Alveo U280 データセンター アクセラレータ カード

  • リードタイム: 2 週間
概要

製品説明

ザイリンクスの Alveo™ U280 データセンター アクセラレータ カードは、進化し続けるデータセンターの要件に迅速に対応するために開発されました。ザイリンクスの 16nm UltraScale+™ アーキテクチャをベースに構築された Alveo U280 は、容量 8GB、帯域幅 460 GB/s の HBM2 を搭載しており、データベース、分析、および機械学習推論など、メモリバウンドで演算負荷の高いアプリケーション向けに性能および適応性の高いアクセラレーションを提供します。U280 アクセラレーションカードは PCI Express 4.0 をサポートしているため、広帯域ホスト プロセッサの最新サーバー インターコネクト インフラを活用できます。

Alveo アクセラレータ カードは、変化するアクセラレーション要件やアルゴリズム規格に柔軟に対応でき、ハードウェアを変更しなくてもあらゆるワークロードを加速できる上に、総保有コスト (TCO) を削減できます。

この Alveo U280 データセンター アクセラレータ カードは、データセンターで量産運用できるだけでなく、アプリケーション開発およびプロトタイピングにも有用です。U280 カードには、開発者用の USB ケーブルのみが含まれています。

Alveo のオプション付属品を利用することで、Alveo データセンター アクセラレータ カードの機能やカードへのアクセスが拡張されます。付属品には、電源アダプターや USB ケーブルなどがあります。

付属品の購入

主な機能と利点

高速 – 最高性能

  • 高性能な演算リソースと高帯域幅メモリの組み合わせによって、データベース ワークロードの性能が 8 倍以上向上

適応性 – あらゆるワークロードを高速化

  • 同じアクセラレータ カードを使用して、データベース検索から自然言語処理まであらゆるワークロードに適応可能。ワークロード アルゴリズムの進化に対応するため、固定機能のアクセラレータ カードの製品サイクルよりも速く適応可能なリコンフィギャラブル ハードウェアを使用

アクセシブル – クラウド/オンプレミス間のモビリティ

  • クラウドまたはオンプレミスでソリューションを相互に運用でき、アプリケーション要件に対応する拡張性にも優れている
仕様
カードの仕様 U280 プロダクション
熱冷却 パッシブ アクティブ
コンピューティング
INT8 TOPs (ピーク) 24.5 24.5
寸法
デュアル スロット デュアル スロット
フォーム ファクタ フルハイト、3/4 レングス フルハイト、フルレングス
DRAM メモリ
フォーム ファクタ 8GB 8GB
HBM2 の総帯域幅 460GB/s 460GB/s
DDR フォーマット 2x 16GB 72b DIMM DDR4 2x 16GB 72b DIMM DDR4
DDR メモリ容量 32GB 32GB
DDR 総帯域幅 38GB/s 38GB/s
SRAM メモリ
内部 SRAM の容量 41MB 41MB
内部 SRAM の総帯域幅 30Tb/s 30Tb/s
インターフェイス
PCI Express CCIX 対応 Gen4x8 CCIX 対応 Gen4x8
ネットワーク インターフェイス 2x QSFP28 (100GbE) 2x QSFP28 (100GbE)
ロジック リソース
ルックアップ テーブル (LUT) 1,079,000 1,079,000
電源
最大総消費電力 225W 225W
資料
デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付
設計開始

Alveo U280 オンプレミスで設定

Nimbix で Alveo の無償テスト ドライブ

Nimbix クラウドのテスト ドライブ

Alveo U280 パッケージ ファイルのダウンロード

Alveo データセンター アクセラレータ カードをターゲットとする場合、最適な設計フローとして Vitis™ ソフトウェア プラットフォームの使用が推奨されます。Vitis を使用して運用/開発する手順は次のとおりです。FPGA 設計経験をお持ちであれば、RTL や Hlx などの従来の設計フローを使用いただけます。このフローでは、Vitis プラットフォームをインストールする必要はありません。

Vitis デザイン フロー

オプションを選択して、一致するダウンロードファイルを取得。

Alveo U280 アクセラレータ カード
Vivado デザイン フロー

独自の Alveo U280 アクセラレータ アプリケーションを Vivado で構築

vivado-u50

RTL および HLx を使用する開発は、次の手順に従ってください。