真性乱数生成器 (統計テスト ツール付き)

bluedot-tile

DeepField-SR ビデオ超解像度

DeepField-SR は、ザイリンクスの Alveo カードを利用した固定機能のハードウェア アクセラレータであり、高い演算処理効率で動画の超解像処理を実現します。インターネットを使用した実世界のビデオ データで学習した独自のニューラル ネットワークをベースに、複数フレームの時空間情報を融合させることで、超高解像度のビデオ品質を実現します。

ベンダー: BLUEDOT

更新日: 2021 年 3 月 15 日

サイズ: 706MB

コンテナー バージョン: DeepField_SR_v1.0.0

評価または購入

この製品を評価または購入する権限を取得します。


無償トライアルで下記のサンプル アプリケーションを実行できます。


運用オプション

このアプリケーションはコンテナー化されており、クラウド上で数分で簡単に実行できます。

クラウド サービス
AWS
  • ザイリンクス ランタイム: 2020.1
  • AWS AMI:  DeepField-SR
  • ターゲット プラットフォーム: f1.2xlarge

 


評価版を開始する

運用方法に応じた手順に従ってください。

AWS

1.

評価アクセス キーを取得

ザイリンクス アプリ ストアで (https://appstore.xilinx.com/) cred.json ファイルを生成してダウンロードします。

  • App Store Portal にログインします。
  • [Manage Account] をクリックして権限を表示します。
  • 左のメニューから [Access Key] をクリックします。
  • [Create an Access Key] をクリックします。
  • 生成された cred.json ファイルをダウンロードします。

2.

AWS のセットアップ

AWS EC2 コンソールにアクセスし、次の手順で F1 インスタンスを割り当てます。

2.1 DeepField-SR AMI を選択します。

DeepField-SR AMI の実行

  • AWS コンソール (https://aws.amazon.com/en/console/) のページにアクセスし、ログインします。
  • リージョンを US East (N. Virginia) us-east-1 に変更し、[Compute] カテゴリで [EC2] をクリックします。
  • [Images] カテゴリで AMI を選択します。
  • 検索ボックスのカテゴリで [Public images] を選択し、DeepField-SR を検索します。
  • 検索結果の上で右クリックして、[Launch] を選択します。

2.2 インスタンス タイプを選択します。

図のように、インスタンス ファミリーを 「f1」、インスタンス タイプを 「f1.2xlarge」 として選択します。その後、下部にある [Review and Launch] ボタンをクリックします。


2.3. プライベート キーを作成します。

[Review] ページの [Launch] ボタンをクリックすると、プライベート キーを登録または作成するためのポップアップ画面が表示されます。既にプライベート キーがある場合は、ドロップダウン リストから選択してください。ない場合は、作成する必要があります。

新規で作成する手順は次のとおりです。

  • ドロップダウン リストで [Create a new key pair] を選択します。
  • [Key pair name] に適切な名前を入力してください。
  • [Download Key Pair] をクリックして、プライベート キーをフォルダーに保存します。
  • [Launch instances] をクリックします。

2.4 DeepField-SR を実行します。

  • EC2 コンソールで作成した f1 インスタンスを選択すると、詳細ペインで IP アドレスを確認できます。
  • 手順 1 の「評価アクセス キーを取得」で作成したプライベート キーを読み取り専用の権限に変更します。
  • ターミナル プログラムで、次のコマンドのようにプライベート キーを使用して接続します。 
    $ chmod 600 <your_download_folder>/deepfield-sr.pem
$ scp -i <your_download_folder>/deepfield-sr.pem <cred.json> ec2-user@<instance_ip_address>:/home/ec2-user/
$ ssh -i <your_download_folder>/deepfield-sr.pem ec2-user@<instance_ip_address>



######                       #######
#     # ###### ###### #####  #       # ###### #      #####
#     # #      #      #    # #       # #      #      #    #
#     # #####  #####  #    # #####   # #####  #      #    #
#     # #      #      #####  #       # #      #      #    #
#     # #      #      #      #       # #      #      #    #
######  ###### ###### #      #       # ###### ###### #####

                                        https://blue-dot.io
                                           info@blue-dot.io
                                              Trial version

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Try our SR solution

# Loading the AFI image
$ load_afi

# test using the ffmpeg
$ sudo ./ffmpeg -i test_720p.mp4 -c:v libx264 -b:v 20M -vf scale_startrek=w=iw*3:h=ih*3:fpga=f1 output_4k.mp4

## for more informations of scale_startrek
$ ./ffmpeg -help filter=scale_startrek
The option "c" isn't supported in a F1 instance.Please don't use "c" option.


# test using our stand-alone program
$ sudo ./deepfield -i test_720p.yuv -w 1280 -h 720 --dw 3840 --dh 2160 -p f1 output_4k.yuv

## for more detail information of options
$ ./deepfield -h

# test clips
- test_720p.mp4 : 1280x720, VP9, 1 minute
- test_720p.yuv : YUV420 8bit 500 frames
--------------------------------

Note
Max input size : 1280x720
Max output size: 3840x2160

--------------------------------




$ sudo ./ffmpeg -pix_fmt yuv420p -s <input_width>x<input_height> -i <input_path> -vf scale_startrek=w=iw*3:h=ih*3:fpga=f1 <output_path>


接続するとバナーが表示されます。バナーには、FPGA イメージのアップロード方法と使用方法が記載されています。ffmpeg と deepfield の 2 つのプログラムがあります。


FFMPEG

ffmpeg を使用する場合は、ビデオ フィルターとして scale_startrek を使用してください。scale_startrek フィルターのオプションは次のとおりです。

  • w: ターゲットの幅
  • h: ターゲットの高さ
  • fpga: ターゲットの FPGA プラットフォーム
  • c: FPGA 数

注記: オプション 「c」 は、f1 インスタンスでは利用できません。

バナーに使用されるオプション 「scale_startrek=w=iw3:h=ih3:fpga=f1」は、入力イメージ (iw, ih) のサイズを出力サイズの 3 倍に設定したものです。


3.

結果

deepfield

deepfield プログラムは、YUV420 8bit のビデオを受け取り、スケールアップして、その結果を YUV420 8bit で保存します。

オプション

  • w: 入力イメージの幅
  • h: 入力イメージの高さ
  • dw: 出力イメージの幅
  • dh: 出力イメージの高さ
  • p: FPGA プラットフォーム
  • n: フレーム数

ffmpeg でも同じように実行できます。次に示す例は、YUV をスケールアップし、その結果を YUV で保存する ffmpegコ マンドです。

    $ sudo ./ffmpeg -pix_fmt yuv420p -s <input_width>x<input_height> -i <input_path> -vf scale_startrek=w=iw*3:h=ih*3:fpga=f1 <output_path>

DeepField-SR の性能のみを確認する場合は、deepfield プログラムの方が便利です。