ROS 2 マルチノード通信 TSN アクセラレーション アプリケーション

作成者: Xilinx, Inc

同期したリアルタイム クロックは、複雑なプロセスの自動化や複数のセンサー、アクチュエーター、コントローラーで構成されるシステムの確定的な動作を実現するために不可欠な要素です。AMD の TSN (Time-Sensitive Networking) Subsystem は、時刻同期でタイミングを意識した低ジッターのイーサネット フレーム転送を可能にします。2 つの外部インターフェイスを備えているため、外部 TSN スイッチを追加しなくても大規模なネットワークに対応できます。

ROS 2 マルチノード通信 TSN アクセラレーション アプリケーション ブロック図

特長:

  • TSN ノード ネットワークにおけるリアルタイム クロックの同期 (IEEE 802.1AS-2020)
  • ストリームの識別など、タイミングを意識した低ジッターのイーサネット フレーム転送 (802.1Q-2018 Clause 8.6.8.4/Clause 8.8)
  • Frame Preemption により、一時停止と再開を可能にして割り込み転送を優先させる (802.1Q-2018 Clause 6.7.2、802.3-2018 Section 7 Clause 99)
  • ワイヤー スピードのベスト エフォート トラフィック
  • ハードウェア デザインを含む完全アプリケーション
よくある質問 (FAQ)

いいえ、FPGA の設計経験は必要ありません。

このアプリケーションは、AMD-ザイリンクスが無償で提供しています。

主な資料
アダプティブ コンピューティングを使用して AI 搭載のエッジ ソリューションを加速
アダプティブ コンピューティングを使用して AI 搭載のエッジ ソリューションを加速

適応型 SOM が次世代エッジ アプリケーションに最適な理由とその利用方法について説明しています。スマート ビジョン プロバイダーが、この適応型 SOM を利用することでのみ実現できる性能、柔軟性、および迅速な開発のメリットについても解説しています。

ロボティクス分野におけるアダプティブ コンピューティング
ロボティクス分野におけるアダプティブ コンピューティング

ロボットの需要は急速に高まっています。人間と一緒に働くことができる安心安全なロボットを作ることは簡単ではありません。これらを連携させるには、より高度な技術が必要です。また機械学習や人工知能の導入によって、さらに高い処理能力が求められるようになり複合的な課題に対応しなければなりません。ロボット開発者たちは、拡張性のある適応型プラットフォーム上にセーフティ/セキュリティ機能があらかじめ統合され、低レイテンシ、確定性、多軸制御をサポートするアダプティブ コンピューティング プラットフォームに注目し始めています。詳細は eBook をご覧ください。