Aupera Face Recognition for Kria SOM

作成者: Aupera Technologies

Aupera 社の顔認識ソリューションは、実環境下での顔認識を可能にする商業用として運用可能なエンドツーエンド ソリューションです。Aupera 社が独自に開発したクラス最高のトレーニング済み AI モデルを搭載するこのソリューションは、ティア 1 カスタマーによって実際に運用されています。顔検出、顔認識、マスク検出、マスク付き顔認識、RTSP/RTMP ストリーミング、ONVIF インターフェイスなどのアプリケーション向けの機械学習が組み込まれています。

aupera-features-diagram

特長:

  • クラス最高レベルの顔認識精度 - エッジにフルパイプラインを実装
  • 超低レイテンシで効率化された顔検出/認識
  • フェイス マスク検出をサポート
  • マスク装着での顔認識をサポート
  • 顔の属性検出をサポート
  • 最大 4 ストリーム @1080P25FPS E2E ビデオ処理および AI 解析をサポート
  • Open API で簡単に統合

設計開始

aupera-getting-started-guide

Aupera 社の顔認識アクセラレーション アプリケーション - スタートアップ ガイド

このスタートガイドでは、Aupera 社の顔認識アクセラレーション アプリケーションを起動するにあたって、WIC 画像のダウンロードから Kria KV260 ビジョン AI スターター キットでのアプリケーションの実行まで、さまざまな手順を説明しています。

今すぐダウンロード >

よくある質問 (FAQ)

いいえ、FPGA の設計経験は必要ありません。

30 日間の無償評価版フローティング ライセンスと永久版の有償ノードロック ライセンスがあります。

いいえ、モデルは世界中の画像を使用して学習していますが、アジアのデータがほかよりも多く使用されています。

はい

はい、適用できます。このアプリケーションは Kria SOM 上で動作し、アップデート バージョンは、エッジ ボックスとカメラの両方に対応します。

主な資料
アダプティブ コンピューティングを使用して AI 搭載のエッジ ソリューションを加速
アダプティブ コンピューティングを使用して AI 搭載のエッジ ソリューションを加速

適応型 SOM が次世代エッジ アプリケーションに最適な理由とその利用方法について説明しています。スマート ビジョン プロバイダーが、この適応型 SOM を利用することでのみ実現できる性能、柔軟性、および迅速な開発のメリットについても解説しています。

ロボティクス分野におけるアダプティブ コンピューティング
ロボティクス分野におけるアダプティブ コンピューティング

ロボットの需要は急速に高まっています。人間と一緒に働くことができる安心安全なロボットを作ることは簡単ではありません。これらを連携させるには、より高度な技術が必要です。また機械学習や人工知能の導入によって、さらに高い処理能力が求められるようになり複合的な課題に対応しなければなりません。ロボット開発者たちは、拡張性のある適応型プラットフォーム上にセーフティ/セキュリティ機能があらかじめ統合され、低レイテンシ、確定性、多軸制御をサポートするアダプティブ コンピューティング プラットフォームに注目し始めています。詳細は eBook をご覧ください。