AI 推論向け VCK5000 Versal 開発カード

概要

製品説明

ザイリンクス VCK5000 Versal™ 開発カードは、ザイリンクスの 7nm Versal™ ACAP アーキテクチャを採用しているため、高スループットの AI 推論と高度な信号処理演算性能を実現できます。

現サーバー クラス CPU の 100 倍以上の計算能力を提供し、現サーバー クラス GPU より優れた MLPerf 推論性能を実現できる VCK5000 は、標準化された開発フローを使用し、クラウド アクセラレーションやエッジ コンピューティング アプリケーションに最適な開発プラットフォームです。

VCK5000 は、最適化済み IP、ツール、ライブラリ、モデル、サンプル デザインを利用できる包括的な Vitis™ AI 開発環境でサポートされています。効率性と使いやすさが考慮された VCK5000 は、AI アクセラレーションの可能性を最大限に引き出すことができます。FPGA を用いたハードウェアの知識がなくても、Python/C++ API を使用して Tensorflow、Pytorch、Caffe モデルをすぐに実行できます。


主な機能と利点

優れた AI 推論プラットフォーム

  • 145TOPS (Int8) @ $2,495
  • AI エンジンによる AI 推論は、MLPerf 1.0 で nVidia T4 より優れている
VCK5000 スループット グラフ

すぐに使えるソリューション

  • 2 つの DPU Vitis AI 1.3
  • 50 個を超える Model Zoo によるサポート
  • 自然言語処理 (BERT) のデモ
  • MLPerf submission ResNet-50 のデモ (T4 より 11% 優れている)
  • Vitis AI と ボード ユーザー ガイド で開発を開始

クラウド <-> オンプレミス 

  • クラウドまたはオンプレミスでソリューションを相互に運用可能
  • アプリケーション要件に対応する拡張性に優れている
仕様

ボードの機能

カードの仕様 VCK5000
デバイス VC1902
コンピューティング アクティブ パッシブ*
INT8 TOPs (ピーク) 145 145
サイズ
高さ フル フル
長さ フル 3/4
デュアル スロット デュアル スロット
メモリ
DDR メモリ容量 16 GB 16 GB
DDR 総帯域幅 102.4 GB/s 102.4 GB/s
内部 SRAM の容量 23.9 MB 23.9 MB
内部 SRAM の総帯域幅 23.5 TB/s 23.5 TB/s
インターフェイス
PCI Express Gen3 x 16 / Gen4 x 8 Gen3 x 16 / Gen4 x 8
ネットワーク インターフェイス 2x QSFP28 (100GbE) 2x QSFP28 (100GbE)
ロジック リソース
ルックアップ テーブル (LUT) 899,840 899,840
消費電力と熱
最大総消費電力 225W 225W
熱冷却 アクティブ パッシブ

* アクティブ ボードのみを発送します。VCK5000 Versal 開発カード セキュア サイトのハードウェア インストール ガイドに従って VCK5000 からファンを取り外すと、パッシブになります。

資料
デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付
設計開始

以下の手順に従って、VCK5000 で設計を開始してください。

ステップ 1: VCK5000 Versal 開発カード セキュア サイトのハードウェア インストール ガイドに従って、X86 ホスト マシンに VCK5000 をインストールします。

ステップ 2: X86 ホスト マシンに Vitis AI 1.3.1 のドッカーをインストールします。

             docker pull xilinx/vitis-ai-cpu:latest

ステップ 3: VCK5000 Versal 開発カード セキュア サイトの手順に従って 51 個の VCK5000 AI モデルを実行します。

VCK5000 を使用する設計に関するご質問は、 vck5000-aie_sponsor@xilinx.com までお問合せください。