リアルタイムのアンチマネー ロンダリング ウォッチリスト監視 (AML WLM ) コンピューティング ソリューション

製品情報

AML WLM ソリューションによるマネー ロンダリングの検出方法および防止策について説明しています。

デモ ビデオ

AWS 上でザイリンクス製品を使用するアンチマネー ロンダリング ソリューションについて説明しています。

今すぐ試用

AWS Marketplace を通じてサブスクライブおよび評価してください。

 

anti money laundering

2020 年には 1 兆ドル (US$) 以上が
マネー ロンダリングに関与すると予測されている

問題点

slab-divider-red

一般的に、アンチマネー ロンダリングのウォッチリスト監視 (AML WLM) をバッチ処理からリアルタイム処理に移行することは、非常にコストがかると考えられています。複雑化するマネー ロンダリングに対応するため、顧客は最先端の検出/分析機能を積極的に導入する一方で、オンライン取引の監視やフィルタリングには 100ms 未満の応答時間で対応することが求められています。アナリストによる取引の調査は、コストがかかる上に人材不足の問題が生じます。業界の統計によると、疑わしい行動に対するアラートの誤検知率は 75% ~ 90% にのぼり、顧客満足度は低下しています。

ソリューション

slab-divider-red

AML WLM をバッチ処理からリアルタイム処理へ移行

ザイリンクスのリアルタイム アンチマネー ロンダリング (AML) およびウォッチリスト監視 (WLM) コンピューティング ソリューションを導入することで、金融機関や政府機関は不正な取引をリアルタイムに検出、規制、防止でき、最小限のリスクで損失を回避できるようになります。

利点

インフラ コストを 90% 以上削減
欧州の銀行で、ザイリンクスのリアルタイム AML WLM コンピューティング ソリューションを採用したことにより、従来の最も優れたソリューションより 90% 以上のインフラ コストを削減できました。

シンプルな統合とサポート
最小限の構成要素でリアルタイム AML WLM コンピューティング ソリューションを統合できます。また、各事業に応じてカスタマイズも可能で、固有の API 要件を満たすことができます。

応答時間を 1/650 に短縮
応答時間を 1/650 に短縮 公認 AML スペシャリスト協会 (ACAMS) は、アラートの 30% は検出に 30 分以上かかり、10% は 1 時間以上かかると発表しています。NPS を改善するには、応答時間の短縮と高速処理が不可欠です。

WLM によるスクリーニング
- 制裁対象となるウォッチリスト (例: OFAC SDN)
- 外国の政府等において重要な地位を占める者 (PEP)
- 国際組織のリーダー (HIO)