーション全体のアクセラレーションを実現する。リアルタイム物体検出、分類、セグメンテーション用に広く使用されている AI モデル (YOLO、SSD、ResNet、Inception、RefindDet、ReID、FPN、OpenPose など) をサポートしている。

Vitis ビデオ解析 SDK は、スマート シティにおける車両および歩行者の通行パターンの把握、病院での健康および安全モニタリング、小売業のセルフレジおよび分析、製造施設での部品欠陥の検出などといったビデオ解析アプリケーションの基盤となる層を提供する。

さらに、開発者が汎用のインフラストラクチャ プラグインを使用して独自のイノベーションを開発するための完全なフレームワーク、ソフトウェア アクセラレーション ライブラリ、カスタムのハードウェア アクセラレータを制御するカスタムのアクセラレーション ライブラリを開発するためのインターフェイスを提供する。Vitis ビデオ解析 SDK は、ザイリンクス ランタイム ライブラリ (XRT)Vitis AI ツールの複雑なインターフェイスをベースに構築されており、それらを抽象化する。そのため、難解な XRT および Vitis AI ツールを習得しなくても、ビデオ解析およびトランスコーディング パイプラインを容易に開発できるようになる。

ビデオ/画像処理 IP ポートフォリオの拡大

ザイリンクスのテクノロジは、スマート カメラ、次世代産業用ビジョン、車載向け運転支援システムや自動運転車、スマート リテールおよびセキュリティ、放送機器、業務用 AV、テレビやゲーム機などの民生機器といった形で、多くのビデオ/ビジョン アプリケーションの中核になっている。これらのアプリケーションの進化し続ける要件やニーズに対応するため、ザイリンクスは UltraScale+™ および Versal™ デバイス向けビデオ/画像処理 IP ポートフォリオを大幅に拡充した。

ザイリンクスは UltraScale+ および Versal 製品において業界で初めて HDMI 2.1 および DisplayPort (DP) 1.4 に対応することで、より高品質な 8K ビデオ キャプチャおよび 8K ディスプレイを実現する。HDMI 2.1 または DP 1.4 をザイリンクスの 8K スケーラーおよびミキサー IP と組み合わせることで、完全なエンドツーエンドの 8K ビデオ パイプラインを開発できるようになる。没入感のあるゲーミング体験を実現するため、ザイリンクスのビデオ/画像処理ポートフォリオにハイ ダイナミック レンジ (HDR) 形式、ハイ フレーム レート (HFR) 形式、可変リフレッシュレート (VRR) 形式、UltraScale+ および Versal 製品ファミリ間の適応型同期が追加された。

ビデオ IP ポートフォリオのその他の高度な新機能には、ビデオ ウォール、先進会議用カメラ、プロジェクター、車載アプリケーション向けの水平および垂直キーストーン補正、レンズ歪み補正、回転および任意ワープに対応した 4k60 ワープがある。

また、車載、産業用マシン ビジョンおよびスマート カメラ アプリケーションの開発者向けの改良された包括的な Vitis ビジョン ライブラリの提供開始も発表される。これには、HDR 対応の画像信号処理 (ISP) と、OpenCV API による機械学習 (ML) ニューラル ネットワーク用前処理/後処理機能が含まれる。

最後に、近日リリース予定の Vivado® 2021.2 では、ザイリンクス Zynq® UltraScale+ EV ファミリ内で 4:4:4 YUV 色空間をサポートする。ザイリンクスの HDMI、DP、ビデオ処理、ビデオ ミキサー IP と組み合わせ、放送機器および業務用 AV を IP ネットワーク上で AV を伝送する規格ベースのアプローチに移行することで、4:4:4 色空間はストリーミング ビデオの完全な忠実度を可能にする。Vivado 2021.2 は年末までにリリースされる予定である。

アダプティブ コンピューティング チャレンジ 2021

Hackster.io は今年も、ザイリンクスのアダプティブ コンピューティング プラットフォームの力を Vitis 統合ソフトウェア プラットフォームVitis AI 開発環境、Vivado ML エディションと組み合わせて現実世界の課題を解決する開発者コンテストを開催する。2021 年のコンテストでは、エッジ コンピューティング、データセンター AI、ビッグ データ分析の 3 カテゴリで競う。ビッグ データ分析カテゴリには、ビッグ データ用の新しいビッグ データ分析開発者ボードおよび関連アプリケーションへのアーリー アクセスが含まれる。各カテゴリの最高賞金は 10,000 米ドルである。

さらに、ザイリンクス ユニバーシティ プログラムではアダプティブ コンピューティング チャレンジを開催し、各カテゴリのプロジェクトに対する大学生の申し込みには 2,500 米ドルの追加賞金が授与される。このコンテストはカレッジおよび大学におけるアダプティブ コンピューティング アクセラレーションの革新を目的としている。

最後に、女性の才能を奨励し表彰することはザイリンクスの重点的取り組みである。テクノロジ分野の多様性をさらに支持するため、ザイリンクスは新たに賞金 2,500 米ドルの Women in Technology 賞を後援する。エッジ コンピューティング、データセンター AI、ビッグ データ分析の各カテゴリへの申し込みに加え、この追加の賞にプロジェクトを申し込む資格は、少なくとも 50% が女性で構成されたチームに与えられる。

アダプティブ コンピューティング チャレンジ 2021 に参加するには、https://www.hackster.io/contests/xilinxadaptivecomputing2021 を参照されたい。

ザイリンクスの開発者コミュニティについて

ザイリンクスの開発者コミュニティは過去 2年間で劇的に成長した。2019 年の発表以来、ザイリンクスの Vitis 統合ソフトウェア プラットフォームは 150,000 回以上、AI 推論を高速化する Vitis AI 開発環境 は 100,000 回ダウンロードされている。さらに、ザイリンクス ソフトウェア ツールのトレーニングを受講済みの開発者は 25,000 人以上にのぼり、1,000 以上の ISV パートナーがクラウド、Alveo™ および SmartSSD などのあらゆるザイリンクス デバイス内蔵適応型プラットフォーム向けに 200 以上のアプリケーションを公開している。

その他のリソース
Xilinx Adapt メディア キット
Xilinx Adapt マーケット向けリリース
Xilinx Adapt への申し込みはこちら

TwitterLinkedIn、および Facebook をフォローすると、ザイリンクスの最新情報をチェックできる。

ザイリンクスについて

ザイリンクスは、クラウドから、エッジ、エンドポイントに至るまで、多種多様なテクノロジで迅速なイノベーションを可能にする、極めて柔軟で適応性のあるプロセッシング プラットフォームを開発している。ザイリンクスが発明したテクノロジには、FPGA、適応型 SoC (ACAP (Adaptive Compute Acceleration Platform) を含む) などがあり、業界で最もダイナミックなコンピューティング テクノロジを提供する。ザイリンクスは、適応性が高く、インテリジェント、かつコネクテッドな世界を実現するため、お客様との協業を通じて、差別化されたスケーラブルでインテリジェントなソリューションを構築している。詳しい情報は、ウェブサイト japan.xilinx.com で公開している。

© Copyright 2021 ザイリンクスの名称およびロゴ、Vitis、Vivado、およびその他本プレスリリースに記載のブランド名は米国およびその他各国のザイリンクスの登録商標または商標です。

このプレスリリースに関するお問い合わせは下記へ
ザイリンクス社 APAC 地域担当 マーケティング コミュニケーション ディレクター Alison Yin alisony@xilinx.com
株式会社井之上パブリックリレーションズ ザイリンクス広報担当 関口、中村 
TEL: 03-5269-2301 / FAX: 03-5269-2305 /xilinx-pr@inoue-pr.com